エッチ体験談 12,000話 突破!!

初恋

TMさんから投稿頂いた「初恋」。

これは僕が小学5年生の時の話。僕達の小学校は人数が少なくて僕達のクラスは男子9人、女子5人合わせて14人と少なかった。女子の5人の中にやたらと発育のいい絢音(仮名)がいた。

(可愛い訳では無いが発育が良すぎて他の女子から触られまくられていた。)俺は恋愛の興味よりも性的欲求が勝り告白したらすんなりOKされた。最高学年になると絢音の発育もレベルアップ。周りからはヤリモクだろとか体目当てだろとか言われてそんな事ないとは言っていたがやっぱり周りはおみとうしだったらしい。(絢音は気づいていなかったので助かった)

ある日俺は思い切って絢音を家に招いた。そして自分の部屋でキスをしまくった。もちろん胸も軽く触ったが、裸体はお互い晒していない。中学も同じとこに進学して中1の時についに覚悟を決めたのか絢音の方からヤらないか?と誘われた。(この時絢音のバストサイズはCカップだと本人から聞かされていた。)

俺はついにこの時が来たと思い母親と姉に出かける予定はないかと聞き遠出の日に俺は家に残り完全な空間を作ることに成功したのでその日を絢音に伝えて遂に運命の日に!絢音は生理中ではなかったので入れても大丈夫といい下着姿になった。俺はまだ服を着ていたから、絢音のブラを取ろうとすると、〇〇(本名)も脱いでと言われ俺もパンツ一丁になった。

そして絢音のブラをとるとそこには大きな胸があった。そのままパンツもずらすと陰毛もふっさふさだった。絢音も俺のパンツをずらすと笑った。当然だ。ボキっているのにツルツルだったからだ。そんなことおわまいなく俺入れて濃密な時間を過ごした。その冬ヤった事がクラス中に知れ渡ってしまった為俺たちは別れた、、、

コメントを残す