エッチ体験談 12,000話 突破!!

職場の熟女③

盛んなシニアさんから投稿頂いた「職場の熟女③」。

今回で職場の熟女として3回目の投稿です。
今回は職場で共謀して同じ日に休みを取りました。
職場では単なる同僚として接しており周りから見ても二人の関係は分からないようにしています。

この様な時期なので群馬県のマイナーな温泉場に行くこととしました。
今回は機会があれば縛ってみようと思い縄を準備し他にも浣腸や他の責具もコッソリ用意して出掛けました。
車の中では最初は他愛のない事を話していたが少しづつ話題を変え手を握り肩を引き寄せ信号待ちの間にキスをしたり服の上からオッパイを揉んだりして彼女を昂ぶらせようとして彼女の秘部に触れようとすると激しく抵抗され運転も有るのでこの時は軽い戯れ程度で湖の畔の景色のいい所で一休み。

改めて肩を抱いてキス。今度は情熱的にお互いに舌を絡ませて長くキスをしながら秘部に手を触れると既に濡れ濡れの状態で少し手で刺激すると気持ち良さそうにしていましたが人影が見えると慌てて離れ服装を直してしまいました。
少しからかう様に「見せて上げれば良いのに」と言ううと「絶対に嫌」とハッキリと言われてしまいました。
彼女は常識的な生き方をしていて非日常的な事はしないのかな?と思いました。

これじゃ準備した物の出番は無いかな!
こんな事考えているうちに宿に着きチェックイン。
今日は我々しかいないとの事。
風呂も男性用しかオープンして無いので適当にとのことです。
と言うことで二人で仲良く入浴。
誰もいないのに恥ずかしいと言う彼女を追い立てて広い大浴場に入り疲れを癒す。少しして悪戯心を思い彼女の秘部の毛を剃る提案をしたが却下。
で無理矢理しようとすると渋々承諾。

石鹸を塗ろうと手を触れると既にヌルヌルの感触がする。どうやら期待していたようです。
これじゃと思い部屋に帰り縛らせてと提案すると又しても却下。その頃から彼女の目付きが変わり急に私が縛って上げると反対に言われ、同時に彼女の態度が上から目線の話し方に変わり縄を出す様に言われ取り上げられた。

彼女の言うのには今迄は普通の熟女で通そうとしたが私が縛ると口走ったため彼女の本性が出て来たようで彼女は真性のS女の様です。普通の人には本性を出すと皆逃げてしまうが貴方はどうするの?
返事を躊躇しているといきなりビンタされて貴方は躊躇するくらいだから大丈夫、私の奴隷になりなさいと言い渡され、全裸になる様に言い渡され全裸に成ると完全勃起しておりヒクヒクしているではないか!

俺は何を期待しているんだ!
今迄自分はこの様な思いを抱いたことはない。
なのに???
彼女いわく「貴方は最初から奴隷のオーラが出ていたがその気が無ければ何もしないで男女の関係で通そうとしたが今日縛ると言ったんでそれじゃ奴隷に教育しようと思い実行した」とのことでした。

私は責められて興奮するのか?
「そんなバカな」
私は彼女を調教しようとしたのに。
こんな事を思い身動きせず居たら「何考えてるの、大きくしたまま」との言葉と同時にビンタされて益々硬く勃起し先走り汁が次々滴って足を濡らし始めた。

「私を調教するなんて貴方には無理よ」と言われ手にした縄で股間を玉と竿に分けて厳しく縛られその縄を股を通して後ろに回され両手を縛られてしまった。
何と手際のいい事。
両手を縛られて身動き取れなくなったところで更に縄を使い亀甲縛りにされ、乳首を刺激されゾクゾクとした初めての感覚を覚え益々スケベ汁が溢れて畳にまで滴る。
「ほらお前には十分マゾの素質があるんだよ」とついにお前呼ばわりにされてしまう。
ほらお前が準備した物を見せてみな!
浣腸、バイブ、アナルバイブも有るじゃない。

こんな物を私に使おうとしたの?
又してもビンタされビンタされるたびに勃起したものが痛いほどにヒクヒクして汁を滴らせ恥ずかしい姿をさらけ出し下を向いてしまう。
「お前はこの場でマゾに目覚め私の奴隷として過ごすのよ!」と言われ、奴隷の誓いをさせられ、彼女の事をk女王様と呼ぶ様に命令される。
然しながら今迄自分はリードする立場だったので中々その立場になれずいると連続でビンタされて頭の中から思考力が消える。

思わず「k女王様お許し下さい」とひざまずき言ってしまった。堕ちた瞬間だった。
このあとは朝迄休まず責められて最後はk女王様を舌とチンコで満足する迄ご奉仕させていただき、精液混じりの聖水を頂き今後の調教の約束をさせられ奴隷の証として頭以外の全身の毛を剃って頂き今回の旅行を終了しました。
長文失礼。どんでん返しの展開になりました。

コメントを残す