エッチ体験談 12,000話 突破!!

ママとお姉ちゃんの肛門

肛門好きな弟さんから投稿頂いた「ママとお姉ちゃんの肛門」。

僕は肛門が大好き。

匂いを嗅ぐのも舐めるのも大好きだし、指を入れたりチンコを入れるのも大好き。

最初はお姉ちゃんにお願いして肛門を舐めさせてもらった。

トイレから出た後だったから匂いも強くて味も濃くて最高だった。

毎日お願いしてたら、いつからかお姉ちゃんの方から僕に肛門を舐めてと言ってくるようになった。

僕は肛門に舌を入れて中まで舐めたり、舌で届かない奥の方は指を入れてかき回して、抜いた指を舐める事にして楽しんでた。

だんだんお姉ちゃんの肛門が柔らかくなっていって、その内に指が3本以上入るようになった。

肛門を弄ってるだけでお姉ちゃんはマンコを濡らすようになった。

僕はマンコにチンコを擦り付けて汁を付け、肛門にチンコを入れた。

入り口がチンコを締め付けてくれるけど、中の方は意外とゆるゆるだった。

入り口にチンコの先を引っ掛けるように腰を振る。

何回かに一回は奥までチンコを入れる。

お姉ちゃんはマンコを自分で弄りながらオッパイも揉んでる。

結構長い時間腰を振り続けて、最後は中で射精した。

射精する少し前に肛門がギュッとチンコを締め付けてきたから、お姉ちゃんも肛門でイッタみたい。

精子を出し切ってチンコを抜いたら、チンコにお姉ちゃんのウンチと腸液がべったり付いてて興奮した。

僕は拭くのが勿体なくて、そのままパンツを履いて寝た。

朝起きてチンコからお姉ちゃんのウンチの匂いがして幸せな気持ちになれた。

洗面所で軽くチンコを洗ってたらママに見られた。

お姉ちゃんと肛門でSEXした事を言ったら、避妊具を着けなさいと言われた。

病気の予防の為に。

その日の夜、ママのベッドに夜這いに行った。

パジャマとパンツを脱がせて肛門を舐める。

お姉ちゃんと少し違う匂いと味だ。

マンコも軽く弄って濡らしたら、汁をチンコに付けて肛門に入れた。

かなり硬かったけど何とか入った。

でもママが起きちゃって大変だった。

無理矢理SEXを続けたら慣れてきたのか、ママの抵抗がなくなった。

射精する頃にはママも気持ち良さそうな声を出してた。

中で射精したら喜んでくれて、しばらく抱きしめられてキスされ続けた。

舌が入って来て僕の口の中でウネウネ動いて気持ち良かった。

それからはお姉ちゃんとママと僕の3人で肛門でSEXするようになった。

たまにどちらかと二人きりでする時もある。

二人とも肛門でSEXする事にハマったみたいで、僕からお願いしなくても自分から強請ってくるようになった。

僕のチンコはママとお姉ちゃんの匂いが染み付いて、洗っても匂いが取れなくなって嬉しい。

コメントを残す