エッチ体験談 12,000話 突破!!

浮気の輪

香里さんから投稿頂いた「浮気の輪」。

私は娘の彼氏と肉体関係になり、彼氏を性奴隷のようにしてる悪い母親です。

37才の専業主婦で、主人は42才で単身赴任で
海外にいます。1人娘の彩夏は◯◯2年生 、彼氏の淳君は娘の2才年上の社会人1年生です。

昨年の夏休みのことです。淳君が家へ遊びに来ました。この時は、淳君は◯◯3年生。

彩夏の部屋で楽しい会話をしているみたいで、笑い声がキッチンまで聞こえてきました。

しばらくすると声が聞こえなくなったので、飲み物とお菓子の差し入れをと彩夏の部屋近くまで
来ると変な声が?。

部屋のドアをホンの少しだけ開けて覗くと、彩夏が淳君のち×ぽをジュポ、ジュポと音を発てて、咥えていました。ビックリしたと同時に淳君の
ち×ぽの大きさに驚きました。

長さ、太さが主人の倍近くあるのと、はち切れんばかりに反り返っていたのです。胸がドキドキしました。

部屋を離れてキッチンに戻り、昼食の準備を始めました。

主人は年末しか帰国しませんし、私はまだ性欲旺盛で、彩夏が寝るとバイブでオナをしています。

何度か年上にナンパされ浮気もしましたが満たされませんでした。淳君のような若い男性としてみたいと思っていました。淳君はイケメンで筋肉質で私自身も好みでした。

数時間すると何事も無かったように淳君は帰り、娘もテレビを見ていました。

その日から淳君のち×ぽが、脳裏に焼きつき離れませんでした。

3日後、淳君が家に来ました。彩夏は部活でいません。淳君は勘違いしたみたいでした。

「折角だから冷たい飲み物でも」とリビングに誘いソファーに座らせました。

飲み物を運んで来た時に悪魔が私に囁きました。
「チャンスだから淳君のち×ぽをご馳走になり、娘の彼氏を奪いなさい ! 」と。

私はグラスを淳君に渡す時に、わざと飲み物をジーンズに溢し、私もロング スカートを濡らしました。

「あら淳君、ごめんなさい !乾燥機で直ぐ乾かすから脱いで、私も濡れたから着替えるわ 」

「おばさん大丈夫です 」

「ダメよ! 乾かさないと 」

淳君は私の強い口調に少し驚き、ジーンズを脱ぎトランクスにTシャツ姿になりました。まだ、ち×ぽは勃起していませんでした。

本当は少し濡れただけで乾燥機にカケる必要もないくらいでした。

ジーンズを乾燥機に入れると自分の部屋に向かいました。

これから起きることを予想して、私は勝負下着に着替え、胸を強調するノースリーブと一番のミニスカートに着替えリビングに戻りました。

淳君の前に座り何度も足を組み替え、陰毛も見える真赤なスケスケのパンティが見えるようにしました。

予想通り、私の姿を見た淳君のトランクスが一気に膨らんできました。私は淳君の隣りに座り変え

「あら淳君、こんなに大きくなって苦しいでしょ? 」

「はい! お、おばさん 」

「おばさんで良ければ楽にしてあげるわよ 」

「本当ですか?実は前から、おばさんが好きでした ! 」と言いながら押し倒してキスをしてきました。

「淳君 !焦らないで。ここでは狭いから寝室へ行きましょう 」

淳君の手を握って寝室へと移動しました。

「淳君、何したいの ? 」

「素敵なおばさんとセックスしたい ! 」

「彩夏に悪いわ 」

「彩夏より、おばさんが好きです 」

私はノースリーブとミニスカを脱ぎ、ブラとパンティ姿になりました。

「淳君、ブラのホックを外してくれる !? 」

淳君は彩夏で慣れているようでした。彩夏は、まだCですが、私はGカップです。

ブラを取り外すと後ろから乳房を揉まれながら
首筋に舌を這わせてきました。

「アァ〜〜〜ン、そんなに乳首をコリコリされると感じちゃう〜〜〜淳君、上手ね 。彩夏もこのようにしてるの?」

「そうだよ。彩夏の胸は小さいけど、おばさんの
大きくて触ると気持ちいいよ 」

「淳君、大きな胸が好きなの ? 」

「うん !おばさんみたいなのが好き ! 」

「若い子がいいでしょ ? 」

「おばさん、凄く若く見えるよ !美人でスタイル良いし色気がたっぷりだね 」

しばらく胸を揉まれながらディープキスをするとトランクスを脱がしち×ぽを谷間に挟みパイずりをしてあげ、更にち×ぽに唾液を垂らして手でしごいたり口に咥えてフェラをしてあげると顔が感じてる表情で

