エッチ体験談 12,000話 突破!!

母の前で姉を犯した件

ストレスマックスさんから投稿頂いた「母の前で姉を犯した件」。

母が病気で余命宣告を受けて自宅で看護することになった。
病院に一人入院して寂しい思いをしたく無い、畳の上で死にたいと言った母の希望でだ。
だけど俺は反対だった。

容体が急変した時、入院してればすぐに対処してもらえるから、少しでも長く生きててもらえると思ったからだ。
だが姉は他人になんか母の看護をさせたくない!と連れ帰る事を決めてしまった。
先生が入院を勧めているのを突っぱねてだ。
数日は何事も無く過ぎていったが、ある日突然姉が言った。
あんたは何もしない!私だけが全て犠牲にして尽くしてる!と。
俺が何か手を出すと母からはうるさいと言われ、何みしないでいたら姉から何もしないと嫌味を言われるようになった。
どうしろと?
それでも我慢して過ごしたが、毎日ネチネチと言われて我慢の尾が切れた。
姉と口論になり、切れた俺は姉の首を掴んで壁に押し付けた。
母の目の前でだ。
もう遠慮は要らないと思って、首を締めたまま姉のズボンと下着を引き摺り下ろして、俺もチンポを出す。
姉の足を開かせて乾いたマンコに無理矢理突っ込んで腰を振った。
首絞めてるからか、マンコが異常なほどチンポを締め付けてくる。
マンコもすぐに濡れ始めていやらしい音を立て始めた。
母は呆然と見ながら涙を流していた。
苦しみもがいている姉に問答無用の中出し。
ちょうど溜まってたから大量に精子が出て姉のマンコを満たしていく。
一滴残らず注ぎ込んでから姉を解放してやった。
そしたら掴みかかって来たので、そのまま床に組み伏せてバックで二度目のレイプ。
逃げようとする姉を押さえつけて再度中出しをした。
ストレス発散出来たし気持ち良かったからスッキリした!

1 COMMENT

コメントを残す