最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

元嫁と俺が写ったプリクラを見つけちまって・・・

遠い昔のダンナさんから投稿頂いた「元嫁と俺が写ったプリクラを見つけちまって・・・」。

元嫁と心と身体を通わせた時間は17年。
元嫁は俺を深く愛してくれたよ。
知り合ったのは、俺24歳で元嫁19歳だった。

可愛い女でなあ、純情可憐とはあんなのを言うんだろうなあ。
言い寄ったら、頬を染めて、
「私も好きでした・・・」
ってなあ。
つい半年前までセーラー服着てた女の子だぜ。

口説きには一発で落ちたね。
「いつか、必ずお嫁さんいしてくださいね。」
なんて言ってさ。
そんな幼い頃の元嫁が、まだ男を知らない元嫁が、初めて俺に体を開いたんだ。
可愛いマンコだったなあ。
広げて覗き込みながら、勲位したら驚かれたよ。
ウブな女で、フェラも知らなかった。

メリメリと元嫁の19歳のマンコを貫いていったその瞬間の感覚を忘れられないねえ。
歯を食いしばって破瓜の痛みに耐えた元嫁、その時の一部始終を忘れられねえよ。
何より、その後何度も俺に抱かれて、セックスの快楽を知った時の元嫁の戸惑いが可愛かったねえ。
愛する俺に愛撫されて、マンコ舐められて、恥ずかしいのに気持ち良い、気持ちいいから悶えてしまう、悶えてしまって恥ずかしい、これの繰り返しでどうにかなりそうだった元嫁。
愛しいチンポでマンコを掻き回され、そして精液を浴びる快楽に虚ろとなっていったんだ。

愛しい男に抱かれて快楽に浸る事を知った元嫁は、セックスは愛情表現の一つになったねえ。
だから、元嫁が自ら俺に抱かれたがったこともあったよ。
俺に体を委ね、俺のチンポで元嫁自らの性欲を満たすことも、愛情の名のもとに平気になってたわ。

俺27歳、元嫁22歳で結婚した。
愛する俺に両脚を大きく拡げられて、丸出しにされたマンコをむしゃぶりつかれて悶絶するのも、元嫁にとっては愛されている証。
チンポを深々とマンコに突き立てられて、俺の背中に両腕を回して、唇を重ね、舌を絡ませるのも愛し合っている証。
俺の精液をマンコに注がれて、2人の子供を宿した元嫁。

ところが、リーマンの煽りを食って、店が吹っ飛んじまった。
借金を抱えて無職の俺は、元嫁と子供に別れを告げたんだ。
田舎に帰れるだけの金を持たせて、元嫁と子供を元嫁の実家へと逃がした。
別れの言葉なんか交わしている時間は無かった。
「早く行けっ!お前たちだけは守るから安心して帰れっ!」
あれが元嫁を見た最後だったなあ・・・
俺41歳、元嫁36歳、恋人期間3年、夫婦だった期間14年、合計17年の付き合いだった。
子供より、元嫁に未練があるぜ・・・

元嫁と別れて12年過ぎた俺は、元嫁との暮らしが、やっといい思い出になってきたよ。
2年前に借金を完済したってのもあるけどな。
それでも、時々逢いたいと思うことがあるよ。
子供たちはどうしてるかってのも気になるが、元嫁が幸せでいて欲しいんだ。
今は地道に生きてるが、欲がないのが良いんだろうな、結構成功しちゃってる。
成功できたのは元嫁のおかげだと伝えられたらどんなにいいか・・・

俺はあれ以来、恋人を作ってねえ。
ヤリたいときは、割り切った関係になれる女がいっぱいいたし、俺にも需要があった。
一時期、そういう連中がいっぱいいるところまで落ちたんだよ。
還暦女社長の愛人になりながら、働いてた時もあった。
お手当ももらえるし、何せ衣食住の面倒を見てもらえたさ。
その社長の商売相手はほとんど女だった。

大口の顧客を集めて、接待で射精ショーをさせられた屈辱も味わったよ。
ハリツケにされて、チンポ扱かれて、チンポをローションまみれにされて、亀頭をストッキングで撫でられて、悲痛な喘ぎを笑われたぜ。
射精させてもらえない亀頭責め、焦らしの快楽地獄に涙目だったわ。
そして仕上げは、いつ暴発してもおかしくないチンポを、ゲスト一人ひとりにひと扱きされて、黒ひげ危機一髪みたいなゲームされたよ。
みんな、軍手してて、その軍手の扱きはたまらんかったねえ。
ぶっぱなしちまった後は、女社長による射精直後の亀頭責めで悶絶、惨めだったぜ。

5年前までそんな生活してたから、恋なんか忘れたわ。
今は、俺も53歳、そこそこ普通に生活してる。
自由は時間だし、金も出来た。
遊ぶ女も何人かいるし、時々訪ねてくれる女もいる。
でも、再婚はするつもりはない。
あるはずもねえが、いつか、元嫁が「待ってた」なんて言って、迎えに来た時に悪いからな。
でも本心は、元嫁が幸せになってくれていることを祈ってる。
あんな別れ方をしたから、風の便りも届くこともないが、「素敵な人と再婚したよ。今は幸せよ。」という報告が聞きたいもんだねえ。
そうじゃなきゃあ、心から愛する女を諦めて、逃がした甲斐がねぇからなあ。
元嫁の田舎に行って、実家を訪ねてみたいが、もし、今が幸せならば、養育費も送れなかった俺の出る幕はねえからなぁ。
ずっと見ることがなかった、元嫁と俺が写ったプリクラを見つけちまって、ふと、思い出しちまったぜ・・・

7 COMMENTS

匿名

哀しくも切ない、良いお話だけど、接待で射精ショーの件、エロくてイイね!

返信する
匿名

元妻さんに会いに行けば良いじゃないですか。
今、経済的に余裕があるなら、渡せなかった養育費、遅れたけど渡せば良いじゃないですか。
元妻さんの幸せを確認したら、安心して戻ってくればいいんですよ。

返信する
匿名

元妻をまだ好きなら、知らない男と幸せそうにしてる姿は直視できんじゃろ?
スレ主、意外と強がりだったりするかも知らんぞ。

返信する

コメントを残す