エッチ体験談 12,000話 突破!!

主人の浮気に気付いて

ももかさんから投稿頂いた「主人の浮気に気付いて」。

あなた。ごめんなさい。
あなたは気がついてないけど今から1年前勝手スマホを見てしまってあなたが浮気してるのを知ってしまったの。

まだ新婚なのに私を裏切ってたんだね。相手の女性は会社の人だよね。私より歳上だよね。

彼女との淫らな画像が沢山あって絶句してしまったの。

スマホを勝手に見てしまった罪悪感からあなたを責められなかったの。
あなたの前では平静を装ってたけど内心は崩壊寸前だったわ。

『もう。どうなってもいい。』
死ぬことも考えたの。でもね。死ぬ事は出来なかったわ。考えて出した答えは私も淫らに無茶苦茶にされようと決めたの。

ネットで検索するとね女性が自ら犯されることを募集してるサイトを見つけたの。迷ったけどあなたが浮気してる事を考えると気が狂いそうだったの。
私も他人に汚されれば少しは楽になれると思ったの。だから応募してしまった。

どこかのSMクラブを経営している方が運営してると聞いたよ。
秘密厳守だと聞き無茶苦茶にされたいと思いながらも『ほっと』しちゃた。
それからメールで色々とやり取りしたの。
名前ももか身長158cm体重4?kg
年齢26歳。主婦。結婚2年。子供なし。
経験人3人。職業受付事務。

私の情報だけでなくて、あなたの事も少し聞かれたわ。
求められたから全身の画像も送ったよ。
顔にはモザイクしていいの聞いたのでしたけど。
希望のプレイ内容は聞かれたけど分からないからお任せにしたの。
『沢山の人に無茶苦茶にされたいだけです。』
これだけ答えたかな。

あなたが出張と言ってた日にね会う事になったの。出張なんて嘘なんでしょう?
あなたが彼女と嫌らしい事する日私は汚されてきたのよ。

犯される少し前の日に仕事の後
あるカフェでメール相手の主催者と名乗るKさんと待ち合わせしたのね。
Kさんは40歳ぐらいで少し恐い感じがしたけど話てみると優しい人だったよ。
私が本当に大丈夫なのか直接話たかったらしいよ。
『大切なお客さんを招待するからドタキャンされても困るからさ』とか言ってたよ。
私の気持ちが決まってるのを確認すると納得してくれたよ。

あなたが出張に行った日の夕方仕事かえりに先日Kさんに渡されたメモに書いてあったマンションへ行ってきたよ。
マンションの前で待ってくれたKさんに連れられ部屋へと入ったら部屋の奥から聞こえる話し声と靴が沢山脱ぎ捨てられてるのを見てこれから先どうなるのか不安に思ったけど迷いはなかったわ。

みんなの靴を揃えてるとKさんに先にシャワーをするように言われたの。
軽くシャワーを終え出るとバスローブとアイマスクをKさんに渡されたよ。
『今日のお客さんちょっぴり有名人だからアイマスクさせるけどごめんね。』
バスローブを着た私にKさんはアイマスクを付けてくれました。
視界を奪われた私はKさんに手を引かれて話し声のする部屋へ入りました。

部屋の話し声が一瞬止まりました。
『お待たせしました。26歳の人妻ももちゃんです。浮気が初めてだけど犯されたいと本日来てくれました。みなさん楽しんでください』
私の自己紹介をKさんがしました。
何も見えない私はただ立ってるだけだったけど誰かに手を引かれベットに座らされたの。
『ももちゃんて言うんだね。可愛い感じだね』
初めて聞く声で耳元で囁かれました。
『ももちゃん人妻なのに犯されたいの?』
また別の人の声がしました。緊張で黙ってたのね。すると怒られたちゃた。
『犯されたい!って言わないとダメだからね』
恥ずかしいけど私思い切って言ったわ。
『主人に浮気されたの。だから無茶苦茶に犯してください。』ってね。
『エッチな奥さんだね。ここの全員に犯されるといいよ!さぁ奥さんを快楽地獄へと落としてあげてください。』
おそらく声の主はKさんです。

突然立たされるとバスローブが脱がされたのてす。
顔も分からない人達の前で全裸にされたの。
『いゃっ』
思わず口にするとまた怒られたの。
『嫌じゃないだろ!犯されたいんだろ?罰を与えないとな』
誰かに後ろ手にされ胸の前から縛れました。立ったまま身体中を触られたよ。

いっぱいの手で触られるなんてもちろん初めてだから恐いけど気持ちよくなるのも早かったの。
感じてきたのを気付かれるとベットに倒されて色んな玩具も使われたの。
後から知ったけどマッサージ器を乳首やアソコに執拗に使われたの。
あなたは知ってるよね?私ってあまり逝けない女だったでしょうなのに初めて連続に逝かされたの。
口には誰のか分からないアソコを咥えさせられてね。そのまま犯されたんだよ。

結局ね6人いたらしく深夜遅くまで代わる代わる休む間もなく誰かに犯されたの。
生はNGにしてたのに途中からお願いされると許しちゃた。
だから私の身体の中に6人分の精液が注がれたの。
これで私も汚れたんだよ。これで、あなたと同じだよね。
一度切りにするつもりだったけどもう数回参加してしまった。
虐められたり犯されるのがたまらなくなったの。

見ず知らずの男性に犯されて感じてしまう妻になってしまったよ。
ある意味あなたが浮気しなければ知る事のなかった世界だけどね。
あなたが浮気を止めるまで続けるね。

2 COMMENTS

S

ももか、
何処が気持ち良かったのか?
何回やって何回いったのか?
コメントに書き込みなさい。

返信する
S

ももか、
淫乱人妻だろう。
ユルいマンコで
男を感じて
いるだろう。
罪悪感を感じても
性的欲求には勝てないだろう。
今日も男を思い出して
マンコを濡らしてるだろう。
正直に
沢山の男とセックスしたい。
と書けよ。

返信する

コメントを残す