エッチ体験談 12,000話 突破!!

ワイのヨッメがカワイイと気付く

アラフォー夫婦さんから投稿頂いた「ワイのヨッメがカワイイと気付く」。

先週の土曜日、昼メシ食った後にヨッメが、
「お買い物に連れてって~」
というから、中1と小4の子供たちを留守番にして、ヨッメと二人で車で出かけた。

「どこに行くの?モール?」
「ラブホがいいな~・・・安全日だし・・・」
子供たちにが大きくなってきて、手がかからなくなったのはいいが、そう言えば遅くまで起きてるから思い切りセックスを楽しめなくなってることに気づいた。
ヨッメは大きな声を出せないから、久々に思い切り弾けたかったみたい。

ワイ41歳、ヨッメ38歳、結婚15年、夫婦になって初めてラブホに入った。
部屋に入ってビックリした。
SM用の拘束椅子みたいなのと、ハンガーに夏物の白いセーラー服!
テンションアゲアゲで、風呂上がりに拘束椅子にヨッメを座らせて拘束。
後ろのハンドルを回すと、座ったヨッメの足が拓いていくの。
マンコ全開のヨッメのクリ弄りながらもう片方の手で手マン、ヨッメ、
「アァン、アァン、もう手はいいからチンチン入れて~」
と懇願。
ワイは椅子にまたがって、ヨッメにフェラしてもら追うと思ったら、大人の玩具の自販機発見。
「ねえ、どこ行くの?」
拘束されているヨッメの視界から消えたワイに心配そうな声。

ワイはそこで、”ヴァギナとアナル兼用サイズ”というそれほど大きくないバイブを購入。
それ見たヨッメ、
「ちょ、ちょっと、そんなのイヤ~~チンチンが良い~~」
と言いつつ少しうれしそう。
そのバイブにラブホ備え付けのコンドーム被せて、ヨッメのマンコにズブリ、
「アァッ・・・ヤダ、温かくない・・・」
とヨッメが言った直後にスイッチオン、ヴィーンと振動、ビクっとなったヨッメ、身を捩った。
「ン~~アァ・・・アアアァ・・・アッ!アアァアアァ~~」
最初は様子見の反応だったが、次第に今まで見たことない悶絶ヨガリを見せたヨッメ、ガクッとなってバイブ逝き。

ヨッメの拘束を解いて暫し休憩。
再度風呂に入って、次はベッドでセーラー服コスプレ。
38歳のヨッメ、セーラー服は無理があるけど、それなりに似合って可愛かった。
夏物の白いせーら服は襟が紺色で白いラインが2本、スカーフは赤、何だか、20年前に流行った裏本モデルみたいで、ヨッメが童顔だと気付いた。
ワイがカワイイを連発するから、ヨッメもその気になってブリッ子し始めた。
セーラー服でのフェラは、とても可愛くて興奮した。

紺色のスカート脱がせて、上だけ夏のセーラー服姿のヨッメに生挿入、
「アァ~ン、ワイ君の熱いチンチン気持ちいい~~」
と大股開いて腰をカクカクさせながらの喘ぎは、とてもじゃないが女子高生じゃなかったけど、ヨッメの喘ぎ声を久々に聞けて嬉しかった。
正常位から騎乗位に移行、セーラー服の赤いスカーフをなびかせながら、アヘ顔で腰をクネクネさせるヨッメがこれで38歳かってほど可愛かった。
次に後背位でヨッメの尻をわしづかみにしてパンパン、セーラー服の紺色の襟に白いラインが2本、その上に黒髪が揺れて、顔が見えないから女子高生とヤッてる気分になれた。

そして対面座位で結合部観察、これもヨッメが俯くから顔が見えないので、女子高生とハメてる気分になれるけど、結合部のドドメ色マンコは女子高生じゃないな。
そしてラストは正常位、もう、ヨッメはワイの腰をがっしり掴んで腰振りまくり、
「ワイ君の精液ちょうだ~い!」
と中出し懇願、ワイ、思い切りヨッメのマンコにぶっ放した。
いや~キモチエガッタ~~。
ヨッメも足がふらつくほどヨガってて、ご休憩2時間満喫した。

ヨッメ、満たされた表情で、
「また来ようね~」
と嬉しそう。
買い物して帰ったら、5時半で、子供たちに、
「どこまで行ってたの?」
ってきかれたけど、
「モールのハシゴ」
ってごまかしたけど、本当のことは言えないよね。

因みにその夜も、ヨッメが身体火照ってて、俺の股間を襲撃してきた。
俺の身体を知り尽くしたヨッメの手技でビンビンいされて、寝室でひっそりとこの日二度目の中出しをした。
更に良く日曜の早朝、朝勃ちをヨッメに跨られて、早朝中出し、二度寝した。
そして日曜の夜もヨッメに勃たされて、安全日の週末4発中出しした。
月曜の朝、ヨッメに、
「生理きた。ヤリためしといて良かったでしょ?」
って、可愛い顔して言われた。
あれから、ヨッメが可愛くて仕方なくなったワイ。

4 COMMENTS

コメントを残す