エッチ体験談 12,000話 突破!!

オマンコを粗末に扱って嫌われてしまった元カノにごめんなさい

バカな元彼さんから投稿頂いた「オマンコを粗末に扱って嫌われてしまった元カノにごめんなさい」。

23歳から26歳まで付き合っていた3歳年下の元カノがいます。
ちょっとあか抜けない純情顔でしたが、20歳で既に男を知っていました。
なので、ドスケベな私に身体の隅々までじっくり愛撫されても、あまり抵抗しませんでした。

乳房を揉んでも、乳首を舐めても受け入れて、乳首を突起させて感じていました。
両足を大きく広げ、オマンコを丸見えにされたときは恥じらっていましたが、抵抗はなく、クリを舐め回されてずぶ濡れになって喘いでいました。
そのオマンコに私のカチカチペニスが入り、激しく出し入れされると、仰け反ってヨガリまくり、オマンコがベロベロ捲れるところを凝視されて顔を真っ赤にしていました。
ペニスがずぶ濡れのオマンコに出入りする音と、ヨガリ声が部屋中響いていました。

ある日、抵抗した元カノを押さえつけて、コンドーム被せたキュウリを入れてみました。
ぐりぐり回転させたら、元カノ、抵抗している力が抜けて、感じていました。
私は調子に乗って、ニンジンを入れてみたら、キュウリより感じたので、バナナを入れてみたら、元カノガクガク痙攣して仰け反って逝きそうでした。
彼女も乗ってきて、ラージサイズのコンドーム買ってきてズッキーニ、小さめのゴウヤまでは入って、元カノはのたうち回るほど感じてましたが、トウモロコシは入りませんでした。
元カノ、バナナと小さめのゴウヤが一番感じてたけど、トウモロコシは途中までは入るけど痛がるので毎日少しずつ慣らそうとしたら、嫌われてしまいました。

「私のアソコ、玩具じゃないもん。もう、無理・・・」
「後、ごめんよ。もうしないよ。」
「私、何度も辞めてって言ったよね。痛いから止めてって・・・私はあなたのチンチンが一番よかったのに、変なものばっかり入れて・・・さよならっ!」
彼女、我慢してたみたいでした。
なのに私は調子に乗って、オマンコ拡張したから・・・後の祭りでした。
元カノは、二度と帰ってきませんでした。

元カノに去られて、本当に辛い思いをさせてしまったことを反省しました。
後になって、元カノにどれだけ支えられていたかを実感しました。
その後、私にも新しい彼女ができて、今度、三十路を前に結婚することになりました。
元カノは26歳、もう、私のことなんか忘れて、幸せな日々を送ってることを祈ります。
もしかしたら、いつか連絡が来るかもと残していたアドレス、LINE、全て消去します。

さようなら。
本当に俺なんかと付き合ってくれて、ありがとうございました。
そして、大切なオマンコを粗末に扱って、ごめんなさい・・・

6 COMMENTS

匿名

失って初めて気づく、深い愛だったわけで。
失わなければ、アンタはまだ気付いてなかっただろう。

返信する

コメントを残す