エッチ体験談が12,000話を突破しました。

同級生のすみれちゃんに毎日Hないたずらをした話その3

PR

地球よりもきれいな丸顔さんから投稿頂いた「同級生のすみれちゃんに毎日Hないたずらをした話その3」。

続きです。もしよかったら、前回の体験談も読んでみてください。
6年生になってからは、すみれちゃんへのエッチないたずらは、エスカレートした。いつ、どこで触るかなどのパターンも決まっていた。まずは、早めに学校に登校して、廊下ですみれちゃんを待ち伏せした。

階段をすみれちゃんがのぼってくるのが見えると「おはよう」と言い、胸やお尻を触った。すみれちゃんが学校に登校する時間は、いつもバラバラで、早い日もあれば、遅い日もある。だから、早めに登校する必要があった。HRまで時間がある時は、図書室に連れていき、再び胸やお尻をたっぷりと揉んだ。
休み時間は、周りに人がいることが多いので、まったく触らないときもあったが、いけると思ったら、積極的に胸やお尻にタッチしたり、手の甲をぎゅーっと押し当てたりした。

そして、毎週木曜日の放課後は、長い時間すみれちゃんに触ることができる大チャンスだった。木曜日の放課後は、俺も、すみれちゃんも委員会の仕事がある。俺は、体育委員で、すみれちゃん、植物のお世話をする委員(名前は忘れた笑)だ。俺は、体育倉庫でボールや一輪車の空気入れをして、すみれちゃんは、その近くの中庭で水やりをしている。水やりが終わると、俺は、すみれちゃんを体育倉庫に連れていき、たっぷり触った。倉庫のカギの管理は、委員長の俺に任されていたため、その時間だけは、2人きりになることができた。まずは、いつものようにお尻を揉みまくった。

割れ目をなぞったり、指をお尻に挟んでみたり、普段は、できないようなことをここでたくさんした。マ○コの部分も触った。そして、その後にすみれちゃんのランドセルをおろして、後ろから胸を揉んだ。両手で片方ずつの胸を覆い、揉み方に強弱をつけたり、乳首をいじったりした。乳首をいじっている時が1番くねくねしてた笑笑 多分、気持ちいいとかじゃなくて、くすぐったかったんだと思う。というか、本人もくすぐったいって笑ってたし。

そして、右手は、胸を揉んだままで、左手をマ○コの方に持っていき、両方同時に触った。最初は、服の上からだが、途中からは、中に手を入れて生おっぱい、生マ○コを触った。
触り始めてから、30分くらい経つと「今日は、もうおしまい。また今度にしよ」とすみれちゃんは、言う。俺は、「もうちょっとだけ笑」と言い、いつも延長してもらってた笑
そんな感じで毎週木曜日は、体育倉庫に連れていき、すみれちゃんの身体を独り占めした。

回数を重ねていくうちに俺は、すみれちゃんの服を脱がして生おっぱいを見ながら、触ったり、舐めたりするようになった。下も全部脱がそうとしたが、パンツを脱がそうとするといつも抵抗したのでなかなか脱がすことが出来なかった。何度か強引に脱がせたことがあるが、前はしっかり隠してた。しかし、後ろのお尻は、丸見えでじっくりと観察することができた。いつもズボンまでは、許してくれたので毎週木曜日にどんなパンツを履いているかを見ることができた。その他にもランドセルから、すみれちゃんのリコーダーや、水筒を取り出し目の前で舐めたり、飲んだりしたこともある。

すみれちゃんは、すごく恥ずかしそうにこちらを見ている。リコーダーは、帰りのHRで吹く練習を毎日していたので、口をつける部分が唾液で濡れていた。それに興奮して、よく勃起してた笑
1つ気になっていたのは、すみれちゃんの委員会は昼休みに活動するはずなのに、何故かすみれちゃんは放課後にやっていた。これは、未だに理由がわからない。ただそのおかげで俺は、毎週木曜日はとても良い思いができた。

