エッチ体験談 12,000話 突破!!

私を支えてくれた元彼とのセックスと思い出

愛実さんから投稿頂いた「私を支えてくれた元彼とのセックスと思い出」。

東京にいた頃に付き合っていた元彼。
「スカート穿いてるときの、お前のお尻の辺りが妙に好きなんだよね。」
そう言われたっけなあ。

セックスが好きで、私のことをすぐ恥ずかしい格好にしようとしてた。
M時開脚で、アソコがクパァと割れるのが好きな元彼だった。
やっててやってと言われて仕方なくクパァ、それ見られると恥ずかしくて濡れて、濡れちゃったのが恥ずかしくてさらに濡れて・・・
元彼、そういうの計算づくっでやってたもんなあ。

元彼のクンニは凄かったっけ。
クリちゃん吸われてレロレロされて、クリちゃんで逝かされてた。
前戯だけでヘロヘロにされて、元彼が入ってきた頃には、意識朦朧だった。
元彼は必死で射精我慢して、背中に玉の汗かいて、私を満足させるために精魂込めてセックスしてたのが分かった。
元彼の精液を浴びるとき、至福のひと時だった。

元彼、バンコク勤務になって別れた。
ついていきたかったけど、勇気が出なかった。
元彼との2年半、結婚も夢見てたから、辛かった。
「お前、幸せになれよ・・・じゃあな・・・」
「いつまでも元気でいてね・・・」
二人とも「さよなら」というワードを口にしなかった。
元彼を見送った後、元彼のいない東京が暗黒の世界に感じて、仕事を辞めて帰郷した。
両親は喜んだけど、私は抜け殻だった。

暫く、心の中では元彼が生きていた。
ふとした瞬間、元気にしてるのかな・・・と元彼を想った。
別れて4年、もう、出会った頃の元彼の年齢を越えちゃった。
彼はまだ、バンコクにいるのかな。
私の人生を支えてくれた元彼、何度も救われた。

私、間もなく嫁にいきます・・・
嫁ぐにあたり、自分の部屋を片付けてたら、元彼の写真が出てきて思い出した。
支えてくれて、ありがとう。
そして、今度こそ、さようなら・・・

12 COMMENTS

葭簀

外国へ行くのは勇気が要りますね。
でも、良縁があってよかったじゃないですか。
幸せになってくださいな。

返信する
匿名

嫁ぐあなたは大切な元カレに最後のお別れをして、前を向いたのですね。
胸に沁みます。

返信する
匿名

>私、間もなく嫁にいきます・・・

幸せなことなのに、この一文には哀愁が漂うのはなぜだろう。
短い中に想いが込められた良いスレだったよ。

返信する
通りすがり

このスレッドには、読みやすい素直な文章を使った、しんみりさせるテクニックを使ってると思われます。
おそらくですが、

>私の人生を支えてくれた元彼、何度も救われた。

までは「である」調の文章で、

>私、間もなく嫁にいきます・・・

とこの一文だけ「です。ます。」調の文章なんです。
ここで、急にテンポがゆっくりになった印象を受けるのです。
愛実さんは、元は物書きさんだったのではないでしょうか?

返信する
匿名

間違って送っちまった。
なるほど。
口調の違いで印象が変わるのか。
勉強になった。

返信する
匿名

「私、間もなく嫁にいきます・・・」

って、本当に胸に沁みる一言ですね。
そういう効果を含んでいたと派生ませんでした。

返信する
再婚したよ

>支えてくれて、ありがとう。
>そして、今度こそ、さようなら・・・

このセリフ、離婚して4年後、私が東京を去って被災した地元仙台に戻るときに元妻に送ったメールの文末に似ています。
離婚後も、友達として年に数回食事していた仲でした。
もう、あれから8年過ぎました。
元妻との連絡はもう皆無ですが、元気にしてるでしょうか。

返信する

コメントを残す