最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

整形しまくり熟女①

たけしさんから投稿頂いた「整形しまくり熟女①」。

33才です。
ある会合で62才の熟女と出会いました。
あけみさんといい、62才には全く見えずどう見ても40代半ばぐらいにしか見えませんでした。
あけみさんは旦那さんが会社をいくつも経営していていわゆるお金持ち。

32才の時に結婚して仕事もしなくてよく、家事は家政婦さんが全てやってくれてるそうです。
自分は美容にばかりお金を使ってたそうですが、旦那さんはそれを喜んで許してくれてたとか。
48才の頃に旦那さんと死別してからはかなりの遺産が入り、その頃から美容の他に整形もやりまくってたそうです。
体もスタイル良く胸は形の良いDカップでクビレもちゃんとありお尻も大きめですが全く垂れてなく弾力ありプリっとしてます。
62才という実年齢を聞いてその体を見ると「体も整形しまくってるんだな」と解ります。

前置きが長かったですがここからが本題。

二ヶ月ほど前にいつものようにラブホで(セックスする場所はあけみさんの家や野外等色々あり)セックスした後で休憩している時に「たけし(私)は今欲しい物はないの?」と聞かれました。
「車かなぁ」「どんな車?」「あけみさんは解らないと思うけどレクサス」「そうなんだ…高いの?」「高いよ」「いくらぐらい?」「1000万以上するかな」「へぇ、そうなんだ」と1000万と聞いてビックリしないのが金持ちなんだなと思いました。
「その車見たいから今度カタログといくらするのか見積り見たい」と言われ「まさか買ってくれるの!?」と聞くと「うーん、たけし次第かなぁ」なんて言うんです?。
「たけし次第」というのが気になりましたが期待をしつつディーラーで見積りを出してもらいカタログももらって後日あけみさんの家に行きました。

「あけみさん持って来たよ」と言うと「先にセックスして」と言われました。
あけみさんはセックスでは何でも有りです。
顔射・精飲は勿論、中出しも。バイブやローターといったオモチャを使うのもOK。アナルも。
そして何より淫語を自分から口にするところが何よりエロいし、見た目はセレブな女性なのに本当に淫乱だと思います。
そしてあけみさんが一番好きなのは私が何日も溜めてのセックスで子宮口に亀頭を押し付けながら大量のザーメンを射精すると一番気持ち良く逝けるらしいです。

セックスが終わり見積りとカタログを見たあけみさんは「たけしの色より私は白がいいなぁ」と言い、すぐに「たけしが私専属のセックスパートナーになってくれて、もう一つ私の希望を叶えてくれたらこの車プレゼントしてあげてもいいよ」と言うんです。

ビックリして「あけみさん専属ってのは喜んでOKだけど、もう一つの希望って何?ドキドキするんだけど」と聞くと「たけしのおチンポは長いけど少し太さが足らないんだよね」「増大手術みたいな事?」「そう」「まぁ、それであけみさんが喜んでくれるなら」と、あけみさんとの関係がダメになった後の事も考えると増大手術もいいかと思いました。
すると「じゃあ私が手配するから決まったら連絡するね」「あけみさんが手術代出してくれるの?」「勿論よ」と話しは決まりました。

三日後、連絡ありあけみさんが指定した美容整形のクリニックに行きました。
「美容整形でチンポの増大手術なんてするの?」とちょっと心配になりましたが、あけみさんを信じて入りました。

「いらっしゃいませ」「○○様からお聞きしております」と美人スタッフから言われ「こんな美人さんにチンポ増大の事が知られてるんだ」とちょっと恥ずかしくなりました。

手術前に部分麻酔と全身麻酔を聞かれ、怖かったので全身麻酔でお願いしました。
手術自体は男の先生がするとの事でしたが、当然ナースも手術に入ると思ったのでとてもじゃないけど恥ずかしくて。

手術は一時間ぐらいで済み、目が覚めるとナースが「○○様からのご指示通りになりましたのでご自身でご確認されてみては?」と言われトイレに入りました。
ビックリしました。まだ勃起してませんが太さが増していて、一番ビックリしたのは竿の表裏と側面に玉のような物が埋め込まれてたんです。

