エッチ体験談 12,000話 突破!!

中イキは苦手でクリちゃんとかビラビラをいじいじするのが多いかな

無論ちゃんさんから投稿頂いた「」。

恋愛にはあんまり興味がなくて、でもひとりえっちが大好きな私。●3歳のときにそれを知って、20歳までほぼ毎日、寝る前にかならずひとりえっちしてます。どんどんえっちな体になっていくけど、中イキは苦手でクリちゃんとかビラビラをいじいじするのが多いかな。

クリちゃんもビラビラも、なんだか大きくなっちゃいました。そんな私、近頃はとうとうお外に出てひとりえっちするようになってしまったんです。最近の私の、ひとりえっちルーティーン、お話します。

深夜2時くらい、急にえっちな気持ちになってくることが多いんです。そしたらまず、ルームウェアと下着を全部脱いで全裸になるの。それで、お部屋の窓を開けて、網戸にぴったり張り付く。夜風がおっぱいとかおまんこを撫でるのがとっても気持ちいい。それだけで濡れてきちゃうの。

つぎに、外に出るための準備。下着はつけないで、薄手のブラウスと、レースの膝丈スカートを着る。髪の毛とかお化粧も軽く整えて、マスクと丸眼鏡をして。最後の仕上げに、乳首とおまんこにスースーして気持ちいいボディジェルをたっぷり塗る。家の鍵とスマホとお財布を持ったら、お散歩開始。やっぱり誰かに見られたくて、まずは近くのコンビニまで。ドキドキしながらお茶だけ買って、次は公園に行く。公園がお気に入りのひとりえっちスポットなんです。公園についたら、ベンチに座ってお茶を飲んでゆっくりする。そのうち、ずっと自分がノーブラ、ノーパンなことを思い出して凄く興奮してくるの。乳首がピンとたって、おまんこはもうぐじゅぐじゅ。

そのまま、ひとりで公園で遊ぶことにする。ブランコにのって、おまんこがスースー涼しくなったり、鉄棒に乳首やおまんこを擦り付けて喘いだりするの。一番のお気に入りはジャングルジムで、一番高いとこまで登っておまんこに棒を擦り付けると、凄く気持ちいいんです。気持ちよくなるとお潮を吹いちゃう癖があって、ジャングルジムのてっぺんからそのまま、愛液をだらだら垂らしておしっこしちゃうの……。ごめんなさい……。

荒いだ息をジャングルジムの上で整えたら、公園の遊具を使っていっぱい擦り付けオナニーして、たくさんイクの。公園の遊具ってひんやり冷たくて凄く気持ちがいい。

色んな遊具で遊んで終わったら、ぐじゅぐじゅになったおまんこを見せびらかすみたいに、滑り台の上でスカートをたくしあげて、おまんこをしっかり開いて、クリちゃんを夜風に撫でさせる。夜風のおかげでおまんこを乾かすつもりなんだけど、ずっと愛液がとまらなくて全然乾かないの。満足するまで見せびらかしたら、水道のところにいっておまんこを洗うの。蛇口におまんこを擦り付けて、水圧オナニーになっちゃうことが多いんだけど、スカートを濡らさないように気をつけてます。十分公園を堪能したら、そのままお家に帰る方へ歩き出す。

お家に帰る途中に、24時間営業のスーパーがあるの。ひとりえっちした後に人に会うのはすごく興奮する。深夜のスーパーに人は少ないから、なんだかバレちゃいそうな気がして、びくびくしながら、飲み物だけ買って帰るの。店員さんが胸のところをじっと見てるような気がしてすっごく興奮しちゃう。警備員さんも、こんな時間に若い女の子が1人で……って心配するようにこっちを見てるの。スーパーを出て、後はお家に帰るだけ……。

こんな深夜に外を歩いてる人も居ないから、ブラウスの上からカリカリ乳首をいじめながら歩く。おまんこが歩く度に ぐちゃっぐちょっ って音を立てるくらい濡れちゃうの。

家に着いてもまだ興奮が収まらないことがほとんどで、また夜風に当たりながらひとりえっちしちゃうんです。寝ちゃうまで思いっきりクリや乳首を擦って何度もイクの。全裸のまんまベッドに倒れ込むように寝ちゃうことが多くて、起きたとき自分でもびっくりしちゃう。起きてもまだえっちな気分のときは、朝からひとりえっちしちゃうんです。

これが近頃の私の、とってもえっちな野外露出オナニー。いつか誰かにバレちゃう前に、やめないとなぁって思ってるけど、やめられるかしら?笑 今度は明るい時間にも、下着を付けないでお散歩してみたいなぁ……♪

コメントを残す