エッチ体験談 12,000話 突破!!

嫁が官能的にエロいのはバツイチ元彼にじっくり仕込まれたからと知った

年上夫さんから投稿頂いた「嫁が官能的にエロいのはバツイチ元彼にじっくり仕込まれたからと知った」。

結婚して7年の嫁は8歳年下の32歳、身長161㎝で、スリーサイズは上から88-60-87とかなりいい身体をしている。
お顔はブスではないけれど、何となく尼神インター誠子に似ているあたりが残念。
そんな嫁と初めてヤッたのは9年前、嫁は大学出て1年目のOLだった。

俺はイケメンじゃないからモテるわけでもなく、ヤラせてくれる女なら誰でもいい感じのいい加減な男だった。
三十路になってもまとっもに恋愛せず、バイト娘やパート人妻など、手切れしやすい女と割り切った関係を続けていた。
そこに言い寄ってきたのが嫁だった。
嫁の顔は、ブスではないんだけど、可愛いとは言い難い微妙な感じだった。
でも、俺はオンアに言い寄られたのは初めてで嬉しくて、嫁と付き合い始めた。
OLだから手切れし難かったのに付き合った以上、恋人として扱った。

31歳の俺と23歳の嫁が、ラブホにイン。
顔は微妙だったが、嫁の身体はナイスバディ!、ヤリたくなる身体だった。
マンコも綺麗だったし、美人ではないから、男の味はそれほど知らないかな?と思ったが、フェラは引くほど絶品だった。
入れればその腰使いは人妻並み、性行為への取り組み方が能動的で、喘ぎは官能的だった。
とても23歳とは思えなかった。
一度抱いたら離れなくなった。
それに、生理が来るとフェラで抜いてくれるだけでなく、そのまま口内で射精させてくれて、しかもゴックンしてくれた。
どんな仕込みをされたんだよと思ったが、身体は最高だから、2年付き合って結婚した。

結婚したら、官能的な反応は更に遠慮なくなって、まるで四十し頃の熟女並みになった。
そんな嫁を見てたら、俺は、嫁が何人の男に抱かれたのか、どんな男にこれほどの官能を仕込まれたのか、気になりだした。
あのフェラは、他の男のチンポを何度もしゃぶって精液ゴックンしないと会得できないと思った。
きっと、大学時代に嫁は、若い大学生の凄まじい性欲の捌け口だったのではないかと思った。
嫁はいろんな男の勃起したチンポを握りながら、舌を絡ませたのだろう。
自分が大学生だった頃を思い出せば、嫁の女子大生の頃の性態は想像に容易かった。
女子大生だった嫁と大学生だった元彼達は、一晩に何回もヤリまくっていたんだろう。
相手は彼氏だけじゃないかもしれないしな。

そんなことを思いながら、先日、子供らが寝た後に酔っぱらって嫁にしつこく尋ねた。
「お前、処女じゃなかったけど、大学時代に何人とヤッたんだ?」
「・・・一人・・・本当に一人だけ・・・」
「経験人数一人で、あんなにエロく仕上がるかよ?」
「相手は・・・バツイチの講師・・・16歳年上の・・・私、モテなかったけど、大学3年の7月に・・・その、初めてを37歳のバツイチ講師に・・・その後は卒業するまで・・・」
まだ初々しかった嫁の美しいマン筋を拡げ、ピンクのクリを舐め上げ、まだ誰も進入したことのないマン穴に生チンポを受け入れた21歳の嫁・・・処女膜を破り、瑞々しいマン穴を赤く染めたバツイチチンポ・・・
16歳年上のバツイチ男に、エロい所作を仕込まれ、それが普通だと思うようになった嫁。
じっくり時間をかけて、16歳年上のバツイチ男にマンコを開発されていった嫁は、飛び切りエロい女に仕上がったわけだ。
それを知ったら、嫉妬で勃起が治まらなくなった。

2 COMMENTS

匿名

欲求不満の子宮が疼く
団地妻を調教して
XLサイズのぺニスで
生中出しでハメ倒した。
マンコの締まりが良く
勃起したぺニスで
1日中、楽しめた。

返信する

コメントを残す