エッチ体験談が12,000話を突破しました。

許さない、地獄を見せてやる

PR

茜さんから投稿頂いた「許さない、地獄を見せてやる」。

これは私が結婚前の話
当時私はフリーターしてて、彼氏もハロワ通いしながらフリーターしてた
私と彼は同じとある飲食店のバイトで知り合い、仲良くなって私が彼氏の部屋に転がり込んだ

同棲始めてから彼氏はちゃんと職に就いて私をいつか嫁にしたいとハロワに通うようになった
私も大事に思ってくれてる彼氏が大好きで彼の家族に挨拶にも行ったりした
そんな彼氏に就活で面接で手応えあってそろそろ決まるかもって頃に、身の回りでなんか不審な人がウロウロしだした
目に見えてウロウロしてても、彼とは住まいもバイト先も行き帰りも常に同じだったので特に気にする必要もなかった

気にしなさすぎて危機感も持ってなかったのも、事件へと発展した要因だと思う
ある日、仕事終わって宅飲みで冷凍のフライドポテトを用意して彼と飲もうとした
が、塩が切れてた
あっ、ごめーん塩切らしてたそこでちょっと買ってくるね
と私は賃貸マンション出て、近くのファミマへと走った
塩のついでにチューハイを3本買って、信号待ちしてたらいきなり何者かに茂みに引きずり込まれた

何者かは二人組だった
私は服を脱がされ、上半身はブラが片方外れて右のおっぱいがこんにちは
下はジャージ履いてたけどあっという間に脱がされパンツの隙間から全く濡れてないのに二人組の片方に即挿入された
腰を振りだす暴漢
私は泣きながら男を押し退けようとしたけどもう片方に押さえられなす術なかった
「何してんだ!」
と犬を連れた通りがかったオジさんが声を上げた
犬がけたたましく吠え、びっくりした男達は逃げていった

オジさんは顔馴染みの近所のオジさんだった
「大丈夫か!?」
オジさんが脱ぎ散らかされた服をかき集めてくれた
私は何も喋れなくてただ泣くしかできなかった
私を知ってるオジさんだったので私をマンションまで送ってくれて、部屋へのフォンを鳴らして部屋にいた彼氏が大慌てで降りてきた
私の身に起きたあらましを彼氏に説明するオジさん
泣き崩れる私を彼が抱き締めてくれて彼氏が警察に通報して、そのまま病院に連れてってくれた
中には出されてはいなかったもののれっきとしたレイプ事件

ほどなくして犯人は捕まった
私を押さえていた方はは認めて、私を犯した方は否認だった
そして否認した理由だけど、あれは合意の上だからということだった
その頃やってた出会い系の書き込みを見た上でのプレイだったと
書き込みには私の住所とバイト先が
更に私は髪留めに赤いのと白いのを愛用していたんだけど赤い髪留めの時はいつでも襲っていいと書き込みしてあったらしい
もちろんそんな書き込み私は全く身に覚えなくて、そもそもそんなサイトすら知らなかった
私が髪留めしてる事や住所とバイト先を知ってることから書き込みの犯人は絞られすぐに検挙された

犯人は私と彼のバイト先の女店長だった
私の彼が好きで嫉妬した店長の犯行だった
すぐに示談の話が出たが、私は許さず、徹底的にやってと警察と弁護士にお願いした
私は汚されたけど彼は私を一生守らせてくれと逆に泣きながらお願いされて、彼の就職が決まると同時に籍をいれました
籍をいれて2年ほど経ちますが、一昨日懐妊しました

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR