エッチ体験談 12,000話 突破!!

純粋な子供の時に看護師の手の甲がぶつかって

純粋な子供の時に看護師の手の甲がぶつかって

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「純粋な子供の時に看護師の手の甲がぶつかって」。

それは未だ私が、子供だった、C学1年の頃
自宅でラーメンを食べようとしたら、丼を引っ掛けてしまい、右太ももにどっぷりとスープをかけてしまった。
翌日近くの整形外科に行った。

その時は、C学1年で、女性への免疫は全く無い頃、でもちょっとでも下半身に刺激を受ければ、たちまち、ペニスは完全勃起してしまう年ごろでもあった。
だから、ラーメンをこぼした瞬間に立ち上がって、ジャージを下げたら、ペニスが瞬間に勃起してピン!と上を向いていた。
そんなお年頃だから、看護婦(当時は看護婦と呼んでた)にブリーフ姿を見られるのでさえ、恥ずかしくて、悩んだ。
取り敢えず、ブリーフの上には、体育で履く、ショートパンツ(短パン)を履いて、ブリーフ姿は見せない態勢を作って、病院に行った。

先生の検診のあと、処置室に行き、看護婦が包帯を巻いてくれるとの事。
多分25歳前後の看護婦だったと思う、「こちらにどうぞ」とかなり広めの部屋に連れていかれ、長椅子の様なベッドに腰掛ける様言われた。
「ズボン脱いでね」と言われ、おどおどとジャージを脱いだ。
火傷を下部分は、右太ももの結構上の部分。
足の付け根よりも数センチ下というギリギリの場所だった。
僕はただ、黙って看護婦が太ももに巻いている包帯を見つめていた。
なにもしていないのに変な緊張の空気が流れていた。

次の瞬間、看護婦の手の甲が、一緒だけペニス付近に触れた。
僕は、何事も無かったように、無心でいた。
すると看護婦が「いま、ビックリした?」と意地悪そうに聞いてくるではありませんか?
僕は、それだけでも恥ずかしいから、小さな声で「イ、イイエ」と言ったと思う。
看護婦の顔はまともに見れないが、何やら不気味なニヤケ顔をしていた気がした。
包帯を巻くのが、やや半分くらいにきたとき、またもや看護婦の手の甲がペニス付近に触れた。
僕は、内心「なにすんだ!止めてくれ」と思ってた。
しかし看護婦は「ごめんね、太ももの上の方まで巻かないとならないからね」と言いながら、
太ももの内側を通過する度に、僕のちんこにガンガン手をぶつけてきた。
もう、絶対にわざと?と思うくらいだったろうか。

僕は必死に自分の足の部分を見つめていたが、物理的な反応を与えられると、ちんこは、ムクムクと大きくなってきてしまう。
小さい時は、斜め右下を向いていたが、そのままの位置でぼっこりと大きく固くなってしまった。
パンパンの短パンの中で、もう痛いくらいに固くなっている。
看護婦が「感じるの?」と聞いてきた。
僕はここで感じるなどと言うと、変態扱いにされるのでないか?と心配になり、尚も、「いえ」とだけ答えたが、下半身は正直に反応していた。
「はやく終わってくれ~」と心の中で叫んでると、ふと看護婦がその場から離れた。
近くから、ガーゼを持ってきた。

僕は「あれ?更に足にガーゼするのかな?」と思っていたら、看護婦のお姉さんは、いきなり、僕のブリーフと勃起しているちんぽの隙間にガーゼを挟んだ。
その時にペニスを上向けに方向修正してくれた。
そして、ブルーフと短パンを元に戻すと、その上から、垂直に勃起したモノをサスリ出したのだ。
ブリーフと短パンの2枚の生地を通しているが、生まれて初めて、他人にペニスを触られた僕は、
時間にして30秒くらいだったと思う。
急に全身から血液がペニスに集中してくる気配を感じた。
まだ、その頃はオナニーをした事はなく、夢精で吐きだしていた時代。
触り続ける看護婦の手から腰を引く様にして、「すいません!なんかでそうで!」と言うと
「いいからそのままで」と優しくも、事務的にお姉さんは言ってきた。

そして、そのままブリーフを履いたまま、そしてガーゼの中に、精子を吐き出した。
僕の息は、ハァハァと上がり、恥ずかしさのMAXであった。
看護婦は、僕のブリーフからガーゼを引き抜いた。白いガーゼに糊の様な白いドロドロの液体が付着していた。
看護婦はそれを近くのゴミ箱のペダルを踏んで、フタを開け、ポイっと捨てた
僕のちんぽは、ようやく少し収まってきたので、看護婦は包帯を巻いた。
終ったあと「絶対に内緒だからね、、、誰かに話したら、おにーちゃんが、直ぐに精子を出したことばらすからね!」と脅された。
今考えたら、脅されることは僕はナニもしてないのに、精子を出した事で背徳感が凄かった。

その日の夜は、看護婦の手の感触を思い出して、自分で初めてしてみた。
翌日も病院に行った。
ものすごい、ドキドキで、恥ずかしいのと、もしかしたら、気持ち良くしてくれるかな?の期待と半々で病院の待合室で待ってた。
「●●さ~ん」と呼んだのは、昨日の看護婦だった。
俺は呼ばれた方に行き、看護婦の顔を見て、少しお辞儀をした。
看護婦は、まったく普通に「こんにちは」と返してきた。
また昨日の看護婦さんにやって貰るのか?ものすごい期待していると、早くもギンギンになってしまっている。
中待ち室の他の患者にバレぬよう、股間に手をやっていた。

何気に隣に座ってた50歳くらいのオバサンが僕の股間をしげしげと見てた気がした。
呼ばれたので、処置室にドキドキしながら行き、昨日の看護婦に「昨日と同じ場所に座ってね」と言われる。
次の瞬間、ずっと年上のオバサン看護婦が来て、包帯を取って、薬を塗り、さっさと巻いて終了した。
あざやかだった。
ペニスには全く触れないで終わってしまった。
オバサン看護婦が巻いてる時に、昨日のお姉さん看護婦が横を通りかかったが、何事もなかったように過ぎて行った。
あれは、なんだったのか。。。。
1回きりの射精も思ひでであった。

1 COMMENT

匿名

小2の頃
整形外科の看護婦に
手淫されて吐性処理
された事が有る
幼少からチンポを
弄り知っていた

返信する

コメントを残す