最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

幼馴染と仕組んだM男調教計画2

タカヒロさんから投稿頂いた「幼馴染と仕組んだM男調教計画2」。

前回の罰ゲームから数日経った土曜日、幼馴染から私に話したい事があるから学校の廃校舎に来てくれと言われました。

私が学校に着くと既に幼馴染は来ており、私を見ると満面の笑みで走って来ました。私には後で説明するからと廃校舎の中に引っ張られました。

私が連れてこられたのは廃校舎内の倉庫でした。
その倉庫は色々な物が保管されていましたが、そこそこ広く、半分くらいは床が見えていました。また、窓も殆ど荷物で埋まっていましたが、隙間からの光や廊下側の曇りガラスからの光で結構明るかったのを覚えています。

倉庫に着くと幼馴染は、これからの私の調教計画について話し始め、要約すると途中で私が逃げないように契約を結び、ある程度のルールを決めるとの事でした。
私はこの話を聞いた瞬間から既にチンポは勃起状態でした。私の膨らんだ股間を見ると幼馴染も笑いながら私に紙を渡してきました。
そこにはボールペンで奴隷調教契約書と書かれていました。そこに書かれていた契約内容は以下の通りです。

一つ、調教を受ける際、どんな調教内容でも奴隷はそれを拒否してはならない。

一つ、調教中、奴隷は敬語で話し、主人をご主人様と呼ぶこと

一つ、主人の人数は増えても問題ない。

一つ、契約内容の変更と追加、契約の破棄は主人のみが行える。

一つ、上記の契約内容に違反した場合、罰を与える。

と、このように書かれていました。
幼馴染は下の空欄にサインをする前に契約を結ぶ覚悟を見せて欲しいと言い、今から私の命令をいくつか聞きなさいと私に言いました。

奴隷ならご主人様の前では裸にならなきゃと服を脱げと命令してきました。
私は興奮しながらも裸になると、幼馴染は手を頭の後ろで組んでガニ股で立てと言いました。
私がそうすると私のチンポを見ながら、結構タカヒロのチンコって小さめだよねと言い、そんなので奴隷になれるの?と私に聞いて来ました。

私はガニ股の状態で昔読んでいたエロ本の知識を使い、幼馴染に 「私は人前で裸になって興奮する変態です。私は変態なので犯罪を起こさないように調教をお願いします。また、私の身体をストレス解消や遊びにお使い下さい。」と宣言しました。
幼馴染は爆笑しており、よくそんな事がスラスラ言えるねと話すとタカヒロが犯罪をしないように私の奴隷にしてあげようと伝え、私は奴隷契約を結ぶ事になりました。

私は奴隷調教契約書にサインをすると幼馴染は靴下を脱ぎ、オナニーしながら足を舐めろと私に命令しました。私は片手でチンポを擦りながら、差し出された幼馴染の足を恐る恐る舐めました。

靴下を履いていたせいで汗をかいていたようで、少ししょっぱく感じました。しばらくの間夢中で舐めていると幼馴染は、30秒以内に射精しなさいと笑いながら言いました。私自身、もう限界だったので言われて5秒と経たずに達してしまいました。幼馴染は少し呆れたように、「はっやー」と言いました。

床に溢れた私の精液を見て、床に垂れた精液を舐めろと私に命令しました。いくらMな私でも流石に躊躇っているともし舐めたらご褒美をあげると言いました。

私自身、抵抗がかなりありましたが、ご褒美と聞くと少し気になりました。
どっちにしろ契約書のせいで命令には従わなくてはなりませんので意を決して床の精液を舐め取りました。口に入れると生臭さで吐きそうになったので慌てて飲みこみました。

幼馴染は手をパチパチ叩きながら、さすが奴隷と名乗るだけはあるねと褒められました。
じゃあご褒美にアンタの汚れたチンチンを私のおしっこであらってあげまーすと、服を脱ぎ始めました。

私自身、理解が遅れたのですが、そういえば私が持っていたエロ本にそう言った場面があったのを思い出し、多分何処かから仕入れた知識だなと思いました。
そんな事を考えているとあっという間に全裸になってしまいました。その身体は傷ひとつない綺麗な肌をしていましたが、さすがにまだ胸の膨らみは殆どありませんでした。

そして幼馴染の裸体を目前として私が思わず目を離せなくなったのは一本筋のおまんこです。そもそも学校の着替えでもおまんこは見た事無いので、耐性のない私は射精したばかりのチンポがフルボッキしてしまう程に興奮してしまいました。

そんな私を見て、幼馴染はアンタは奴隷で私にご奉仕しないといけないから多分これからも見る事になるよとからかうように言いました。私が固まっていると胸を軽く蹴られ、ほら今から洗うから座って股開いてと命令しました。

私が股を開くと私の上に来て、私のチンポにおしっこをかけ始めました。おしっこは温かく、臭いはそこまでしませんでした。おしっこを出し終わると幼馴染はさっさと服を着て、じゃあ後の掃除は宜しくと言い、契約書を持って帰ってしまいました。

私は掃除をしながら今後のことを考えると勃起が収まらず、1人でまたオナニーをしてから帰りました。

コメントを残す