エッチ体験談 12,000話 突破!!

嫁が非処女だったら過去を想像してみるといい

隼野さんから投稿頂いた「嫁が非処女だったら過去を想像してみるといい」。

女は、処女を捧げた最初の男を忘れることは永遠にない。
男も、初めて経験した女を忘れない。
だから、娘が進学した高校で、俺の高校時代の初カノと再会した時、26年ぶりだというのにお互い一目でわかった。

大学時代に付き合った女は、初カノ同様に女子高生にしか処女がいなかった。
女子大生やOLはみんな非処女で、最初からアッハ~ン、ウッフ~ンと喘いでた。
中にはオマンコのビラビラが真っ黒なOLもいた。
正直、心からは愛せなかった。
非処女だった女を嫁にもらったら、初彼を超えることはできないで人生を終えると思った。
だから俺は、大学出てすぐ、就職先で高卒のスレてない女を狙って仲良くなって、嫁にした。
短大や大学出た女の方が、化粧も着飾る術を心得ていて洗練されていて、嫁はというと地味だったが、不細工ではないし、純朴そうで可愛らしかった。
高校を出たばかりだから、身持ちが固いというか、警戒心が強いというか、嫁の処女を貰ったのは、交際して実に半年かかった。
でも、処女を貰ったら、嫁の方からベッタリになり、社内に関係がばれた。

もし、嫁が非処女だったら、旦那に向けて起こす行動は、元彼との行為をなぞっているだけに過ぎないのだ。
男というのはこうすれば喜び、こうすれば気持ち良がると、非処女嫁が元彼たちとの経験で学習したものを旦那に対して繰り出しているのだ。

嫁が非処女だったら、元彼たちと必ずしていることがあるから想像してみるといい。
元彼たちに乳をもまれ、乳首吸われ、マンコ舐められ、そして元彼たちのチンポしゃぶって、元彼たちの気持ちよさげな様子を上目使いで見ている若い頃の嫁を想像してみな。
元彼たちのチンポが、若かりし嫁のマンコにぶち込まれて、グチャグチャと愛液の音を立てながらかき回されて、色んな体位で卑猥な格好にされて喘いでいる若い頃の嫁の姿を想像してみな。 今日は大丈夫な日なんて言って、マンコの中に元彼ザーメンぶちまけられ、若い頃のまだピンクだった嫁のマンコから垂れてくるザーメンを想像してみな。
それが、旦那が出会うよりも若く幼かった嫁の、過去の姿なのだ。

マンコにチンポを入れられた元彼がいたということは、紙切れ一枚出していないだけで、過去に結婚していたに等しいのだ。
ヤッてることは夫婦と同じなのだから、元彼の人数は、バツの数と等しい。
そのことに気づいている旦那はたくさんいるだろう。
でも結局は、俺は嫁の最後の男になれたんだなんて言い訳するんだ。
そして、何人かの元彼たちと比較して、嫁は自分を選んだと納得し、元彼たちのチンポをしゃぶった口とキスして、元彼たちのチンポに使い古されたマンコをクンニするんだ。

1 COMMENT

コメントを残す