エッチ体験談 12,000話 突破!!

19歳の可愛い妻がセーラー服コスプレでハメ撮りされた動画が頭を離れません

愛妻夫さんから投稿頂いた「19歳の可愛い妻がセーラー服コスプレでハメ撮りされた動画が頭を離れません」。

私の妻は大学の1年先輩の先輩のお下がりです。
先輩はかなりのイケメンで、バイト先で可愛いと噂になっていた短大生だった妻を落とし、処女を奪ったのです。
先輩は大学4年生、私は大学3年生、妻は短大1年生でした。

私にも彼女がいましたが、妻ほど可愛い子ではなく、告白されたので嬉しくて付き合った同学年の子でした。

私は、彼女がいたにもかかわらず、妻は先輩とどんなセックスをしてたのか気になりました。
19歳の妻と22歳の先輩のセックス・・・やりまくりだったのでしょうか。
そんな妄想をしていましたが、間もなく先輩も卒業という頃、私は、先輩の部屋で凄いものを見せられました。
「これ、彼女とのセックスを隠し撮りしたんだけど、卒業するから処分するんだ。それがマナーだからね、その前に、見せてやるよ。誰にも言うなよ。」

先輩のアパート・・・ベッドを俯瞰する画面です。
19歳の妻が入ってきてカメラの前を横切り、、どうやらシャワーを浴びに行ったような音が聞こえます。
ここでカット編集が入り、妻が夏の白いセーラー服を着て現れます。
19歳の妻はとても可愛いと評判ですから、セーラー服がガチでに合いました。
先輩はパンイチ、ベッドの上でキスする二人、キスしながら妻をベッドに押し倒す先輩、セーラー服の紺色のスカートの中に手を入れました。
妻のオマンコをパンテイの上からなでているのか、妻はウットリとした表情になりました。
先輩は妻のスカートをはぎ取ると、なんとノーパンでした。
先輩は妻のセーラー服をまくり上げると、ブラはしておらず乳房をしゃぶり始めました。
妻の可愛いピンクの乳首が勃起していきます。
「あっ・・・ああん・・・」
思わず声を漏らす可愛い妻は本物の女子高生みたいでした。

先輩がパンツを脱ぐと、はち切れそうに勃起したペニスがボヨヨンと現れます。
カメラに映るよう配慮しながら、セーラー服姿の妻の足を広げ、クパァと広がる19歳のオマンコを見せます。
「指で広げて、奥まで見せて・・・」
と先輩に言われたら、清純そうなセーラー服姿の妻は、思いっきりオマンコを開いて、奥まで見せてくれます。
先輩がクンニし始めると、次第に妻はモゾモゾしだし、
「あっ・・・ああん・・・ああん・・・ああ~~」
クチュクチュという愛液の音が響き始めます。
妻は身をひねって、先輩のペニスを探します。
それに気づいた先輩は、勲位を止めて妻の前にペニスを差し出します。
勃起したペニスを握っ多妻は、フェラを始めます。
夏の白いセーラー服を着た下半身丸出しの可愛い美少女の妻が、先輩のペニスをおしゃぶりしています。
とても手馴れていて、きっと清潔そうな可愛い口で、何度も先輩のペニスをしゃぶったことがあるようです。

先輩に促されて仰向けになる妻、オマンコはびっしょり濡れているのがフルハイヴィジョンではっきりと映っています。
先輩がコンドームを装着している間、ずっと妻のオマンコが映っています。
妻の股を開いて、先輩がペニスを挿入します。
妻の中に入ったペニスがゆっくりと出し入れされています。
セーラー服の美少女とイケメン先輩のセックス、悔しくて歯ぎしりしたくなります。
妻の可愛いオマンコが先輩のペニスに引きずられてめくれ、ピンクの中身が見え隠れしているのが映っています。
「ああん、あん、あん・・・」
セーラー服と喘ぎ声、危険です。
やがてせーr-ア服を脱がされ、全裸で抱き合う本格セックス、可愛い顔をしていても、19歳の女の子もセックスが大好きな様子がわかります。

その後先輩は、私の目の前でDVDをバキッと割って、妻のハメ撮り動画を亡き物にしました。
そして先輩は卒業して妻と別れて、自分の実家のある故郷へ帰っていきました。
私は、あのハメ撮り動画がいつまでも忘れられなくて、彼女とのセックス中もあの場面を思い出していました。
そしてやがて私たちも卒業、私は大学のある都会に残って就職しましたが、彼女は実家へ戻って私たちもお別れしました。

就職先でオリエンテーションがあり、そこで、なんと妻と再会しました。
目の前には、あのセーラー服姿での痴態を見せてくれた美少女がいて、
「あっ!○○(先輩の名)さんの後輩さんですよね。」
と話しかけられたのがきっかけで仲良くなりました。
私は、妻は恋焦がれた美少女でしたが、あのハメ撮り動画がいつまでも忘れられず、どうしていいものか悩んでいました。
あるあ金も深まった頃、二人で飲みに行くシチュエーションになって、
「へえ~~、彼女さんと別れたんですか。お互い、寂しいですね。」
と言われて、勢いで、私と付き合ってほしいと・・・そうしたらなんとOKが出て、交際が始まりました。

初めて妻をベッドに誘い、生であのセーラー服美少女のオマンコを拝見した時は、感激でした。
クンニしたときは、嬉しさのあまり涙ぐんでいました。
フェラは巧みでしたが、先輩仕込みだと思うと微妙でした。
21歳とは思えぬ可愛い美少女顔ですが、先輩とのセックスで、妻は21歳とは思えぬほど床上手でした。
まだ21歳だというのに、様々な体位をそつなくこなすのは、ひとえに先輩のお蔭でしょう。
もちろん、妻と交際できたのも、私が先輩の後輩だったからです。
交際2年でプロポーズ、その半年後、私26歳、妻24歳で結婚しました。
現在結婚4年が過ぎ私は三十路、2歳の娘がいまして、妻は現在第二子を妊娠中です。

もし、これを先輩がお読みになっていたら、報告があります。
3年前、上の娘を妊娠した時、いずれやってくる禁欲生活に備え、アナルセックスを提案したんです。
妻はしばらく考えさせてほしいと言って、数日後、
「アナルって、いきなりじゃ無く、ちゃんとほぐす期間を儲けないとダメなんだって。」
どうやら妻は調べたようでした。
「それから、アナルは排泄機関だから、コンドームしてほしい。結婚してからセックスは生でしょ。お尻に入れたもの、洗っても何だか入れられるのは・・・」
妻のアナルをアナルグッズでほぐすこと半月、私は晴れて、妻のアナルヴァージンをもらいました。
大きなお腹の妻とのセックスができないとき、妻のアナルを愛しました。
その後、妻の生理器官にはアナルセックスが定番です。
現在、妊娠中の妻とはアナルセックスです。
最近は、妻はアナルでも感じて喘ぐようになりました。
普段、28歳のお母さんとは思えないあどけない可愛さの妻ですが、夫にアナルを犯されて喘いでいるなんて、誰も想像しないと思います。

2 COMMENTS

コメントを残す