トイレから出てナースに「あの…玉みたいなのって?」と聞くと「シリコンボールです」「聞かれてなかったですか?○○様からの指示通りですが」とニッコリ説明されました。

一週間は射精しないようにと、勃起すると痛みが出るので出来るだけ勃起しないように注意されました。
「とはいえ勃起しないなんて難しいですよね」とナースはニッコリ。
痛み止めの薬を出され、一週間後に見せに来るように言われました。

クリニックを出るとあけみさんに報告の連絡を入れると「とにかく一週間後に見せてセックスOKになったらね」と言われました。

家に帰ってまじまじとチンポを見てると自分のモノじゃない感じで見てるとムクムクと勃起を始めました。
ヤバいと思い他の事を考えようとしましたがあけみさんが悦ぶ姿が頭から消えずフル勃起。
どんな痛みかとビビってましたが大して痛みはなく、今度はフル勃起したチンポをまじまじと見てました。

太さは…基準は解りませんが感覚的には二回り太くなった感じ。
「ん?長さも?」と思いましたが多分気のせい。
何よりシリコンボールがすごくエロいです。
表裏と側面に4個入っていて、どんな体位でも抜き差しの時にクリトリスを刺激する…クリトリスを弄られるのが好きなあけみさんは悦ぶだろうなと思いしました。

勃起しても大して痛みがなかったので一週間我慢するのが大変でした。
危うく扱きそうになった事もあります。

そして一週間後にクリニックへ。
受付を済ませ治療室に入るとナースが入って来て「先生は外出してるので私が確認しますね」と言われました。
「えっ?」っと思いましたが別の個室?みたいな場所に移動して「下は全部脱いでこれを掛けてこの椅子に座っててくださいね」と白い布(バスタオル大)を渡されました。
下を全部脱いで椅子に座ると布を下半身に掛けて待ちました。
椅子は電動でリクライニングや脚元も持ち上がるような椅子でした。

しばらくしてナースが入って来ました。
そのナースは多分40代半ばで顔はそれなりでしたが、ムチムチで巨乳巨尻、襟口からは谷間が見えました。
当然、フル勃起しました。
布は勃起でテントを張っていて、準備が終わったナースが私を見るとすぐにテントに視線が行きました。
その後ニッコリ微笑みながら「じゃあちょっと見させてもらいますね」と足元から布を持ち上げ捲りました。

勃起したチンポの事を何か言われるかと思いましたが、裏側や左右を何度も見て、そこは本当に術後をちゃんとチェックしているようでした。
ただ、私の興奮はマックス。

「じゃあ表側も確認したいのでちょっと失礼しますね」とチンポを触られた時はゾクゾクしました。
上からチンポを見るとガマン汁が溢れて今にも垂れそうになってました。
それでもナースは淡々とチェックしている様子でしたがチンポから私に視線を移動させるとニッコリ微笑みながら「はい大丈夫ですよ」「もう何をしてもいいですよ」と言いました。
興奮しまくってたので「何をしてもって?」と聞くと「ほら、セックスとか自分でとか」と微笑みながら言われました。
本当に興奮マックスだったので「もう我慢の限界なんで」とそこまで言うと「じゃあすぐにでも○○様の所に行かれたらいいんじゃないですか」「きっと○○様は喜ばれますよ」とあっさりあしらわれました。
その後「私の個人的な感想ですが」と始まり「勃起したそれ…すごく素敵ですよ」「○○様のお相手でなかったら…」と言葉が止まったので「そうじゃなかったら?」「…今すぐにでもお相手したいぐらいです」とニッコリ。
もし今このナースとセックスできたらサイコーに気持ちいいだろうなと思いながらクリニックをでました。

クリニックを出てあけみさんに「もうセックスもオナニーもしてもいいって言われたからすぐに会おうよ」と言うと「ごめん、今○○県にいて帰るのは明後日の朝になるから明後日の昼からね」と言われましたが「えぇ!それまで我慢できないよ!」と訴えましたが「明後日まで絶対に射精したらダメだからね」と釘を刺されました。

1 COMMENT

ポチ君

セックスでいかせまくって養子にしてもらえば?本当に逝かせたら財産がっぽり!笑

返信する

コメントを残す