エッチ体験談 12,000話 突破!!

古希祝い

たけしさんから投稿頂いた「古希祝い」。

父が60才になったとき還暦祝いをしようかという話が出たが今どき還暦祝いなどする人はいないといって断られた。
今年は父が70才になる。古希の祝いをしようと言うことになった。
父母と僕等夫婦と弟夫婦と6人で温泉に行った。

夕食後カラオケをしたりしてそれぞれの部屋に入った。
しばらくしてスマホがないことに気付いた。
考えてみたらさっき両親の部屋で使ったのでそこにおいてきたなかん、と思って取りに行った。
部屋に入ろうとしたら変な声がする。

そっと少し戸を開けて覗いて見て驚いた。
浴衣姿の父と母が抱き合ってキスをしていた。
舌をからめ、むさぼり合ってディープキスをしている。
70才の父と62才の母がだ。僕はそのまま見ていた。
やがて父は母を押し倒して母の胸をはだけて乳房に口をつけた。

乳首を吸った。62才の母の胸は意外に大きかった。
父は母の浴衣を脱がせて下着も全部脱がせた。
母の身体の若々しさに驚いた。小太りの身体は弾力的だ。
父が母の股間に行って母の両足を押し広げて母の股間に口をつけた。あそこを舐めたり吸ったりした。

母がのけぞって小さな声を上げた。
父は自分も全裸になった。驚いた。父の股間の立派さ。
70才の古希の父の股間のものは真っ直ぐそそり立っていた。
それを母のあそこにぐいと入れた。奥まで入った。

母は声を上げて胸を反らせた。父が動いた。
母は目をとじて苦悶の表情、ハアハアと喘ぎだした。
父の動きが一段と早くなって止まった。

母が小さな声を上げて父を抱きしめたあとぐったりした。
僕は自分の部屋に逃げ帰った。

コメントを残す