エッチ体験談 12,000話 突破!!

眠る彼女のパンツ脱がしてマンコ盗撮していたらバレて振られた話

眠る彼女のパンツ脱がしてマンコ盗撮していたらバレて振られた話

中谷仁さんから投稿頂いた「眠る彼女のパンツ脱がしてマンコ盗撮していたらバレて振られた話」。

これは僕が同時彼女(19歳)と付き合い立ての頃の話。
うちに初めて彼女が泊まりに来て先に寝てしまった。

パジャマ替わりに彼女に自分のジャージを貸してやった。

付き合い始めてから間も無いということで、まだセックスはさせてもらえなかったのでムラムラしたまま寝る事になった。

僕はせめてオナニーのオカズが欲しいと思い、眠った彼女のマンコを盗撮することにした。

しばらくして、彼女が熟睡したのを確認すると部屋を少しだけ明るくしたが、起きる様子はない。

彼女の目を覚まさないようにゆっくりとジャージとパンツを脱がすとマンコを確認した。

そして閉じている脚をゆっくりと開く。

初めて見る彼女のマンコは毛が薄くて形もとても綺麗だった。

さらにもっと良く見えるように太股を開いてM字開脚の格好にする。

そしてデジカメでマンコを撮影した。

部屋の明るさが足りなくて画質が良くないのでフラッシュ撮影を試みる。

上手くいった。

かなりの高画質で彼女のマンコの写真が撮れた。

マンコ単体の写真だけでは満足出来なかった僕は、次に顔を一緒に撮りたいと思った。

布団を横にどかして下からマンコと顔が一緒にフレームインするようにピントを合わせてシャッターを切った。

フラッシュの強い光が彼女の顔とマンコを照らしたが起きない。

高画質で顔マンコ写真が撮れた。

この時点で僕のパンツの中は我慢汁が溢れてすでにベチョベチョになっていた。

そして今度はマンコを拡げた状態の写真が撮りたいと思った。

先ほどと同じようにカメラを構えるとデジカメのモニターを見ながら震える指でピントを合わせた。

もう片方の手は指で彼女のマンコをぱっくりと開いた。

彼女の可愛い顔とぱっくり口を拡げた卑猥なマンコが同時にフレームインしたところでカメラのピントを合わせてシャッターを切った。

彼女を再びフラッシュの光が包んだ。

しかし、その瞬間。

「きゃっ!!嫌だっ・・!!何してるの!?」

と彼女の声。

バレた。

何とか誤魔化そうと試みたが、知らぬ間に下半身裸にされた上にマンコを拡げられ、さらにはカメラまで向けられているのだから何を言っても話など通じるはずもない。

彼女は冷めた目で「警察に行く」

とだけ言い残すと、荷物を持ってすぐに部屋を飛び出してしまった。

僕は必死で彼女を追い掛けたが「気持ち悪いから近付かないで!」

と完全に変質者扱いされてしまった。

その時に僕を睨み付ける彼女の嫌悪感溢れる眼は未だに忘れる事が出来ない。

その後警察が来て逮捕されることも覚悟していたが、結局何も無かったので警察にまでは行かなかったのだと思う。

しかし、その事がきっかけで彼女とは終わってしまった。

そのとき撮影した写真は、もしもの時の為にクラウド上にバックアップしてあったのでデータは健在だ。

そして今でも時々写真の彼女で自慰に耽っている。

あの時薬でも盛ってやればもっといいのが撮れたと思うと非常に心残りだ。

添付の写真はイメージです。

コメントを残す