エッチ体験談 12,000話 突破!!

二度目の新婚気分で妻とクリ遊び

アラフィフさんから投稿頂いた「二度目の新婚気分で妻とクリ遊び」。

23年前、私25歳、妻22歳と比較的早めの結婚だったから、今、上の子に続き下の子も大学生になって家を出て、夫婦水入らずになっています。
新婚時代、妻をベッドに大の字に縛って、妻のクリを弄ってクリ逝きさせて喜んでいましたが、子供が生まれてからは大人しいセックスになっていました。

今、再び夫婦二人きりになって、48歳の私と45歳の妻は、クリ遊びを再会しています。

新婚時代はアパートでベッドでしたが、現在は戸建てを買って、寝室は和室で布団を敷いているので、コールマンの折り畳みベッドに布団を敷いて、妻を大の字に縛りました。
この時、お尻の下に座布団を二つ折りにして腰枕にすると、恥ずかしいオマンコが突き出され、普段は閉じているオマンコがパックリ開き、中身が飛び出すのです。
23年前と違って、使い込まれてドドメ色になったビラビラが丸出しです。
「ああ~~恥ずかしい・・・」
「何言ってるんだ。夫婦じゃないか。」
「夫婦でも恥ずかしいわよ・・・」
まだ何もしていないのに、ジワ~っとオマンコが濡れてきました。

パックリ開いたオマンコの頂点に、包皮に半分隠れたクリが顔を出しました。
私は、舌の先でクリの先を舐めます。
足が閉じられない状態で、舐められ続けて濡れたクリに、クリキャップを被せました。
包皮を剥くように露出させたクリにクリキャップが押し付けられ、小さな円を描くように回してあげると、微妙に扱かれるようになり、妻は思わず、
「あう~~~・・・」
と声を漏らしますが、これはクリキャップと愛液をなじませる工夫です。

クリキャップが、クリ全体を包み込んで根元まではめられて、キャップの口にあるゴム製の輪がクリの根元を締めあげます。
ここでクリキャップを摘まんだ指を離すと、クリは吸引されるのです。
クリは吸引され続け、包皮から飛び出して膨張します。
その様子を妻に実況してやると、余りの羞恥に愛液を溢れながします。
「お汁がすごいぞ。入れて欲しいのかな?」
オマンコに指を入れると、愛液が糸を引きました。

中指を挿入して、オマンコの中で関節を曲げたり伸ばしたりすると、妻は欲しくてたまらなくなって、腰をモゾモゾさせ、逝きそうになりながら悶えていました。
オマンコを弄っているうち、クリがかなり吸引されて真っ赤に充血して肥大、
「真っ赤で小さいチンポが生えてるみたいだよ。」
と言いながら、かなり敏感な状態にされたクリを包むクリキャップ少し引っ張ると、クリ全体をゴム製の輪が扱きます。そしてまた、奥まではめこんで、また引っ張って、妻のクリを細かい動きで扱きました。
「ああ・・・あああ・・・うう・・・」
快感い耐えきれず漏れる声、切なそうな妻の表情がそそりました。

クリキャップが外されても、真っ赤なクリの肥大化は維持されたままです。
「デカクリになって、皮が剥けたままになったぞ・・・」
私は、肥大した赤クリをしゃぶりました。
「あひぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・逝きそう、ああ、もう逝きそう・・・」
私は、逝く寸前の妻から口を外し、肥大クリに再びクリキャップを被せ、吸引しました。
そして、ペニスを妻のオマンコの奥までゆっくり挿入しました。
「あーーーっ、あーーーっ、ああああーーーーーっ!」
根元まで挿入したら、腰を軽く揺さぶりました。
私は、クリに被せられたクリキャップが共振して揺れるように、小さく腰を振りました。
妻は中とクリ両方の快感に襲われ、ついに、
「逝くーーーーっ!・・・」
と激しく痙攣してクリキャップを弾きながら妻が逝くと、私は、痙攣しながら締める妻の膣をじっと味わいました。
妻の痙攣が治まると、今度は腰を下から上に突き上げるようにして、オマンコの上を擦りあげながら肥大したクリを撫でてやり、妻を何度も逝かせました。

妻の拘束を解いて、ベッドから床に布団を下ろしてその上に寝かせました。
何度も逝き過ぎて、妻は力が入らず身動きできませんが、私は構わず正常位で妻を抱きました。
奥まで挿入して腰をグラインドさせると、まだ肥大したままのクリにペニスの根元が擦れて、妻はガクガクしながら、
「あああ~~あああ~~ああああ~~あああああ~~~」
と吠えるように喘ぎ、私にしがみついて気を失ってしまいました。
私はゆっくりとペニスを抜き、妻のお腹へ射精しました。
妻のお腹の精液をティッシュで拭いながら、妻の股間を眺めました。
ずぶ濡れのオマンコがポッカリと口を開け、真っ赤に充血したクリが震えていて、この上なく淫猥な佇まいでした。

やがて目覚めた妻ですが、暫くは立ち上がれずに、布団でその卑猥な身体を晒していました。
23年連れ添った妻の乱れ姿は、私の宝物だと感じました。
妻は、心身ともに満足して起き上がり、ヨロヨロとバスルームに消えました。
再び訪れた第二の新婚生活、ハードなクリ遊びに四十し頃の妻の性欲が燃え盛っています。

1 COMMENT

匿名

いやあ、羨ましいですな。
私も四十路の女房と飽きもせず性生活を楽しんでますが、アブノーマルなプレイは御法度なんですわ。

返信する

コメントを残す