エッチ体験談 12,000話 突破!!

リモート?ノーリモート

雷武さんから投稿頂いた「リモート?ノーリモート」。

俺は大学2年
可憐という女がいた
最近始めたネットを使った仲間内でのリモートでの交流にハマっていた

ある日、俺と仲間4人で話をしてたら、可憐が構って構って攻撃してきた
俺はカメラに映らないように可憐を脱がし、その場でハメてやった
『どうした?何か変な動きだな』
と仲間の1人が気付いて言った
「ああ、ちょっとセックスしてるんだ」
「ちょっと、言わないで」
俺が堂々と言うと、可憐が赤くなって抗議してきた
『マジかよー』
『可愛い女かー?』
仲間の興味はそっちに移った模様
「見たいか?見せてやろうか?」
「ちょっ、やだ!」
俺が可憐を持ち上げてカメラに映した
『おー』
『すげー』
後で聞いたら顔だけじゃなくオッパイも映っていたようだ
俺はピストンを速めて音もよく聞こえるようにした
パンパンパンと派手に仲間のモニターに流れる
「やめて、恥ずかしい!」
可憐は逃げたいようだったが、気持ち良さに力が入らなくてとろけている
『なあ、直接みていい?』
仲間の1人が言ってきた
「ん?ウチに来るのか?いいぜ」
「や、だ、やめ、て」
『お、俺もいい?』
「いいよ、見たいやつ全員来いよ」
仲間は同じ公立校の元クラスメートで比較的ウチに近い奴等なのでかかっても30分の奴ばかりだ
次々と仲間の通信が途絶え、こっちに来るのがよくわかる
一番早かったのは5分で来た
可憐は四つん這いで俺にバックからハメられてる状態で仲間が入ってきた時、オッパイとケツが見放題状態だった
慌てて腕でオッパイを隠す可憐
続々と仲間が入ってきて全員集合(ドアの鍵はかけてなかったのでいちいち出迎えてない)
「もうやだー帰る!」と可憐が泣き出し、服に手を伸ばそうとしたので俺は可憐を羽交い締め状態で持ち上げ、足を全開にさせた
オッパイもマンコも丸見え
仲間が至近距離でジロジロと視姦
「な、なあ、味見してもいいか?」
仲間の1人がオッパイに手を伸ばしてきた
「んー、全然構わないぜ」
「ちょっと!もうやめて!もう無理!別れる!」
可憐がとうとう怒りだした
「聞いたかー?別れるってよ」
俺がニヤニヤしながら言うと可憐がさーっと青ざめた
別れるってことは仲間がこれからするとこを止める人間が居なくなるってことを察したのだ
俺が手を離すと速攻で仲間達が可憐に群がった
俺の部屋で始まる輪姦
もう他人事のように、俺は別の女に電話を掛けた
「もしもしー、郁か?俺、フリーになっちまったよ」
『えー?マジー?じゃ私と付き合うー?』
「おー、マジーマジー、あさっての日曜、鬼滅見たいって言ってたの行かね?」
『行きたい!じゃ約束ね!』
電話を切ると、可憐を回している仲間に声をかけた
「腹へったからコンビニ行ってくるわ、あんまり汚すなよ」
既に愛液やら精液で汚れ放題になってる
「掃除はしとくよ」
その後日曜に映画見て、ホテルで即ハメしたのは言うまでもない

コメントを残す