エッチ体験談 12,000話 突破!!

過去は隠して

摩耶さんから投稿頂いた「過去は隠して」。

私の部屋のベットの片隅に小さな箱が隠すように置いてあります。
2人の娘に開けられないように鍵もつけて。

中には数個の恥ずかしいオモチャとメモリーカードが数枚です。

現在、私はバツイチの35歳です。
7年前に離婚しました。
離婚の原因は私にあります。
職場の上司と関係を持ったからです。
旦那に不満があった訳ではなかったのですが
飲み会の後に誘われ関係を持ちました。
上司も既婚者でした。
関係は2年近く続きましたが
旦那や上司の家族に知られる事になり
終わりを迎えたのです。

上司との2年間に私は様々な体験をさせられたのです。
箱の中のオモチャも上司に買ってもらった物でした。
メモリーカードには私の過去の体験が残ってるのです。
上司は私を縛ったり他人に抱かせたりするのが
好きでした。
付き合い始めの頃は私は縛られオモチャで徹底的に責め続けられました。
今まで優しいエッチしか知らなかったけど
上司の責めに私は自分のM性を知りました。

虐めてもらう事に喜びを知った頃
初めて他人を連れて来られました。
「君が痴漢されるのを見たいんだ」
上司が時々言うようになりました。
この頃の私は上司が求めるなら
断ることはありえません。
上司のことを愛してたのもありますが
初めて知ったM性にのめり込んでいたんだと
思います。

会社の飲み会だと家族に嘘をついて上司と
会った夜でした。
初めて痴漢されに行きました。
ある公園に上司に連れて行かれました。
その公園は河川敷にありました。
「あの橋桁の所で1人で立ってるんだよ」
言われた通りに橋桁まで行き立って
痴漢男を待ってました。
少し離れて上司は私を見てましたが
カップルらしい人影やウォーキングの人達が
時々近くを通ったりするので
少しの物音でも緊張から
ビクッと驚いてました。
気づかないうちに上司が男性と話てるのが
見てました。
その男性は私に近寄ってきたので
この人が痴漢男なんだと思いました。
痴漢男は無言で私の背後から胸を揉んできたのです。
カップルらしい人影からは離れてるとはいえ
街灯の灯りの下での行為なので見えてるはずです。
恥ずかしくて辛いのに痴漢男に胸をさらけだされ虐められました。
上司も近くに来ると無言で撮影を始めたのです。
私は野外で胸をさらけ出されタイトスカートも
腰の辺りまでズリ上がってしまってるので
ストッキングを履いてるとはいえ
恥ずかしさでたまりませんでした。
痴漢男の指がストッキングの中に忍び込んで
パンティの中にまでも入りクリを擦りました。
そのまま痴漢男の指で私は絶頂を迎えました。
立っていられなくなった私は土手に座ると
痴漢男は自分のイチモツを出して
私に握りらせました。
どうしていいのか困ってると上司から
「舐めてあげて」
と言われて迷ったけど口で逝かせてあげました。
その時から他人を呼ばれることが
増えたのです。
痴漢だけでなくレイププレイで本番までも。
3Pも数回しました。

上司とは別れ離婚しても
あの頃の体験が忘れられないのです。
離婚後に2人と付き合ったのですが
長続きしません。
ハッキリ言って物足りないのです。
虐められたいのに優しい人ばかり。
たがらと言って私から虐めてとも
言えなくて自分を隠してました。
仕方がなく自分で上司にもらったオモチャで
するしかありません。

1ヶ月ほど前から私が気になってた
お客様に声を掛けられ食事などに
行くようになり告られました。
また自分を隠して付き合っても
ダメになると思い悩みました。
私は思い切って自宅から箱を持って
彼に見せ全てを明かしました。
これでダメなら諦めるしかないと。
私の過去の動画を見て彼が言いました。
「こんなにエロい人には見えなかった。」
と結局ダメでした。
やっぱり隠して行くしかないのかも知れないですね。

コメントを残す