エッチ体験談が12,000話を突破しました。

僕の妻はご主人様の所有物.2

PR

まさきさんから投稿頂いた「僕の妻はご主人様の所有物.2」。

1年ぶりの続編です。
僕と妻の優子は戸籍だけの結婚で妻の所有権はご主人様の物でした。
僕と妻が結婚するに当たりご主人様は僕に誓約書を書かせました。
「私、○○まさきは忠広様(以降ご主人様)のご好意により優子と婚姻させて頂きました。

今後は以下の条文に従い生活させて頂きます。
1.私は戸籍上だけの夫であり、妻の所有権はご主人様にあることに同意します。
1.私と妻の恥ずかしい画像の所有権はご主人様の物であることに同意します。
1.私は陰部を永久脱毛し貞操帯を付けて生活いたします。
1.貞操帯の管理はご主人様に委任し、一生異性との性交は致しません。
1.ご主人様の許可無しに妻の身体には一切触れません。
1.私の住居の主はご主人様でありご自由にご使用下さい。
1.ご主人様と妻の性交に関る費用は全て私が支払います。
1.妻がご主人様の子供を孕んだ時は私の子供として大切に育てます。
1.ご主人様の行為に対して一切の反論、訴訟は致しません。
1.誓約書の追加変更はご主人様の権利であり無条件で従います。
1.ご主人様のご好意により妻と生活出来る事に一生涯感謝して生活させて頂きます。」
こんな内容でした。

僕の新居では常にご主人様が妻を抱いていました。
僕は正座をしてそれを撮影して射精後の後処理をさせて頂きました。
ですから妻の唇もおまんこも全て精液の匂いと味でした。
今夏、妻の膣丘に隠語刺青が彫られました。
真中に大きく淫乱と彫られ上には忠広様専用玩具、両サイドに公衆便女、変態マゾ、下に家畜奴隷と彫られていました。

「まさとこれどう?ご主人様にお願いして彫って貰ったの。私うれしくって。」
僕は全然うれしくなかったのですが、貞操帯の中でちんこが勃起しており、妻はそれを見て失笑していました。
「まさきはやっぱり変態マゾね。隠してるとこが可愛くってよ。ご主人様にお願いしてあげるからお前も彫って貰いなさい。」
僕はそんなつもりはなかったのですが股間はそれを望んでいました。
「しょうがねーな。美観無しの隠語刺青彫ってやるか。」
後日僕の恥丘とお尻は隠語だらけになりました。

役立たづちんこ、一生貞操帯、ケツマンコ孕ませて、獣姦させて、裸族等など。
「刺青入れたんだからまさきも夜のバイトしないとな。これから更に金がかかるからな。」
ご主人様が言われましたが僕は何のことか判りませんでした。
次の日、妻が「私、妊娠したみたい。まさき一緒に病院に連れて行って」と言いました。
「とうとうご主人様の子を孕んだんだ」僕は覚悟しました。
妻のラビアは今ではピアスでジャラジャラしており、ラビアは10cm以上垂れ下がっていました。

病院で診察を受けた後「奥様は妊娠3ヶ月です。順調ですが、陰部のピアスは出産時邪魔ですので外すようにして下さい。それと性癖に指導はしませんが恥丘の刺青の言葉のようなプレーは今後控えて下さいね。生命に関りますからね。」
僕は赤面してしまいました。
その夜、ご主人様に報告しました。

するとご主人様は「次回の診察の朝には優子に射精するからその状態で病院に連れていきな。先生に言われたら我慢できなくて来る前にSEXしましたっていいな。出産まで続けるからまさきは其の都度先生と看護師に笑われてきなさい。」
僕はまさかと思い青ざめましたが「判りました」と言うしかありませんでした。
ご主人様は臨月の直前まで生だしSEXを続け、僕は毎回先生に怒られ、看護師には失笑を買いました。

出産にも僕は立ち会いましたが、妻の出産は難産で苦しみました。
「もう無理、死んじゃう。先生、夫のおちんちん咥えてないと私無理です。お願いします、夫のおちんちん見せて下さい。」
「ご主人、出来ますか。」
「ええ、出来ます。ちょっと違和感あると想いますので、ビックリしないで下さいね。」
僕は思い切ってズボンを下ろしてパンツを脱ぎました。
そこにあったのは貞操帯を被ったぱいぱんちんこでした。

先生も看護師も目を見合わせました。
妻は僕の貞操帯ちんこを引き寄せて口元に寄せました。
看護師は明らかに嫌悪感を示していました。
妻は数十分後、僕のちんこの匂いを嗅ぎながら長女を出産しました。

お猿さんのような小さな顔でしたが明らかにご主人様の顔でした。
「旦那さんもうズボンはいてくれますか?凄く匂いがきつくて衛生面で問題ありますので。」看護師さんが言われました。
僕は感動と動揺の中で揺れましたが、優子を愛さずには居られませんでした。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR