エッチ体験談 13,000話 突破!!

失敗

失敗

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「失敗」。

私は当時50代、40代の主婦とblogで仲良くなった
エッチな事を話すグループに居て、住まいが俺の同郷なので話が盛り上がった。
彼女はせ意欲はあるけれど、旦那とはレスで、オナニーをしたことがないという。

何故かと言うと、オナニーの仕方が解らない、という。
こういう女性はかなり居る。
実に勿体ない。
或る日、彼女は昔住んでてて、今は空き家になっている家の様子を見に行くという。
若干の家財道具は置いたままだという。
俺は、「そこの家から、電話しておいでよ。そこでオナニーの仕方を誘導してあげるよ」と誘った。
彼女はノリノリで、その時は来た。
電話が鳴る。
「もしもし、こんにちは~」という声は、大人っぽくて色気を十分に感じる素敵な声。
俺「今は家の中のどこに居るの?」
A子「ソファーに座ってますよ~、ホントにするの?なんだか恥ずかしいワ~(#^^#)」
かなり照れてる様子が伝わってくる。
俺は、誘導し、彼女に利き手でオマンコを触る様に指示した。
指でクリトリスを縦になぞる様に触る様指示をする。
彼女は、「ン。。。ンンッ。。。。」と声を殺しながらも徐々に興奮していく。
声は「ン、、、ン、、、」から「アン~アン~~」に変化する。
俺「どう?濡れて来てるかい?」
A子「ハイ。。。凄い事になってます。。。。どうしましょう。。。」
そのまま少し早く指を動かすように指示を出す。
「アン、、アン」から「ハァハァ(*´ω`*)」になり、ボリュームも大きく鳴る。
オレも我慢出来なくなり、おちんぽを握っている。
A子「あ。。。ナニ?・・・ナニコレ。。。変よ。。。アアアアア~~~~~」
しばらく沈黙。。。「ゴメンなさい。。。これが逝くという事なのね」

彼女は、郵便局に勤務しているという。
郵便局の更衣室で着替えてるところの写メを送って来た。
鏡に写ってる全身の写真、黒いパンティとブラをして写ってる。
顔も綺麗だ、大人の女の雰囲気、身体はダイナマイトバディで胸がボーンと出ている。

俺の実家とA子の住まいは、電車でも5時間かかるのだが、彼女が俺の地元である、ドリカムのライブチケットをGETしたとの事。
しっかり2枚購入、是非俺と行きたいとの申し出あり!
当日は、ホテルに一緒に泊まる計画をたてた。
彼女に会う前から、彼女の肉体を想像してたら、即勃起してしまい、興奮が収まらない。

当時は俺は単身赴任していて、何人もの女性とメールのやりとりをしていて、貧乏暇なしだった。
そんな時、失敗してしまった。
彼女の苗字は聞いてたが、下の名前を聞いてないと思い、教えてとメールした。
A子「●●さん、以前に教えましたよね?色んな人とやりとりしてるから、忘れたんでしょう?」
図星であった!俺は、ゴメン~~と謝ったが、もう後の祭り。
「なんだか、熱が冷めてしまいました。。。もう無しかな?」と言われ、必死に引き下がったが、一度女の熱が冷めたら、もう駄目ね。。。(*_*;
その奥様とはそれっきりになりました。
未だ、その写メ持ってますので、顔を隠して投稿しますね!
くっそ~~~( `ー´)ノ苦い思い出です!

コメントを残す