最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

ああ、まじめな受験生を待つ羞恥のM検場

ぼくさんから投稿頂いた「ああ、まじめな受験生を待つ羞恥のM検場」。

まだ中学生とかわらぬ包茎が殆ど、包茎は環状溝が露出するまで剥きあげられる。 環状溝が露出するまでとは、捲れてるものも、もう一段剥きあげられるということだ。

一度も捲れたことが無い、しかも孤独な慰めに慰めの結果溜まったものが露わになる瞬間。

昭和30年代半ば位前までは、たとえどんなにいい成績をとっても、どんなに恥ずかしくとも、男子は総てこのM検を受けないと合格できなかった。

検査のやり方はそれぞれ異なり、東大は今武道館になっている七徳堂にて、集百人もがパンツを取り最初から素っ裸で7列に並んで検査の順番を待つ。

後ろのものは、前のものが素っ裸にされて恥ずかしい検査をされるのを見ながら順番を待つ。

剥くたびにツンとする恥垢の匂いや男の匂い・・自分ももうすぐあのようにされる・・なんて思うとたまらなくなってくるはず。

可哀そうに人前でパンツを脱ぐなんで、ちんぽこ出すなんて死ぬほど恥ずかしいお坊っちゃんでも、たとえ膨らんでしまっても順番が来たら容赦なく一人の例外なしに全員受ける。

「めくれていないと合格しないのでしょうか」とか「僕は3分の一くらいしか捲れていません。受験してもいいでしょうか」とか
京都府立医科大学、松山商大などでは昭和40年代でもM検が課されていた。

40年代の「平凡パンチ」によると、京都府立医科大学では入学時と卒業時にM検を行う。

勉強(とオナニ―)しか知らない大勢のまじめな受験生のM検では、一度も捲れたこともない包茎を捲り挙げると亀頭に恥垢がいっぱいで、しかも黴が生えていたそうだ。
まだ12,3の中学生とかわらぬ包茎が殆ど、包茎は環状溝が露出するまで剥きあげられる。

一度も捲れたことが無い、しかも孤独な慰めに慰めの結果溜まったものが露わになる瞬間。
昭和30年代半ば位前までは、男子は総てこの伝統的検査を受けないと、たとえどんなにいい成績をとっても合格できなかったのだからすごい。

検査のやり方はそれぞれ異なり、東大は今武道館になっている七徳堂にて、何百人もがパンツを取り、ソックスも取り、文字通り人権も無く、最初から素っ裸で7列に並んで検査の順番を待つのだから壮観。小さな受験票だけで隠すものもない。前かがみになって手の前で両手を組むようにして膨らんだものを隠すのがせいぜい。

後ろのものは、前のものが素っ裸にされて恥ずかしい検査をされるのを見ながら順番を待つ。剥かれるたびにツンとする恥垢の匂いや男の匂い・・人前でワンワンスタイルで肛門検査を待つ姿、それはまもなくくる次の自分の羞恥の姿だ、自分ももうすぐあのように・・ なんて思うとたまらなくなってくるはず・・

でも、 一人二人と減ってだんだん自分の順番が近ずく・・。前も、横も後ろも素っ裸、前に詰めると、半たちになったチンポが、前のもののお尻にくっつき、後ろに下がると、後ろのものの、チンポに触れてしまう。

東大でも昭和32年度(33年冬)、33年4月1日で廃止となり、実際33年の入試でオシマイとなった。

でも、かわいそうに昭和33年に受験した秀才たちは、寒い中、だだっ広い「七徳堂で」ソックス一枚まで身につけているもの総て脱いで、素っ裸のフリチンのブラブラで、性器・肛門の検査を受けるため、大勢のM検の列に並んで最後の順番を待ったのだ。

昭和30年代ずっと高校生の体格は低く、今の中学生くらいだった。身長も160センチ位だった。でも、高校生で、一クラスには大学生のような逞しい生徒がいる一方、小柄で中学生みたいに可愛い生徒もいた。
受験生には三浪とかの20歳を超える受験生もいる。浪人の中には女を知っているものもいただろうが、女も知らない、勉強とオナニーしか知らないまじめな現役の受験生がほとんどだったろう。

東大のM検場では、20歳を越えた髭もじゃの受験生がいる一方、まだ中学生みたいな肌も綺麗な現役受験生もいたことだろう。

すでに女を知っている、毛深い赤剥れの男のもの、毛も薄く肌も白く中学生のような汚れない朝顔の蕾・・そんな様々な受験生が、周り総て丸裸の中、人糸も纏うことを許されない霰もない総てを晒して、検査の順番を待つ、それはザンコクなものだったろう。

東京大学に限らず、大学入学では学科試験に合格したあと身体検査がある。東京大学では通称「M検」を行うことは受験雑誌「蛍雪時代」などの受験情報で知っていた。3月になって暖かくなった頃、本郷の七徳堂 (武道場) で受検した。毎年繰り広げられるM検場の羞恥、素っ裸の順番を待つ男子受験生が数百人。検査を待つ受験生の数百本の剥き出しのペニス。なんともすごい光景である。

こういう時にかぎって意志とは裏腹に勃ってしまう男の器官、焦れば焦るほど反りかえるが、検査は刻一刻と近ずく。・・まさに夜毎の受験勉強につかれて、勉強部屋にカギをかけていけないことに耽る。

男子の場合、ズボンのボタンを外すだけでいい。勉強部屋のカギをかけ、ズボンの、ボタンを外すと、もう膨らんでいるチンポコを引っ張り出す。僕は包皮自慰で、まだ中学生のように固く包まれたチンポコの敏感な包皮を親指と人差し指で摘まむと、指に力を入れたり抜いたり、
力を入れると引っ張られ力を抜くと戻る、それにひねり運動を加える、つまり揉みしだく、・・もうえもいえぬ快感。。。

とても人に見せられない行為に射精してしまうと、深夜の受験勉強‥一晩に何回も何回もしてしまう。もう絶対しないぞと、その時は固く誓うのだが、しばらくするとまた欲望が頭を持ち上げ、こんなことをしていていいんだろうかと自分が嫌になってしまうのだ。それを閻魔様の前で露にする羞恥のM検場。

コメントを残す