ジムで知り合ったおじさんに我慢できないって言われて・・・エッチな体験談

PR

りかさんからのエッチな体験投稿作品です。
みんなのエッチ体験では、皆様の興奮しちゃうエッチな体験談を大募集中です!
ジムで知り合ったおじさんに我慢できないって言われたときのエッチな体験談。
ジムで知り合ってエッチなことになっちゃうことって結構あるみたいですね。
りかさんの体験もエロエロです♪

みんなのエッチ体験では、皆様のエッチな体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する
スポーツシジム逆ナン
スポーツシジム逆ナン

20のOLです。
節電のため退社時間がはやくなったため、ジムにかよいはじめ、すでに仕事をリタイアしたおじさんと話をするようになったのですが、仕事をリタイアしたため、人とのつきあい、とくに若い子とのつきあいがないためか、アドバイスと称してわたしの体をさわってくるようになりました。


そしてある日ジムにいくと、おじさんがきて
「もうだめだ。がまんできない。1回やらせて。」と突然言ってきました。あまりに突然のためか、私も1年ほど彼がいなかったせいか、私はうなずいていました。
おじさんは男子トイレにだれもいないのを確認すると、個室トイレに私をつれこむと服をぬがせ、胸をもみしだき、あそこをいじりまわしてきました。そして十分に濡れるとバックから入れてきました。わたしはタオルを口にし、声がでないようにしていました。
おじさんも声を殺していましたが
「うお。は。は-。これが20のまんこか。」
などつぶやき、わたしのあそこを堪能するかのようにゆっくりと腰を動かしてましたが、きゅうに速く腰を動かし、突いてきました。
気持ちよくて声がでそうなのをこらえ、タオルをかみしめてました。バックで突かれながらふりかえると、おじさんはよだれをたらし、血走った目で私との結合部を見ながら腰を振っていました。その様子とトイレでやってるということで汁があふれだし、床にしたたりおちるほどでした。
そして、おじさんのモノが私の中でさらにおおきくなった瞬間、私はイキ、おじさんも
「うほ。ほ。ほ。うーお。」
と私の中に精子をながしこみました。そうとうたまってたのか、ドクドクと何度もおじさんのモノが脈打つのがわかり、「グポ。ギュプ。」と熱い精子がながしこまれるのがわかるほどでした。おじさんは出しきった後もあじわうかのように、しばらく入れたまま、胸をもみ、おしりをもみしだきました。
私はモノを引きぬかれると、足腰がたたず、トイレにすわりこむと、あそこから精子と私の汁の液体があふれでてきました。するとおじさんはそそくさと服を着て、出ていってしまいました。私はしばらく動けませんでした。その後、ジムでおじさんに会うことはありませんでした。
スポーツシジム逆ナン
スポーツシジム逆ナン

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1440記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。