エッチ体験談 13,000話 突破!!

羞恥と恥辱と凌辱の違いを教えてくれた元彼

独り者さんから投稿頂いた「羞恥と恥辱と凌辱の違いを教えてくれた元彼」。

私は地元短大出て一般職で入った会社で、社内恋愛した元彼が忘れられない。
短大時代の大学生の初彼が初めての相手だったけど、就職先が離れてて別れた。
でも、社内恋愛の元彼は社会人だったから、ずっと大人に恋愛だった。

初彼は自分が気持ち良くなるセックス、元彼は私を気持ち良くするセックスだった。

わざと恥ずかしい格好にさせて、羞恥も快感の一種だと教えてくれた元彼。
羞恥と恥辱と凌辱の違いを教えてくれた元彼。
大股開きでアソコめくられたり、入ってるところを鏡に映したり、縄で縛られてみたり。
クンニで初めて逝くことを教えてくれた元彼。
アソコの中をオチンチンで掻き回されていくことを教えてくれたのも元彼でした。
いつも、身体だけでなく心も満たされるセックスをしてくれた。
緩急つけた腰の動きで、私は快感お波にさらわれた。
元彼に跨って、突きあげられて、腰が勝手に動いてしまう羞恥の中、全身を快感が貫いていくのが分かった。

元彼との時間は、素敵な時間だった。
でも、いつか振られちゃうのかなぁ・・・なんて、怯えながら付き合ってた。
私のそんな気持ちが、元彼を悩ませていたのかも・・・
2年で、別れを告げられた。
「ごめん。君といると、安らげないんだ・・・なぜだろう・・・」
そう言われた。
今、思い出しても涙が出てくるよ・・・

私と別れた半年後、社内報で元彼の遠隔地転勤を知った。
ラインで、最後のお別れを言われた。
もう彼女じゃないから、一社員として、元彼を見送った。

ある日、元彼の転勤先を豪雨が襲った。
元彼が心配で、ラインを送ろうとしたけど、元彼、お友達から消えてた。
メールを送ったけど、宛先不明で戻ってきた。
電話は・・・通じなかった・・・
元彼、スマホ替えたのかもしれない・・・

元彼と音信不通になって、数年が過ぎた。
何してるんだろう・・・
元気でいるのかな・・・
元彼は結婚したかな?
まだかな・・・
元彼がいた職場の前を通るたび、そんなこと思ってる。

あれから私は、誰にもときめかず、恋ができないでアラサーと言われる年齢になった。
元彼と家庭を築きたかったから、見てしまったら悲しいけど、せめて元彼には誰かと幸せになっていてほしい。
もしかしたら私は、ずっと独りで生きていくのかな?
最近、そう思うよ・・・

2 COMMENTS

匿名

何かが合わなかったのでしょう。
安らげない相手との生活は無理です。
哀しいけど、振り向かないで前を向きましょう。

返信する

コメントを残す