エッチ体験談 12,000話 突破!!

ジャンボTR田がやってくる??

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「ジャンボTR田がやってくる??」。

高校生の頃の実話です
あまりいやらしい話ではないので期待薄で御願いします
高校生の頃、もう今から45年前
高校から自宅に帰る途中にある本屋さんの主催で「ジャンボTR田がやってくる!」というポスターを発見した。

当時、全日本プロレスのファンだったし、ジャンボTR田は女性にも大人気のスターだった。
なので、こんな大スターが市内から離れた場所に来るの??と疑心暗鬼ではあった。
その主催した本屋は、自社ビルの1階に入居しており、その上の2階が空き室になっているようで、そこでイベントをやるそうだ。
会場のスペースは本屋と同じなら、テニスコートくらいだと思う。

さて当日会場に着いた。
開始は確か5時の予定だったと思う。
1時間前の4時に着き、会場に入った、そして度肝を抜かれた!!
会場の中は、溢れるばかりの女子K生、女子K生、女子K生!
女子K生が会場内で渦を巻いている。

みんなが1か所に停まっているのではなく、海の中の大波に揉まれてるかの如く、絶え間なく女子K生のウネリが押し寄せては下がり、の繰り返し。
女子K生たちは、動くたびに「きゃーー」「ぎゃ~^^」と笑いながら悲鳴を上げてウゴメイていた。
そう、その女子K生達は、直ぐ近くにあるY女子高校の生徒だった。
そりゃそうだ!アイドル並みの人気のジャンボTR田を目の前で見れるのだから、女子K生が黙ってる訳がないか~
俺は、その女だらけの渦の中に身を任せた。

もう嬉し大変。
ナニもしてないのに、女の身体の波で前後左右に揺られる揺られる。
童貞高校生にはそれだけでも、相当なおかずだ。
勝手に女の方から身体を寄せてくる。
俺はナニもしていない、ただ波に身を任せてるだけ。
一切悪い事はしていない、なのに、なんだ?この快感は・・・・

うねりのタイミングで女子K生の身体を触るタイミングを会得した
前に居る女子K生のお尻をムンズと掴んでも、すぐに波でいなくなるのでナニが起きたのか、相手は気づかない。
もう、お尻や股間部分も触り放題、オッパイもなんでもOK
もう俺の股間は腫れあがり、ヌルヌルしてパンツが冷たくなっている。

あるとき、向かい合った可愛い子のオッパイを両手で揉んだら、睨まれたのでサッと放したら、ニヤニヤしながら視界から消えていった。
また5分ほどしたら、さっきの可愛い子が俺の身体の前に来た。
俺はちょっとビビッて、身体を離そうとした。
すると彼女は俺にベタっとくっついてきて「触ればいいっしょ」と言ってきた。
なに?触ってもOKなのか?俺は右手でみぎのおっぱいを左手は尻の肉をムンズと掴んで、硬直したちんぽに股間を押し付けた。その瞬間に大波が来て、彼女とバラバラになってしまった。

予定の5時過ぎてもジャンボTR田は現れない。
俺は、それはそれで全然良かったよ、当然、ずっと身体を触り放題だから、
ずーっと来ないまま6時を過ぎた頃、入り口から「ウォ~~~!」と太い声が!
それはジャンボTR田!!ではなく。。。ザ・デストロイヤーだった!
それでも女子高性はキャ~~と大騒ぎで喜んでた。
僅か5分だけステージに居て、デストロイヤーは消えていった。。。
女子K生たちと俺は満足して?本屋の2階を後にした。

コメントを残す