エッチ体験談 12,000話 突破!!

お姉ちゃんからの性教育

羽多野さんから投稿頂いた「お姉ちゃんからの性教育」。

オナニーしてたらお姉ちゃんがノックもしないで部屋に入って来て見られた。
「ゴソゴソ音がするから見に来たらやっぱりオナニーしてたわね」
「急に入って来ないでよ!弟のオナニー見て楽しいの?!」

「楽しくないわよ?ちゃんとしたセックス教えてあげようと思って来たのよ」
「へっ?」
「だから、私が相手してあげるからオナニーばかりしてないでちゃんとしたセックス覚えなさいって言ってるの!」
「良いの?」
「私が良いって言ってるんだから良いのよ!それとも私じゃ嫌なの?」
「嫌じゃないよ!お姉ちゃんとセックス出来るなんて嬉しいよ!」
「そうよね?あんたが隠してるエロ漫画も姉弟での近親相姦物ばかりだものね」
「うわあああ!何で知ってるのさ!」
「探したもの」
「探さないでよ!って言うか勝手に部屋に入らないでよ!」
「弟がどんなオカズでオナニーしてるか気になるじゃない?」
「そこは気にしないでよ!」
「それよりほら、あんたの好きなお姉ちゃんとのセックスだよ?こっちにおいで」
お姉ちゃんが服を脱ぎながら僕をベッドに誘ってきた。
「一応聞くけど、セックスのやり方は分かるわよね?」
「エロ動画と漫画で勉強したけど」
「はいダメ〜!そんなのは嘘だから信用しちゃダメ!そんなんじゃ女の子に嫌われて結婚出来ないよ?」
「そうなの?」
「あんなのは男に抜かせるための作り話よ?はあ…だから下手くそな男が多いのよ…まったく」
「じゃあどうすれば良いの?」
「それを私が教えてあげる。まずは前戯のやり方ね」
「はい」
「クリトリスをやたらと剥いて触ってくる男が多いけど、剥き慣れてない子は痛いだけで全然気持ち良くないから、下手に剥かない事!」
「へえ〜、知らなかった」
「それから、剥くときはオマンコが濡れてからする事!乾いたまま剥かれると痛いんだからね!」
「そうなんだ…」
「やたらと激しい前戯もアウト!表面はまだマシだけど、中は粘膜で覆われてて傷付き易いから優しくしなきゃダメ」
「じゃあそ〜っと触れば良いの?」
「そうよ、試しに優しく触ってみなさい」
緊張で震える手でお姉ちゃんのオマンコを触った。
「ん…そうそう、そんな感じで優しく触るのよ…あん…」
「気持ち良い?」
「そうね、初めてにしては上手よ。だけどそうやって聞くのもあまりしない方が良いわね」
「えっ?でも聞かないと気持ち良いのかダメなのか分からないよ?」
「聞かれた方は恥ずかしいし、人によっては引かれるわよ?」
「何で?」
「それこそエッチな動画みたいじゃない、真似してると思われて気持ちが萎えるわ」
「だったらどうやって相手が気持ち良くなってるか判断するの?」
「女の子の反応をよく見る事、それからオマンコの濡れ方かしら?」
「反応って言ってもどんな反応が良いのか分からないよ」
「それを教えるために私とセックスするんじゃないの」
「そっか!じゃあちゃんと教えてね!」
「最初は今みたいに表面を軽く撫でるように優しく触るの、少し濡れてきたら小陰唇…この両脇のヒダの内側とかクリトリスを皮の上から軽く指の腹で撫でて」
「はい!お姉ちゃんのオマンコ少し濡れてきたから今言ったみたいにすれば良いんだね?」
「あぁん…そう…そうやって優しくぅぅん…」
「お姉ちゃん凄くエッチな顔してる」
「あんたが上手いから本気で感じちゃってるのよ…あはっ…イイわ…」
「オマンコすごく慣れてきたよ?」
「分かりやすいのがそれよ。気持ち良いとたくさん濡れるからね」
「気持ち良くないとやっぱり濡れない?」
「面白いのがレイプでも濡れるらしいのよ」
「ええっ?!何で?」
「オマンコが傷付かないように体の防衛本能らしいわよ?私はレイプされた事ないから分からないけど、確かに気持ち良くなくてもチンコ入れられると濡れるもの」
「そうなんだ…知らないことばっかりだ」
「下手なくせに上から目線でイカせてやる!なんて男になっちゃダメよ?」
「気をつけるよ」
「でね?かなり濡れたでしょ?そろそろ中に指入れても平気よ」
「いきなり二本とか入れない方がいい?」
