最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

餞別?

いともたやすくおこなわれるえげつないこういさんから投稿頂いた「餞別?」。

俺はこの度(1年半くらい前)、高校を卒業してから14年間働いてた会社を退職することになった
いわゆる家庭の事情でってやつで、人間関係が~とか会社がブラックだった~とかではなくキレイな辞め方

正式に辞めた翌日にまだ少しだけ残った引き継ぎと私物の回収に会社を訪れた
もう本当に少しの引き継ぎだったのであっという間に片付き、私物も大したものはなくすぐに帰ろうとしてた
私物を入れた手提げカバンを手に持ち、通路を歩いていた時、カバンを持ち直す際に手が滑り、近くのドアノブに引っ掛かった

別に引っ掛かったぐらいじゃドアなんて開かないだろうけど、元々ちゃんと閉まってなかったせいかドアが開いてしまった
そこは女子更衣室で中に人がいれば下着姿の女の人が~となるのだけど
下着姿どころかおっぱい出して立ってる弥生さんかいた。弥生さんはさばさばした性格で色気より元気!って感じの女性

「こらあ!」
と軽く怒鳴る弥生さん
「って、佐藤君じゃん、辞めたんじゃなかった?」
弥生さんが上から上着を羽織っておっぱいは既に隠してるが、パンツは丸出し
チラチラとパンツ見てしまう
「引き継ぎに。もう終わったんですけど」
「ふーん」
少しの間弥生さんがパンツ丸出しのまま考え込んで、「見られたのが私だけなんて不公平だな」
「?」
「よーし、罰として私が帰る時間までここにいてもらおう」
「ドーユーコトデスカ?」
俺はロッカーの中に押し込まれた。そして鍵をかけられた
「後4時間くらいでみんな帰る時間だから更衣室はみんなで着替えるからそこで眺めててもらおうって話。餞別代わりだ!」
「バツジャナカッタノデスカ?」
「つべこべ言わない」
彼女が手をヒラヒラ振りながら、「鍵かけてるから間違って開けられる心配もないし、じっくり堪能してってよ」
弥生さんは出てってしまった
このまま出してくれなかったらどうしよう
俺はとりあえずスマホの着信音、通知音、バイブなどを切り、ロッカーの中でしばらく過ごした
そして終業時刻
わらわらと女性達が更衣室に入ってくる
ハッキリ見えるブラとパンツのオンパレード
しかし、下手に動いて物音立てたらバレるのでオナニーもできない
生殺し状態で快適とは言えない
みんな着替えが終わり更衣室を出ていった。弥生さんはまだ来ない
更衣室のドアが再び開いて誰かが入ってきた
弥生さんかと思ったけど違った。童顔でいつも中学生か高校生にみられる桜さんだ
桜さんが服を脱ぎ出す
服だけじゃなく、下着まで
あまりふくよかなバストとはいえない(ロリ体型?)がすぐにオナニーしたくは、なった
そしてパンツまで
角度的にアソコはよく見えないが俺のチンポはギンギン
下着まで着替えて桜さんは更衣室を出ていった
それからすぐに弥生さんか来て、俺はようやくロッカーから出れた
「どうだった?ムラムラした?」
と弥生さんがニヤニヤする
「ヒドイですよー、こっちは生殺しだったんですから」
「はあー、スマホで撮影してればオカズゲットできたのに」
弥生さん、呆れ顔
「いやいや、音でバレますって」
「それもそうか」
「桜さんはひょっとしてこれからデートか何かですか?」
「ん?勝負下着とか着てた?」
「いや、下着まで着替えてたから」
「お、桜ちゃんの裸を堪能したのかー」
弥生さんが詰め寄ってきて、「で、どう思ったの?」
「どうって」
「エッチしたいなーとか」
「そりゃ思いますよ、キレイなおっぱいしてたし残念ながらアソコはよく見えなかったですけど」
「そーかそーか、エッチしたいと思ったのかー」
弥生さんがドアの方を向いて、「だ、そうですよー」
と言うとドアが開いて桜さんがそこに立っている
え?何?どーゆーこと?
桜さんが顔を赤くして汗を流してる
「ほら、桜ちゃん!ラストチャンス。ここで言わなきゃもう会えないよ」
弥生さんに後ろを押され桜さんがそばに寄ってきた
「あのっ、ずっと好きでした!私と付き合ってください!」
顔を真っ赤にして、泣きそうな目で見つめられて裸も全部見て、断れるほど俺はモテない
俺はその後家業のリカーショップを親の代わりに店主となり、昨日桜さんと簡単な式を上げ夫婦で店をやっていく

1 COMMENT

サイトウシンイチ、4

なんなのこの話❓️。会社の女子ロッカーに閉じ込められて、女性の着替えを覗いて、しかも、桜さんとゆう女性から告白されて、いつの間にかに結婚して、夫婦になった❗️❓️。【結局、桜さんとのセックスの話が完全に飛んでいるんだけどもね❗️❓️。】でもまあ、取り敢えず、桜さんとお幸せになってね❗️♥。

返信する

コメントを残す