エッチ体験談 12,000話 突破!!

初めての痴漢で

痴漢男さんから投稿頂いた「初めての痴漢で」。

痴漢物のエロ動画が好きで、実際にやってみたいと思いながら行動に移せないでいました。
でもつい先日、電車で移動する必要があり、たまたま乗った車両に大人しめの人妻らしき女性を発見。
胸もそこそこの大きさで、シックな服装が色気を醸し出してて我慢出来ませんでした。

何とか混んでる車内で後ろに近付き、電車の揺れに合わせてお尻を軽く何度か触れてみました。
ピクッと反応はしたけど、振り返ったり大声を出される事は無かったです。
なので、調子に乗ってスカートの後ろを捲って下着越しにお尻とマンコに触れました。
プルプル震えてるけど何のアクションもしないので、これは痴漢からすれば良いカモだなぁ…なんて、いらん心配をしてしまいます。
下着越しとは言え完全な愛撫の触り方をしていたら、ジットリとマンコ部分が濡れてきてます。
もう車内だという事を忘れて、堂々と下着の中に手を入れてマンコを愛撫します。
クリトリス触ったり指入れたりしても吐息を漏らすだけで騒がれないのは最高ですね。
私もチャックを下げてチンコを出し、女性に握らせました。
意外と痴漢されるのを楽しんでるのか、優しくチンコをシゴいてくれます。
もしかして?と思い、ブラウスの中に手を入れて胸まで揉んでみたら乳首は勃ってるし、全く抵抗しません。
痴漢慣れしてるか、痴漢される事を望んでいるような感じです。
小さく女性の耳元で囁いてみました。
「ここで入れても良いですか?」
女性は言葉を発さず、小さく頷きました。
下着をずり下ろしてマンコにチンコを擦り付けます。
ニチュニチュと音がしてるんじゃないかと思うくらい濡れてます。
女性が少しお尻を突き出してきました。
そして自らチンコをマンコに誘導して入れやすくしています。
そのまま腰を突き出すとニュルンとマンコに入りました。
痴漢好きな女性の割に締まりが今まで経験した女性の誰よりも良い。
それに感度も良いようで、周囲にバレないように小さく小刻みなピストンでもかなり感じているみたいです。
空いた両手をブラウスの中に入れてガッツリ胸を揉みます。
はぁはぁと女性の吐息が聞こえて興奮もマックスです。
また耳元で囁きます。
「気持ち良いですか?私も最高に気持ち良いですよ、もう精子出ちゃいそうです」
「あの…凄く気持ち良いです…服は汚さないでください」
初めて女性がハッキリと言葉にして意思表示しました。
「良いんですか?それだと中に出すしかありませんよ?」
「はい…こんなに気持ち良くしてもらえたの初めてなので…」
「そうですか、では中に出させてもらいますね」
グイッと腰を突き出して女性の一番奥に射精しました。
女性はブルブルっと小さく震え、はぁ…っと色っぽい吐息を漏らしました。
「凄く気持ち良かったですよ、いつもこの電車にに乗るんですか?」
「いえ、たまたま乗ったんです…そしたらあなたが…」
「私も今日はたまたまなんですよ」
「そうなんですか…」
「また会えませんか?」
「えっ…?」
「貴女を気に入りました、是非また会って欲しいんですが」
「あの…私みたいな子持ちの主婦でも良いんですか?」
「ええ、この車両で奥さんに一目惚れして痴漢したんですから」
「是非…私もまた会いたいです」
「LINE交換しませんか?」
「はい」
チンコ入れたままLINE交換しました。
射精終わってチンコ抜いてすぐに下着を履かせ、精子が漏れないようにします。
私も奥さんのマン汁が付いたままのチンコをしまい、奥さんの首筋に軽くキスマークを付けて駅で降りました。
後日連絡して会った時、よく痴漢に遭うけどあそこまでされた事は無いと言ってました。
痴漢好きって訳でもなくて、いつもなら不快感しかなくて叫ぶらしいですけど、たまたま私との相性が良かったみたいで最後までしてしまったと教えてくれました。
私も痴漢したおかげで人妻のセフレゲット出来たので良かったです。
かなり身体の相性良くて会うたびに中出しさせてくれます。

コメントを残す