「相手が処女だったら一本にしといた方が良いわね。お姉ちゃんは処女じゃないから二本入れても平気よ」
「お姉ちゃんていつ初体験したの?」
「中学二年の時に付き合った彼氏とよ」
「僕が初めての人になりたかった…」
「下手だし痛いしですぐ別れたけどね」
「じゃああまりセックス経験無いの?」
「それなりにはあるわよ?何人か付き合ったもの」
「そうなんだ…」
「処女じゃなくてガッカリしちゃった?ごめんね」
「ううん、それでもお姉ちゃんとセックス出来るのは嬉しいから大丈夫!それにこうしてちゃんとしたセックス教えてくれるし!」
「そうね、あんたの為になれるなら経験は無駄じゃなかったわね」
「じゃあ指入れるよ」
「んふっ…あ…根本まで入れたら軽く曲げて上側を優しく擦って…そう、そんな感じで」
「凄い…お姉ちゃんのオマンコの中、熱くてヌルヌルだよ」
「早くチンコ入れたいだろうけど焦ったらダメよ?まずはじっくり前戯して、一回イカせるくらいの気持ちで時間をかけてね」
「こんなに慣れててもまだ入れちゃダメなんだ?」
「せっかく気持ち良くなってきても、中途半端にされると気持ちが萎えやすいのよ。体だけじゃなく気持ちもセックスしたい!ってならないと女の子は本当に気持ち良くなれないの」
「男とは違うんだね?」
「そうよ、男は物理的な快感さえあればイケるけど、女の子は精神的な快感が無いとイケないのよ。だから前戯に時間を掛けて気持ちを高めるのが大事なの」
「そんなのエロ動画とか漫画じゃ知らないね」
「指入れながらクリトリス舐めて」
「お姉ちゃんのオマンコ…良い匂いがする…」
「嗅いだら恥ずかしいわ」
「あ…ごめん…」
「ううん、初めてだからよく見たいのも分かるし、匂いも気になるわよね?でも言葉にしたらダメ」
「わかった」
本当にお姉ちゃんのオマンコは甘い良い匂いがした。
お姉ちゃんの体臭なんだろうけど、抱きしめられた時に嗅いだ匂いと少し違うみたいだ。
なんだろう…凄くエッチな匂いって言うのかな?
「見てばかりいないで早く舐めて〜」
マジマジと見てたらお姉ちゃんに催促されちゃった。
ドキドキするけど皮を被ったクリトリスを舐めてみた。
トロっとしたオマンコの汁は舌に絡み付くようにヌルヌルしてて、少しだけ塩味がした。
なんだか凄く美味しく感じていっぱい舐めた。
「はぁっ!ああん!イイの!凄くイイ!弟のクンニ気持ち良い!」
「んぐっ!お姉ちゃん頭押さえつけられたら苦しいよ」
「もっと!もっと舐めて!お姉ちゃんをイかせて!」
僕の言う事を全く聞いてないみたいで、両手でグイグイ僕の頭をオマンコに押し付ける。
クリトリスだけじゃなくオマンコ全体を舐め回して、指でクリトリスを触りながら今度はオマンコの中に舌を入れてみた。
「んんっ!あはぁ…あ…あひ…はぁあん」
お姉ちゃんの腰が上下に動いて僕の顔にオマンコを擦り付けてきた。
僕は口も鼻もオマンコの汁でヌルヌルになった。
「イク!弟に本気でイカされちゃう〜!」
グイッとお姉ちゃんの腰が跳ね上がって僕の鼻がオマンコの中に入った。
息ができなくなって慌てて口で息を吸う。
丁度口の所にお姉ちゃんのアナルがきてたみたいで香ばしい匂いが口に入ってきた。
僕は勇気を出してアナルも舐めてみた。
「ひゃあっ!そこは汚いからダメぇ!」
そう言ってもお姉ちゃんが頭を離してくれないからアナルを舐め続ける。
キュッと締まったアナルは舌の侵入を拒んでるみたいだった。
「あふぅ…はぁ…はぁ…はぁ…イッたぁ…」
ようやくお姉ちゃんが腰を下ろして僕の頭を解放してくれた。
オマンコから鼻が抜けて息も出来る。
「もう!いきなりアナル舐めちゃダメでしょ!」
「だってお姉ちゃんがオマンコに僕の頭を押し付けるから息出来なくて、口で息したらそこにアナルがあったんだもん」
「まだ今日はお風呂に入ってないの!だから汚いからダメ!」
「え〜?お姉ちゃんのアナル美味しかったよ?」
「アナルが美味しいって…あんたもしかしてアナル好きなの?」
「だってエロいじゃんアナル」
「本当に男ってアナル好きよね…その割にアナルの事何も知らないし」
「アナルもやり方もあるの?」
「当たり前でしょ!いきなり入れようとする馬鹿な男が多すぎなのよ!そんなの痛いに決まってるじゃない!」
