エッチ体験談 12,000話 突破!!

撮影

エリンギマイタケブナシメジさんから投稿頂いた「撮影」。

俺は数名の有志と共にアダルト系の個人撮影してる
とある日、グループのリーダーがシーンのパーツに使う痴漢シーンを撮っておきたいと言い出した痴漢と言えば電車バス
人混みの中、標的の女の子の体をいじくり回すあれだ

単純にセットで電車バスの中を表現するのは容易い
けれどもリアリティのある車内の揺れ、流れる景色、何よりひしめき合う大勢の人間それらを作り物で済ますのは無理がある
リアリティを追及するなら実際に乗り込んで直接撮影する他あるまい

で、行われた痴漢シーンの撮影
俺はメンバーのAちゃんの尻を撫でくり回す役
撮影はカモフラージュされた超小型カメラで二人撮影に回っている
俺は予定通りAちゃんの尻を掴み性器から肛門にかけてスカートの上から撫で回す

ところが予想外の事が起きた
Aちゃんの二つぐらい隣に立ってた女の人がいきなり俺の手首を掴み「痴漢!」と叫んだ
最初、俺は間違えたかと思った
いやいや、服装が全く違う
いくらなんでも間違えようがない
じゃ、この人はAちゃんに痴漢してたのを目撃して正義感だして断罪してきたのか

俺は手を掴まれたまま次の駅で降りる羽目に
Aちゃんとカメラ役二人も一緒に降りた
すぐに駆けつけてきた駅員
「どうしました!?」
「こいつ痴漢です!」
この時点で俺は大したことないと思ってた。Aちゃんが違いますよーと言ってくれるはずだったからだ

次に女が放った言葉が俺を困惑させた
「こいつにお尻とか胸を触られました」
はい?その言い方だと被害者はまるで自分だと
「今から警察呼びますけど、そちらの言い分に間違いないですか?」
駅員が俺に詰め寄る
「嫌がってるのにしつこく触られたのぉ!」と泣き出す女

それまで黙ってそばで立ってたAちゃん
「あの、触られてたのは私なんですけど」と言い出した
「えっ!?」
駅員がAちゃんと女を交互に見て、「あなたも触られたのですか?」
おいおい、どんだけ見境ないんだよ

「そうじゃなくて、そういうプレイなんですよ」
Aちゃんが説明する
「えーっと、」
駅員困惑
「だから痴漢プレイなんです。そちらの女の人は関係ないですよ」
呆気にとられる駅員

気付くと女の姿がいつの間にか消えていた
どうやら冤罪目当ての女の狂言だったと片が付いたが、俺とAちゃんは駅員にこっぴどく叱られた

コメントを残す