エッチ体験談が12,000話を突破しました。

痴漢された母

PR

巨根中学生さんから投稿頂いた「痴漢された母」。

僕(C学2年)の母は34歳。
童顔で小柄な体型のため実年齢より若く見えると思います。身長は150cmぐらい、ウエストは細いのに胸はDカップ。
外見だけでなく、おっとりとした優しい性格の母は僕の自慢です。

「翔太の母さんってめっちゃ若くて可愛いよな」って学校の友達からよく言われ、母目当てで僕ん家に遊びに来たがる人も居るほどです。

先日、都内に用事があり母と二人で電車に乗る機会がありました。

ノースリーブのトップスに巻きスカートの服装は、ほどよい肌見せでとても艶っぽさがありました。
そんな母と電車に乗ることは、胸が高鳴ると同時に気恥ずかしい気持ちもありました。だから僕は母に背中を向けていました。

「翔太、翔太」

母が僕の背中をトントンするので、向き合う態勢になりました。

「何?お母さん」

「翔太と電車に乗るの久しぶりね」

「うん」

「翔太、用事が住んだらお昼ご飯の時間だと思うけど何食べたい?」

「ハンバーグ」

距離20cmぐらいでの、とりとめのない会話は僕にとって楽しくドキドキした時間でした。色白な肌質、ナチュラルメイク、大きな目、髪の毛の香り、時折かかる吐息、ノースリーブごしのバスト。中学生の僕は、それだけで下半身を熱くしていました。

次の駅で母の背中側のドアが開きドカドカと人がたくさん乗ってきました。
20歳前後のヤンキー風の3人組みが後ろの乗客に押されるかたちで母の真後ろ、右側、左側になりました。

「翔太、混んできたね、大丈夫?」

「うん、大丈夫、お母さんは?」

「お母さんは大丈夫よ」

3人組みは遠慮なく舐めるような視線を母に向けていました。僕はイヤな予感がしました。3人とも小柄な母より頭ひとつ以上大きく、取り囲まれ逃げ場がなくなったことが僕の不安を大きくしました。

「キャッ」

その時、電車が急に揺れて母は後ろによろけてしまいました。とっさに、母の背中側にいたヤンキーは低く落とした自分の腰を母のお尻に突き上げました。まるで、その男の下半身に母が支えられたような格好でした。

「ごめんなさい、ごめんなさい」

母は恥ずかしそうに後ろを振り向きながら言ってました。

背中の男はニヤニヤしながら、左右の仲間に

「やべぇ!今のめっちゃ気持ち良かったぜ。勃起してきた」

と言いながら母の頭頂部の髪の毛の匂いを嗅いでいました。

右側の男は

「いいなぁ、お前。俺もケツ側が良かったかな。でもこっちは顔がよく見れるぜ」

と言いながら母の顔を覗きこんだり下半身を母の脇腹あたりに押し付けたりしてました。

母は自分の頭上での3人組みの会話聞き、顔を真っ赤にしながら僕を一瞬見たあとうつむきました。

そして次の駅でも乗客が増え、母と正面の僕そして3人組みの位置関係は変わらず密着度のみが高まりました。

「あっ」

と言う声とともに、母はお尻をもじもじ動かしたり、胸の前で組んでた両手をおろして3人組みのやらしい手を振り払ったりしているようでした。
痴漢されてることを僕に気付かれないように母は健気に平静を装っていたようです。

母の正面で密着していた僕は、下半身がいつ爆発してもおかしくない状態でした。当然、母も僕の勃起には気付いていたと思います。

「お母さん、大丈夫?凄く混んでるけど」

「翔太、お母さんは大丈夫よ、あと少しで到着ね」

背中側の男は「チェッ」と舌打ちすると同時に、母の細い腰を両手でがっちり掴み自分の下半身に叩き付けるような動きを始めました。一瞬、華奢な母の身体が宙に浮きました。

母の口から

「イヤっ」

と声が漏れ、大きな目からは涙がこぼれてました。数分間、男の強烈なピストン運動がつづきました。

母の巻きスカートはめくれあがりショーツに精液を放出されたようです。

僕は母のお腹あたりに下半身を押し付けパンツの中で発射してしまいました。

背中側の男に捲られたスカートを整えながら、母は心配そうに正面の翔太を見た。

「ごめんね、翔太」

「うん、、」

C学2年の息子が熱くなった下半身を押し付けてきたのは、混んでる電車内でバランスを崩して私が転倒したりしないようにするためだったと母は思っていた。

「あー、めっちゃ気持ち良かった」

背中側の男は、左右の仲間にそう言いながら自分のイチモツをパンツの中にしまった。

左右の男は、紅潮した母の顔を覗き込みながら、いまだ下半身を脇腹に密着させ腰をゆっくりと降っていた。

「いいなー、お前だけ。俺もやっぱケツ側が良かったな」

母を取り囲むように左右、背中の3人のヤンキー風の男たちは、ニヤニヤしながら会話を続けていた。

数分後、電車は駅に到着し、3人組みにお尻や胸を揉みくちゃにされながらも、なんとか降車することができた。

目的地の駅のホーム、人の流れからちょっとはずれた場所で、

「お母さん、さっきの男にセックスさせられたの?」

「させられてないわよ、翔太心配かけてごめんね、お母さんは大丈夫だから」

母は一刻も早く、見知らぬ若者の精液をかけられたショーツを脱ぎ捨てたかった。

「お母さんはちょっとトイレに行ってくるから、ここで翔太はちょっと待っててくれる?」

「お母さん、僕もトイレ行く」

ホームからエスカレーターで改札口のあるコンコースに降りると、すぐ近くに多目的トイレがあった。

トイレの中で母は、汚されたショーツを素早く脱ぎゴミ箱に捨てた。
翔太が下半身を両手で押さえながらもじもじしているのをみて、、

「翔太、お母さんが手伝ってあげるから早くしてね、用事の時間に遅れちゃうわよ」

母は翔太の前に来ると腰を落とし、ベルトを外しズボンを膝までおろした。その瞬間、青臭い精液の匂いが鼻をついた。

無言で母は、精液で汚れた僕のパンツをトイレットペーパーで拭いた。パンツの中も拭かなきゃと思ったのかパンツも膝までおろした。

「翔太、ちょっと待ってて」

というと、母はハンドバッグからハンカチを出し、ハンカチを水で湿らせてきた。

「冷たいけどすぐ終わるから我慢してね」

と言いながら、湿ったハンカチでオチンチンの周りを拭いた。
僕は仁王立ちの姿勢のまま、オチンチンに顔を近付けながら優しく丁寧に拭いてくれている母を見ていた。ノースリーブの胸元を真上から見おろすと、襟の中に汗ばんだ白い乳房が見えた。
細く白い母の指が、僕のオチンチンを優しくちょこんと掴み、ハンカチで拭き始めた時またしても下半身が熱くなってきた。

「あ、ごめん翔太。もう綺麗になったから終わり」

母は、そう言いながら、つとめて明るく振る舞っていたが動揺は隠せない様子でした。

「お母さん、ちゃんと拭いてよ。オチンチンなんだか気持ち悪いし」

母は耳まで真っ赤にして、また無言で僕のオチンチンを掴みハンカチで拭き始めた。時折、母の吐息がオチンチンにかかった。母の柔らかな手は今まで経験したことのない快楽でした。

「あっ!出る、行くっ!!」

と僕は叫ぶと同時に、母の頭を両手で掴みオチンチンを母の顔に擦り付けた。

「えっ?ヤダ、ダメ」

と言いながら母の顔は僕の精液でドロドロになった。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR