エッチ体験談 12,000話 突破!!

嫁がアホすぎるので

新さんから投稿頂いた「嫁がアホすぎるので」。

俺は平凡な社会人で30
嫁が17の時にデキ婚して現在25歳
デキ婚だけど、妊娠8か月で流産してしまい、子供はまだいない
俺はある日同僚を二人自宅に招いた

俺達三人は自宅に入る前に既に出来上がっていて、嫁がアテを用意する間に冷蔵庫からビールを運びだし、三人で飲んでいた
そしてアテを運んできた嫁を見て俺は思わずビールを吹き出した
嫁は裸エプロンで登場したからだ
「お、おおおおお前なんつーカッコーしてんだよ!」
「えー?接待よ接待、お給料が少しでも上がるように」
アホか、同じ総務課の同僚をエロ接待してなんで給料が上がるんだよ
前からアホだとは思ってたがここまでとは

俺は額に手を当て深くため息をついた
「どしたの?飲みすぎで気分悪い?」
嫁はそこまで思考が回らないアホなので俺が気分悪いと思っている
一方、同僚二人はエプロンが小さくて片方の乳首が横にはみ出て見えてるのを凝視している
なんといってもまだ25歳の若い体だ
おいしそうに見えてたまらないんだろう

そこで俺はあることを思い付いた
しばらく同僚は飲んでいて、飲み終わり、帰っていくと嫁にこう言った
「給料上がってほしいか?」
「もちろん!ペット可能ってマンションに引っ越しして犬飼いたいのー」
「じゃあ、また人を連れてくるから、カッコだけじゃなく、ヤらせてやれよ」
「ヤらせてあげれば給料上がるの?」
嫁はすっかり乗り気で舞い上がっている

俺は次の日から準備を始めた。相手方の都合を合わせるのに2ヶ月かかったが、自宅に呼ぶのに成功した
相手は自分の上司である総務課の課長と経理課課長と人事部の部長だ
特に人事部部長の都合を合わすのに一番手間がかかった
三人の相手をしろと前もって嫁には言ってある
三人を連れ自宅へと
自宅で嫁が出迎え、食べたこともないような豪勢なすき焼きを振る舞い、お酒を出した

いくらかお酒が回ったあたりで嫁が全裸で登場
「じゃあ、隣で待ってますので」
と、隣の部屋にそのまま消えた
「俺からいいかな?」
と部長が襖を開け、隣の部屋に消えた
少しすると嫁のあえぎ声が聞こえてくる

なかなか戻ってこない部長。半分以下の年齢の嫁の体にのめり込んでいるのだろう
酒を飲みながらそわそわする両課長
しばらくして部長が戻ってきた
「なあ、後でもう一回いいかな?」
部長がまだ足りないとばかりに俺に言ってきた
「もちろんです!何回でもどうぞ」
俺はすかさず返した
もう待ちきれんとばかりに課長二人が二人一緒に隣に入っていった

さっきより大きくあえぎ声が聞こえてきて、だんだん我慢できなくなった部長が、「お、俺も一緒に」
と、部長まで隣に入っていった
ひとり残された俺はめったに口にできない高級肉を味わった
それからというもの、部長は週に2回くらいウチに来たし、両課長も月一くらいでやって来てた
そしてそれから俺の給料明細には謎のボーナスが付いていたし、部長からは毎月、内緒のお金を頂いた(嫁にも内緒)

3 COMMENTS

雅雄

部下の社員の嫁さんの話じゃないけど、下請け会社の女性社員を上司のつきそいで一緒に犯したことある
泣きながら中出しだけはやめてほしいと懇願されてゴム付きでヤらせてもらった

返信する
バオー包囲者

俺も似たような体験ある。同僚と4人で回したんだけどゴム付きだと安心させておいて、針でこっそり穴を開けておいたw

返信する

コメントを残す