エッチ体験談 12,000話 突破!!

爆弾池

原田さんから投稿頂いた「爆弾池」。

もうかれこれ40年くらい前の話
当時俺は高校生 大阪市内の淀川河川敷に通称爆弾池と呼ばれるいくつかの池があった
その辺りは整備も何もされてなくて、雑草が人の背丈よりも高く群生、1メートル先もまともに見えないほど視界は悪かった

俺は友人二人と三人でその爆弾池にザリガニを捕りに出掛けた池でザリガニを探していると友人の1人が「おい、見てみろよ」と草をかけ分けこっちにやってきた
また落ちてたエロ本でも見つけたのかと思った

友人に誘われるまま草をかき分け奥地へと
と言っても、あまりよくわからない場所に踏み入れると底がよくわからない泥沼にハマる危険があるのでしっかり足元を確認しながらだが
「変な声が聞こえるなと思って来てみたらさ」
と、誘った友人が言い、その場所にはなんと全裸の女がいた

地面に深く杭が打ち付けてあり、その杭に鎖で繋がれていた
両足は閉じられないように固定されマンコは丸見え
両手も何も隠したりできないようにそれぞれ鎖でロック
マンコとか、腹や胸には精液が残っていた

「もういないけど、誰かにレイプされてたの見てさあ」
案内してきた友人が言った
「助けて」
全裸の女が言った「おとついから何も食べてないの」
俺は性欲をそっちのけで女を解放してやるほどお人好しじゃなかった何も言わずズボンを下ろして精液で汚れたマンコに即ハメした
「いやあ!」
女が悲鳴をあげる
友人のひとりが女の口にチンコを咥えさせ口をふさいだ

俺は童貞だったのもあってすぐに射精
友人も女の口に射精した
「ああ、そうだ俺、しょんべんしようと思ってたんだった」
と、案内の友人が思い出し、口に射精した友人に替わり、女の口にチンコを放り込み、そのまましょんべんをした
俺達はザリガニを捕まえるために用意してたスルメを女に与え、順番に代わる代わる女をレイプした
3人で何回か犯したくらいで、「なんや、見つかったんか」
と、ゾロゾロ男達がやってきた

「声出したら関係ない奴らに見つかるでってゆーたのに」
10人以上の集団が来たので1歩下がる俺達
そろそろ性欲も尽きて引き上げようと思ってたのもあって俺達3人はその場から逃げた
それから半年くらい経った頃、爆弾池の近くで女の変死体が見つかったと噂で聞いた
あの時の女だろうか?あのまま犯されながら放置され死んだのだろうか?詳しいことはわからないけど、俺達には後ろめたさが残った

1 COMMENT

コメントを残す