「アァ〜〜〜おばさんのフェラ凄い !出るよ 」

「彩夏のフェラはどう? 」

「下手だよ 。もう無理、 出すよ ! 」

「良いわよ !そのまま口の中に出して ! 」

口の中に多量の精液を出しました。
口で綺麗にしてあげると、ち×ぽはすぐに元気になり、いきなり挿入してきました。

私もま×こを舐めてもらおうと思っていたのに、若いから我慢出来なかったようです。

大きくて固いち×ぽが中で暴れるように壁を擦ります。

「ア、アァ〜〜〜〜ン、凄くイイ〜〜〜〜〜
淳君の最高よ〜〜〜〜〜ア、ア、ア〜〜〜〜〜」

「おばさんのま×こ、締まりよくて気持ちいい」

「彩夏とどちらがいい? アァ〜〜ン 」

「彩夏よりおばさんの方が全然いいよ!悪いけど彩夏はガキで色気ないね 。俺のち×ぽ、おじさんとどちらがいい? 」

「アァ〜〜〜淳君の方が良いわよ!凄く大きくて固いわ。イイ〜〜〜〜〜 」

「じゃ、俺のセフレになってよ!? 」

「もちろん良いわよ ! アァ〜〜もっと突いて〜〜〜〜そこ、良いわ〜〜〜〜〜」

淳君は、この日は5回、口と腹上に射精しました。

その日から夏休みや冬休みは毎日のように、今年からは淳君は社会人になったので、彩夏とは月に1回程度ですが、私とは週1〜2の頻度で関係を持っています。

彩夏が身に付ける下着は子供染みた物ですが、
私はセクシーランジェリーを身に付けて誘惑しています。

クンニ等、女の喜ぶテクニックを教え込みました。彩夏で実戦しているみたいです。

彩夏の部屋から、あえぎ声が大きく聞こえるようになってきました。こっそり覗くと

「アァ〜〜〜〜ン 淳、セックスが上手くなって
きたけど、どうしたの ? 」

「彩夏の為にアダルトDVDで勉強したのさ !」

「うれしい !彩夏意外の女と浮気しないでよ。
淳、気持ちいい〜〜〜アァ〜〜〜ン 」

「するわけないだろ !彩夏だけ愛してるよ!」

淳君は私が教え込んでテクニックが上手くなりました。私はピル、彩夏はゴムで避妊しています。

彩夏は、淳君と私の関係を全く知りません。
私も淳君と彩夏のセックスに知らないふりをしています。もう淳君は私の虜になっています。

淳君は彩夏より私とのセックスが好きだそうですし、最近は私との赤ちゃんが欲しいと言います。
私も欲しいけど主人や彩夏にバレて家庭崩壊になるから断念しています。

若い男性の止めどない精力でセックスを堪能出来れば良いのです。

更に淳君の友達と私の近所の主婦友を紹介して
浮気を推奨しています。

今年の春休みは、彩夏がいない時に淳君の友達の悟志君を家に誘い、向かい隣の主婦友の佐藤さんを家に呼び、二人でセックスをさせてあげました

二人が獣のように身体を求め合い、ヨガり声を発してセックスしているのを淳君とこっそり見ていました。

二人が終え感想を聞くと

佐藤さんは「主人のような中年と違い、若い身体は凄くタフでいいわね !」と満足し、悟志君は「奥さんはガキと違い、凄くエロく、セックスも上手くて気持ち良かった ! 」と満足した様子でした。

二人は今後も関係を続け、互いの友達を引き合わせるみたいです。

二人が帰ると淳君が、私の身体を求めてくるので、激しく愛し合いました。

私の周りでは、浮気の輪は着実に広がりつつ有ります。

The end。To be continue !?

コメントを残す