エッチ体験談 12,000話 突破!!

同棲していた頃に浴びてた彼の精液が忘れられない

小百合さんから投稿頂いた「同棲していた頃に浴びてた彼の精液が忘れられない」。

彼に裸を見られると、とても恥ずかしいのに嬉しかった。
彼にアソコを広げて見られると、恥ずかしいのに気持ちよかった。
彼、私のアソコをずっと見てるから、それだけで濡れた。

そして舐められたら、気絶するほどの快感に襲われた。
彼にアソコを舐められて、逝かされてた。

彼のオチンチンをおしゃぶりすると、硬くて温かくて美味しかった。
私、彼のオチンチンが大好きで、ずっと舐めてると、
「小百合、それ以上舐められたら出ちまうよ・・・」
と言われて辞めさせられた。

そして、彼のオチンチンが生のまま入れられた。
一度逝かされた体は敏感で、私は次第に記憶が飛んでいった。
激しく突かれて、おっぱいが揺れているのを感じながら、再び逝かされた。
微かに、彼の精液が身体に浴びせられている感覚を感じた。

一年交際した後、二年同棲していた。
このまま結婚すると思っていた。
ある日アパートに帰ると、彼と一緒に父がいた。
「このふしだら者!」
怒鳴られて、ビンタされた。
私たちの恋は、東京に出張してきた父に同棲を咎められ、三年で幕を下ろした。
私は仕事を辞めさせられ、田舎へ強制送還、
「俺、小百合との思い出が詰まったこの部屋には居られないよ。それに、一人で住むには広すぎるしね・・・」
彼はアパートを出た。

出て行くために荷造りしてた彼を見て、ポロポロ泣いた。
お互い大好きで、ケンカもしなかったのに、こんな日が来るなんて思わなかった。
彼とは結婚したかった・・・
まだ結婚してないから、「さよなら」と言ったらそでで終わる。
同棲だから、別れに対してお互いに何の責任がなく、ただ離れ離れになるだけ。
私は東京を去るから、再会はもう無いだろう。
彼と最後の夜、中に欲しいと言ったけど、
「小百合をこれ以上不幸にできないよ。」
と言って外に出された。

翌日、彼の荷物がトラックに積み込まれ、
「楽しかったよ。小百合のことは忘れないよ。さようなら・・・」
「さよなら。父のせいでごめんね。元気でいてね・・・」
彼の今後や立場を考えたら、彼を振り回したくないから、泣き叫ぶことなく、大人しく彼を見送った。

午後、田舎から母が来た。
私の荷物を積んだトラックが走り去ったら、不動産屋さんにチェックを受けて、玄関のカギを返した。
「結婚、したかったんでしょ?・・・だったら、早く私たちに紹介すればよかったのに・・・黙って同棲なんかして・・・」
帰りの新幹線で、もう、二度と恋なんかできないだろうなと思った。

あれから5年、三十路を迎える私はそのとおり、まだ独り・・・彼は結婚しただろうな。
私は今でも、身体に浴びた彼の熱い精液の感触が忘れられない。
あの精液はもう、私のものじゃない。
しかも、誰かのアソコの中に出されたんだろうな。
辛すぎる・・・

3 COMMENTS

匿名

そうやってあなたは、ずっと独身なのをお父さんのせいにして、生きていくのでしょうね。

返信する
匿名

お父さんが強制送還させたとのことだけど、彼はお父さんのお眼鏡にかなわなかったの?
彼も結婚を考えていたのかな?ただふしだらだというだけだったら、説得するべきだった。

返信する

コメントを残す