「確かに舐めた時硬くてキュッと締まってたもんね」
「そんな所に無理矢理入れたら気持ち良くなれるわけないでしょ?あんたもエッチな動画観てたなら、女優さんのアナルが柔らかそうなのに気付いてるでしょ?」
「うん、お姉ちゃんのアナルみたいに硬いイメージ無いね」
「あれはね、何日か掛けて徐々にアナルを解していくのよ。体の硬い人がいきなり180度開脚出来ると思う?」
「無理!」
「それと一緒よ、だから時間を掛けてアナルを柔らかく解すの。それからじゃないとアナルにチンコなんて入れられないわよ?」
「そうなんだね」
「まあ、あんたが私とアナルセックスもしてみたいなら時間を掛けてアナルを開発させてあげても良いわよ?そっちはまだ処女だし…」
「やりたい!お姉ちゃんのアナル処女欲しい!」
「でも今日は普通のセックスだけね?少しはアナル開発しても良いけど…」
お姉ちゃんの許可が出たからちゃんとした普通のセックスを教わりながらアナルも解す事にした。
「お姉ちゃんのオマンコとアナルだぁ…可愛いなぁ…綺麗だなぁ…美味しいなぁ…」
「そんなに嬉しそうにされると…ちょっと引いちゃうかも…」
「ずっと舐めたり触ったりセックスしたかったお姉ちゃんのオマンコとアナルだよ!それが目の前にあるんだから興奮するよ!」
「わかったから!だからさっきの続きするわよ!」
「オマンコ舐めて指も入れたよね?お姉ちゃんもイッてくれたし、次はいよいよチンコ入れるの?」
「そうよ!そのガチガチに勃ったチンコを私のオマンコに入れるのよ!でもいきなり奥まで入れちゃダメ」
「何で?」
「まずはゆっくりオマンコの感触を確かめながら入れてくの!」
「ん〜、ゆっくりなら奥まで入れても良いんだね?」
「そうそう、一気に奥まで入れられると濡れてても痛かったりするからね。乱暴にしちゃダメって事」
「わかった!え〜っと…ここだよね?」
「そこよ、上手く入れられる?」
「待って、今入れるから…あれ?滑って上手く入らない…」
「ほら、私が持っててあげるから落ち着いて」
お姉ちゃんが僕のチンコを握って、先っぽをオマンコの入り口に当ててくれてる。
「ゆっくり前に腰を押し出して」
「入り口がキツいね、なかなか入っていかないよ」
「ん…もう少し…」
「あ…少し先っぽが入った!」
「もう少し入ったら手を離すから」
キツキツのオマンコに僕のチンコが少しずつ入っていく。
亀頭が見えなくなるまで入ったらお姉ちゃんが手を離した。
「ああ〜!お姉ちゃんのオマンコヌルヌルでキツくて気持ち良い!」
「まだ奥まで入ってないわよ?」
「わかってる、でも先っぽだけでも気持ち良いよ」
「そこで満足しちゃダメよ?ちゃんと奥まで入れてから精子出してね?」
「中で出しても良いの?」
「出したくないの?」
「中で出したい!」
「でしょ?だったらちゃんと奥まで入れてね?」
「うん!」
焦らずゆっくり奥にチンコを進めていく。
火傷しそうなくらい熱くてヌルヌルでキツいオマンコの中を押し広げるようにしてチンコが進む。
真空になってるのかな?って思ったくらいオマンコがチンコにピッタリと吸い付いて締め付けてくる。
なんとか射精しそうなのを我慢して奥まで入れた。
「入ったよお姉ちゃん」
「ん…奥まで届いてるわ」
「届いてるの?子宮に?」
「子宮の入り口をチンコが押し上げてるのが分かるのよ、流石に子宮の中までは入らないけどね」
「入ったら子宮に直接精子出せるのになぁ…」
「あのね…子宮口が閉じてるんだから入るわけないでしょ?チンコが入るくらい子宮口が開いてたら異常よ?」
「そうなの?」
「普通は子宮口が閉じてるの!赤ちゃんが産まれる時だけ開くのよ!」
「そうなんだ」
「そうよ、で?動けそう?」
「まだ無理っぽい…今動いたら精子出ちゃう」

まだ長くなりそうだから続きます。

1 COMMENT

サイトウシンイチ46歳

良かったねお姉ちゃんに初体験セックスしてもらえてね本当にものすごくうらやましいし良かったね❗️♥。しかも、お姉ちゃんがセックスの仕方を教えてくれて本当にものすごくうらやましいし良かったね❗️♥。でも、なんとなく中途半端になったような気持ちがする❗️♥❓️。

返信する

コメントを残す