エッチ体験談 13,000話 突破!!

調教は幼い頃から

真鍋薫さんから投稿頂いた「調教は幼い頃から」。

僕には七才年下の妹がいる。
すっごく可愛くて、オムツの替え方とか教わって僕がやらせてもらってる。
ママも隣で見て手伝ってくれてるけどね。
お尻とかオマンコ拭く時は、バレないようにこっそりイジってる。

妹が一才過ぎて首が座って歩けるようになると、僕についてまわるようになった。
いつも妹と一緒に居るから、このままお兄ちゃん子になって欲しいと思っていっぱい抱きしめた。
お風呂もママやパパと入るより僕と入りたがった。
子供だけじゃ危ないって言われたけど、何回かママとパパが見てる前で妹をお風呂に入れたら許してくれた。
二人だけでお風呂に入るようになってすぐ、僕は妹の調教を始めた。
チンコを舐めさせたりマンコ舐めたり。
お尻の穴も舐めたり指入れたりした。
妹は一つも嫌がらずに素直に受けた。
san才になる頃には自分から僕のチンコをしゃぶりたがった。
部屋やトイレ、お風呂で何度もチンコしゃぶらせて精子を飲ませた。
お兄ちゃん大好きな妹になってくれて僕も嬉しい。

ろくさいになってS学校に入学した日の夜、僕は妹とセックスした。
毎日目の前でオナニーさせたから指も簡単に二本入るようになってたし、縦笛だって入れてオナニーするのも見たからチンコは余裕で入った。
この日のために僕も痛いの我慢してチンコの皮剥いてオナニーしたからね。
キツキツの妹のオマンコはオナニーより数倍気持ち良い。
妹も指や縦笛よりもチンコの方が気持ち良いって喜んでた。
まだ生理来てないから安心して妹の中に精子出した。
妹は精子が流れ込んでくる感覚が面白かったらしくて何回もせがまれた。
六回くらい頑張って中に精子出してあげた。
チンコ抜いたら一気に精子がマンコから吹き出して大変だった。
ベッドでセックスしなくて良かったよ。

床を拭いても拭いてもオマンコから精子が流れ出してきて掃除がなかなか終わらない。
妹は精子が零れないように慌ててパンツ履いてた。
その日から毎日妹とセックスして中に出した。
S学三年の時に生理が始まったみたいだけど、妹はオマンコの中に精子を欲しがった。
出そうになると両足で僕の腰を抱え込んで離さないから、結局中に毎回精子出す事になる。
妹がS学、C学の内は妊娠しなかったけど、高校の時に一度妊娠させた。
二人でどうしようか悩んで、友達にカンパしてもらって堕胎した。
妹は泣いてたけど、産ませるにはまだ早いから諦めてもらった。

そして妹が高校卒業して大学進学する時、僕は家を出て一人暮らしを始めた。
妹が僕の所に転がり込んできて夫婦のように生活を始める。
もう周りを気にすることなくセックス出来るので、危険日でも構わず中出しして妊娠させた。
妹も今度は産みたいと言うので産んでもらった。
可愛い女の子が生まれて妹も僕も喜んだ。
妹はこの子にもお兄ちゃんがセックス教えてあげてと言ってきたので、現在娘の調教中。

コメントを残す