エッチ体験談 12,000話 突破!!

ホームレスの精液がたっぷりと入って

きりきりんさんから投稿頂いた「」。

俺は再び一人で、あのホームレスがいた場所へ行った。
またあのホームレスがいたので、「どうも」と軽く会釈をした。
あのホームレスは、「この前はありがとうの」と少し微笑んで言うと、「またあの彼女を連れてきてくれたかの?」とまた期待されたかのように言われた。

俺は「今日は連れてきてない。ただまた期待されてるんだろうなと思って、今度は場所を変えようかと思って、下見に来ただけ」と言うと、ホームレスが「ちょっと行った所にホテルがあるぞ」と勧めて言って、俺はそこのラブホに10月⚫日の13時過ぎに行くことを話した。
そしてその当日となり、俺はYUIを連れて軽くドライブした後、何も言わずそのラブホへ向かった。
結構老朽したラブホであり、YUIは「ホテル行くの?」と聞かれ、俺は「少し疲れてるから」と言って、俺はYUIと平状になったホテルへ入った。

また俺はYUIにお茶の中にまた眠剤を入れて、俺は布団に入って寝たふりをしたこと数分後YUIも布団に入って寝ていた。
俺はYUIに上下下着になって寝ていたので、それから数分後に部屋の鍵を開けて、ホームレスを待った。
それからドアがガチャガチャとする音が聞こえ、あのホームレスが入ってきたと思い、するともう一人のホームレスを連れてきたのだった。
そのホームレスが「俺が行くところついてきて」と言いながら、でもそのもう一人のホームレスは話を知ってるかのように、もう興奮が見え見えだった。

そしてホームレスが「またすやすやと眠ってるようだな」とYUIに近づき、「どれどれ。やっぱりかわいい子だな」と言うと、もう一人のホームレスも「お前もこんなかわいい子の体見たのか?」と二人の会話に、俺はこのホームレスはYUIに何をするかをドキドキしながら見ていたのだった。
そしてホームレスはYUIに軽く唇にキスをして、またもう一人のホームレスも同じようにYUIに唇にキスをした。
ホームレスはYUIの布団を捲ると、「もう準備体制ばっちりじゃないか」と言って、YUIのブラジャーの上から左の胸を揉み始めて、もう一人のホームレスは「本当に大丈夫か?」とおそろおそろで右の胸を触ったのだった。

ホームレスはもう慣れた手口を掴んだように、左側のブラジャーのカップを軽々と捲り、YUIの乳首をつねるように引っ張ったり、乳輪を指で回すように、そして胸を揉んだりしてると、もう一人のホームレスがぎこちなそうに右側のカップを捲って、鷲掴みするように揉んで、直ぐに口づけをして乳首を吸ったり、ピチャッピチャッと音を立てて舐めたのだった。
YUIは少し体を動かし、寝ながらであってもかんじてるように思い、それからホームレスはブラジャーのホックをはずし、ブラジャーを脱がすと匂いを嗅いで、左胸をペロペロと舐め、もう一人のホームレスも右胸を二人の唾液がYUIの乳房中にべたべたするように舐めて、乳首を引っ張っられるように噛んだ。

そしてお腹や首筋も舐めたり、そしてパンツの中に指を入れ始め、YUIのアソコ人指し指を入れると、ホームレスが「結構濡れてるじゃねえか」と言いながら、もう一人のホームレスはおっぱいフェチなんだろうか、両胸を舐めたりすると、ホテルの棚に置いてあったコーヒーミルクを取り出し、YUIの胸に垂らし「母乳母乳」と言いながら、俺が思いもしないことをして、乳首を吸ったりしていた。

そしてYUIはもう全裸にされて、YUIのアソコを舐めたりした後、ホームレスはちん⚫を出して、ビンビンに立たせた後、中にちん⚫を入れて「おううう」と言いながら腰を振って、ついにセックスまでして、そのホームレスは上手にティッシュに精子を包んで満足げだった。しかしもう一人のホームレスも同じようにちん⚫を出して、しこしこして、「ようし入れてやるぞ」と言い、「おううっ」と言った後、にしゃっと笑って、なんと中出しをしやがったのだった。
YUIのアソコの割れ目の中から小汚ない精液がたっぷりと入って、少し漏れていたのだった。

俺は「おい!妊娠したらどうするんだよ」と言ったが、ホームレス二人は「また呼んでくれよ」と言って、その場から去ってしまい、俺はYUIの体から二人の匂いやアソコに入った精子をただ呆然と見ていたのだった。
YUIはその1時間後に目覚めて、YUIは「なにこれ。アソコに入れたの?」と言われ、俺は頷くしかなかった。
YUIは速攻でシャワーで体を洗ってる間、俺はこんなことになるとは思わず、YUIはシャワーから出てきた体は、胸も真っ赤かになってたり、乳首も腫れ上がったように膨らんでいた。

その2ヶ月後YUIは妊娠検査をすると、見事に陽性だった。
相手が誰かと分かってた俺は、YUIは下ろす気は全くなく困っていたが、幸いなことに流産して逃れたのだった。
俺はYUIに少しだけ罪悪感はあったが、この快感が妙にはまってたまらなかった。

2 COMMENTS

壁穴のひと

ホームレスの精子は死んだ精子が多いから褐色なんだよな~

返信する

コメントを残す