エッチ体験談 12,000話 突破!!

元セフレだった可愛い嫁との思い出話

ダンナさんから投稿頂いた「元セフレだった可愛い嫁との思い出話」。

俺、若い頃はサカリが付きすぎてて、毎日女とヤラないと寝られなかった。
だから、彼女がいても必ずセフレが数人いた。

大学3年の頃、女子K生と付き合ってたんだが、女子K生はお泊りができないので二人で朝を迎えることができず、夜、女の肌が恋しくて、割り切ったセフレを作ったことが始まり。
それ以降、誰かしら女を抱かないと寂しくていられなくなった。

嫁は、俺が28歳の時のセフレ。
当時、約1年付き合った24歳の巻き髪ロングのお色気彼女がいたんだが、当時、短大出たての21歳の可愛い生保レディだった嫁が枕営業かけてきたので、保険契約してセフレにした。
俺に枕営業かけてくるくらいだから、他にもヤッてるだろうと聞きだすと、可愛い顔して、したたかで効率的にヤッてた。

経営者の50代オヤジや60代ジジイ数人に枕仕掛けて、社員を照会してもらってた。
60代のジジイはフニャチンだから、マンコ見せ見せしながら、扱いて抜いてたんだと。
50代のオヤジには、ネチッこいセックスをされたらしい。
中年オヤジに体中しつこく丁寧に舐められて、四つん這いにされてクンニで逝かされたんだと。
他のオヤジには、セーラー服着せられて、M字開脚の体勢でじっくりとマンコ観察されて言葉責め、クンニもされていないのに濡れちまったとさ。
その後、中年チンポでネットリと抱かれて、若くして逝くことを覚えたらしい。
で、不思議に思ったから訊いてみた。
「何で俺は若いのに、枕仕掛けたの?」
「好みの男だったから。おかげでセフレになれたし。」
だとさ。
俺も、ロリ顔が可愛いから嫁をセフレにしてたんだけどね。

そんでもって、俺が付き合ってた彼女と2年で破局したとき、
「私が彼女になったげようか?そうしたら、枕止めるよ。」
って言ってきて、
ちょっと若いかな~と思ったけど、可愛いから彼女にした。
セフレ期間が1年あったから、彼女期間1年、俺30歳、嫁23歳で結婚した。
いやあ、見た目完全い未成年顔だから、ロリコン扱いされたよ。
それまでの彼女は、みんな色っぽいセクシー系ばかりだったからなあ。

嫁って、短大時代に初体験した彼氏が唯一の元彼で、生保レディになってからは枕ばかりだったみたい。
俺を枕で誑かしてセフレになって、いつか彼女の座をと、虎視眈々と狙ってたんだって。
見事に引っかかった俺。
元彼1人で、その後、俺以外では枕でジジイの手コキと中年オヤジ相手に時々セックスするだけだったから、嫁のマンコは綺麗だったな。
セフレ時代、他人とセックスしてた嫁を抱いていたんだけど、嫁は俺に恋愛感情有りで、俺は無かったから寝取られている感は無かった。
結婚後も、嫁がセフレ時代に枕セックスを普通に話してたから、嫉妬はしなかったな。

新婚時代は、俺は三十路だったから早く子供が欲しかったけど、嫁はまだ23歳だったから、夫婦水入らずで乳繰り合ったり、遊びに行ったりしたいと言われ、2年間遊んだ。
セーラー服着てデートしたり、ハメ撮りしたり、しまむらのティーンズファッション着て旅行に行って、旅館で好奇の目で見られたり、面白かったなあ。

その可愛い嫁も、43歳の若さで死んじまったよ。
結婚して20年だった。
下の子が中学生になったときから、パートに出始めたんだ。
二人の子供が大学に行きたいっていうから、嫁、頑張ってた。
40過ぎても嫁は可愛い顔してたから、パート先で言い寄られてねえ。
「私ダンナがいるからって、何度も断ってるのに。しつこいのよ。」
って言ってたから、パート止めるように言ったんだけど止めないから、その言い寄ってくる男の会話を録音させようとレコーダー持たせたんだ。

丁度レコーダーを持たせたその日、パート先の倉庫で、嫁は犯されたんだ。
刃物突き付けられて、それでも俺以外の男に抱かれるのを拒んで、腹を刺されて失血死だった。
発見時の嫁は半裸で、擦り傷もあって服もパンティも破れてたから、相当抵抗したようだ。
犯人は、もみ合っているうちに刺さったと殺意を否定したけど、レコーダーに、嫁が襲われて抵抗する音、男を罵倒する声、そして、
「このアマァ、ぶっ殺してやりるっ!」
と言う声が入ってて、その後嫁が差された様子が丸わかりで、殺意認定。
挿された嫁の最後の言葉が、俺の名を口にしたあと、
「愛してる・・・さようなら・・・」
だったんだ。
俺、号泣したよ。

今年、嫁の三回忌があった。
俺はもう52歳だから、再婚する気はないんだけど、嫁の従妹が5年前に旦那をガンで亡くしてて、
まだ中学生の子供がいて経済的に大変だからと、再婚を打診されたんだ。
俺は、再婚の条件として、お互い、死んだあとは俺は嫁と同じ墓に、嫁の従姉は亡くなったダンナの墓に入ることを求めた。
それで、先月、嫁の墓に手を合わせて、
「暫しの間、お前の従妹と暮らすよ。大丈夫だ。仮初めの夫婦だ。死んだらお前の元に行くよ。マンコ洗って待ってろよ。」
そう言って嫁に報告してから、婚姻届けを出したよ。

先月から、嫁の従妹と一緒に暮らしてる。
嫁の3歳年下だから、今、42歳なんだけど、どことなく嫁に似てる時があって辛い。
俺の上の娘は今年から大学生で東京に出て、下の息子は高1、新嫁の娘は中2だ。
俺の息子、新しい妹を可愛がるのは良いけど、お年頃だから変な事しなければいいなとヒヤヒヤもんだぜ。
因みに、新嫁とのセックスは、声が嫁に似ててメッチャ辛い。
まだ俺とヤルのが恥ずかしいようで、特にクンニは恥ずかしがる。
顔を真っ赤にしながら、
「妻ですから、どうぞ。」
って言ってから股開くから、ヤリづれえ。
亡くなった前のダンナに操を立てられてもなあ・・・
マンコの具合は中々だが、やっぱり、嫁の時のような阿吽の呼吸がないから、まだセフレとヤッてるみたいだよ。
まあ、元々知らない仲じゃないし、そのうちもっと仲良くなれるかもしれないしな。
新しい嫁をもらったから、まだ忘れないうちに、死んじまった嫁の思い出を綴ってみたよ。

9 COMMENTS

匿名

こういうレスが、投稿者のやる気を削ぐんだよ。
こっちはいい話を読みたいんだから、クソレスはやめてほしいね。

返信する
匿名

↑クソが
重箱の隅つついて優越感か?
泣ける良い話じゃねえか。

返信する

コメントを残す