エッチ体験談 12,000話 突破!!

夜這い

わかなさんから投稿頂いた「夜這い」。

ある地方の田舎に住んでるC2です。
S学5年生くらいから胸が大きくなりはじめ、周りの大人からジロジロ見られるようになりました。

 家にはおじいちゃんと母と暮らしてるがいるだけで、母は夜遅くまでスナックで働いてます。

 私の住んでる田舎にはあまり影響がなかったのですが、世間ではウィルスが蔓延してる夏の暑い夜に夜の10時を過ぎたくらいに私は眠りに入ってたんですが、私の部屋の窓を叩く音がしました。

 見てみると顔見知りのおじさんがいました。

 おじさんは部屋に上がりこんできて、『なぁ頼む、わしはお前の胸を見ててずっとムラムラしてる、わしの言う事聞いてくれんか?』

 『おまえも、もう男知ってるんじゃろ、耳に入っとる。だから頼む!』

 そう言いながら私を抱きよせ胸を力強く揉みました。

 そうして服は脱がされ濃厚なキスをしてきました。タバコの匂いがきつかったのを感じました。

 そしてだんだんと下にいき乳首を吸うという感じではなく、もはや食べてると感じで激しかったです。

 おじさんのちんちんを握らされ、アソコに触りながら指を2本入れてきました。

 そして野獣のように舐めてきました。

 私も激しく声を上げてたと思いますが、おじいちゃんはぐっすり寝ていました。

 その激しさは今まで感じたことのない快感と思いました。

 私もおじさんのちんちんを強く握りながら動かしてました。

 『もう我慢できん、入れてもいいか?』

 『おじちゃん、いいよ。入れて。』

 おじさんのちんちんは大きく奥深くまで入れてきました。

 もう私も感じてしまい声も大きく出していました。

 おじさんは一心不乱に腰を振り、おじさんの汗がボトボトと私に落ちてそういう状況もエッチな気分になってきました。

 そして約10分弱くらいだったと思います。おじさんが『出すぞ!』と私の太ももに出しました。

 おじさんは『なぁ、ちんちん舐めてきれいにしてくれ』と言ってきました。

 わたしも気持ちよかったので、おじさんのちんちんを丁寧にきれいに舐めてあげました。

 それに、また興奮したのか2回戦が始まりました。

 今度は後ろから責められたり、私が上になったりで1時間で5回くらいエッチしてたと思います。

 おじさんは満足したのか機嫌よく帰っていきました。

 帰り際に『やっぱり、お前はエロい女だわ。また来る。』と言い残して帰っていきました。

 ちなみにC2で経験人数は13人です。

 相手はほとんど近所のおじさんです。

コメントを残す