エッチ体験談 12,000話 突破!!

一本の指

チイ子さんから投稿頂いた「一本の指」。

わたしは 一本の指で知らない男に体を許しもう一度あの享楽に思いを抱いて
今日も込み合う電車に揺られながら 待つ哀しい36歳の人妻です

わたしと同じ位の年の サラリーマン風のどこにでも見かける見知らぬ男に
わたしの後ろに立ち 片手を釣り革に片方の手はバックを抱えて
身動きの取れない込み合う電車で 
男がスカートを捲くり上げて
パンティの横から肉壺に指を入れ わたしは恥ずかしさと また
気持ち良さに 揺れるたびに指は奥に振動にあわせて 男のなすまま
声をこらえて 電車を一つ手前の駅で降りて濡れたパンティを履き替えようと
トイレに走りこもうとした時 男が声を掛けてきて
「奥さん 随分濡れて気持ちが良かったですか」
と 多目的トイレに引っ張り込まれ 無言のまま 後ろを向かせて
スカートを捲し上げパンティをずり降ろして片足にかけ 凄く馴れた手つきで 
抵抗する事も出来ず いや わたしはその時は 強い欲望に駆られて
バックで犯され お尻の上から流れ落ちる男液 トイレに座り込み
肉壺を眺めながら拭き取り 
夫と二人の子供が待つ家に

コメントを残す