・朝のHR前、廊下で胸とお尻を触る。
・時間があれば図書室に連れていき、触る。
・HR後、隙をみてお尻に手の甲を当てたり、タッチしたりする。
・休み時間も同じように隙をみて触る。
・昼休み晴、外で遊び、さりげなく胸タッチしたり、お尻を触る。
・昼休み雨、図書室または、立ち入り禁止の4階に連れていき、10〜20分ほど胸やお尻を触る。
・掃除時間、6年生になってからは、毎月掃除場所が変わるシステムになったため、掃除中に触ることができない場合が多かったが、掃除場所が同じの時は、隙をみてお尻や胸を揉んでた。

・放課後、木曜日以外は基本的に何もしない。
こんな感じのスケジュールを卒業までひたすら繰り返してた。夏のプールの授業や、6年生だけで行われる冬の毎日マラソンという行事も最高だった。プールの時間は、みんなクラスで胸の大きい子に目がいきがちだが、俺だけは、どうやってすみれちゃんを触るか考えてた笑 スクール水着の上から触るお尻や胸の触り心地は、生で触るのよりも気持ち良くて好きだった。胸は、なかなか触ることができないが、お尻は、水の中だとバレにくい。1度だけ、まりなちゃん(前回の話に出てきた女の子)にバレたことがあるが、その時は、まりなちゃんのお尻も触ってやった笑

毎日マラソンは、3時間目の終わりの休み時間に6年生全員で学校の近所をマラソンする行事で、俺は、いつもすみれちゃんのペースに合わせて走ってた。周りに人がいなくなると走りながら、胸やお尻をタッチしたり、揉んだりした。タッチするとお尻がぷるんと震えて、ぽよんっていう感じの弾力も堪能することができたので、タッチは好きだった。卒業してからは、春休みに何度かすみれちゃんの家に行ったことがある。連絡すると断られる可能性が高かったため、無断で家まで行った笑 家には、すみれちゃんのおじいさんがいて、遊びにきましたと言うとすんなりすみれちゃんの部屋まで案内してくれた。

入るとすみれちゃんは、すごく驚いていたが気にせず俺は、すみれちゃんの胸を両手で揉んだ。胸やお尻を1時間ほど堪能すると部屋のタンスを勝手に開けて下着を取り出したりした。キャラクターがデザインされたものが多かった。「いつもこんなの履いてるんだー笑」と言うと恥ずかしそうに笑う。俺は、顔に被ったり、買ってもらったばかりの携帯で写真を撮ったりなどして楽しんだ。そのあとは、子供らしく2人でゲームをして、帰る前にもう1度、すみれちゃんを裸にして胸やお尻をじっくり触った。C学生になってからは、同じクラスになることもなく、部活動が忙しくて、すみれちゃんに会うことがほとんどなかった。

K校も別々で今は、何をしているのかすらわからない。
長文失礼しました。自分で文章を読み返してみるとあの時の記憶が蘇ってきます笑 今回この体験談を書こうと思ったのは、数日前に最寄りの駅で、すみれちゃんに会ったからです。向こうから、俺に声をかけてくれました。良い機会だと思い、俺は小学生時代に自分がやってきたことについて彼女に謝りました。すみれちゃんは、すんなり俺のことを許してくれて、電車が来るまでの間、あの時の話をしました。

話を聞いていると、すみれちゃんは、胸やお尻を触られたことに対しては、全然怒っていないことがわかった。しかし、「私には、○○君のアソコ触らせてくれんかったよね?」とか、「たまに皮膚に爪が食い込んで痛かった。」みたいな感じのことでめちゃくちゃ怒られた笑
また、「どうして先生や親、友達にチクらなかったの?」と聞くと、「先生や親に言ったところで、お互い良いことがないから」とすみれちゃんは、言った。俺は、先生にこっぴどく叱られるだろうし、すみれちゃんは、話すことでとても恥ずかしい思いをするからだそうだ。その話を聞いたあと、俺は、「すみませんでした」と「ありがとう」を彼女に向けて言った。

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR