最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

片想いのあの娘に

将暉さんから投稿頂いた「片想いのあの娘に」。

俺には片想いの女の子がいる
関係は友達止まりで向こうに恋愛感情がないのは良くわかってるつもりだ
コロナ禍の巣籠もりの影響でNintendoSwitchが品薄に

彼女が欲しいと言ってた
どこかに売ってないかなー探して欲しいと
運良く俺は、あつ森の同梱版のSwitchを見つけられた
俺は早速購入して彼女に届けた
「マジー!?いくらかなぁ?」
「いや、これはプレゼントなんで」
「え?いや、高かったでしょ?」
「でもプレゼントだから」
彼女が受けとり、少し沈黙
はっきり好きとは言ってはいないけど俺の気持ちもバレバレなのも承知してる
けれどなんとも想ってない相手からの告白も迷惑だろうと言わずにいた
「あのさ、将暉くん」
「はい」
「私今、彼氏いてさ、将暉くんとは恋人にはなれないけど、2回だけ」
「2回とは?」
「2回だけ最後はホテルのデートを2回だけするよ」
いつものおちゃらけた表情でなく、真面目に言ってる顔だった
「今回、そんな下心でのプレゼントじゃ」
「私、高いものをプレゼントされてタダですますほど恥知らずじゃないよ」
俺は初めて見る彼女に衝撃を受けた
惚れ直したと言うべきか
告白したら迷惑なんだと勝手に決めて何もしなかったのか自分を馬鹿だと思った
「2回」
俺は彼女の肩を掴み、「その2回のデートで彼氏から奪い取るよ」
彼女がニイと笑って、「楽しみにしてるよ、頑張ってね」
その後、デート権1回目はその日の内に使い、『休憩』じゃなく、『宿泊』で頑張りました
2回目も昨日の話だけど、実は昨日より前に彼女は彼氏と別れていて、俺が彼氏に昇格しました
というより、プレゼントの時点で、彼氏の浮気癖に嫌気がさしてたらしいです

コメントを残す