エッチ体験談が12,000話を突破しました。

田舎の川で会った、すっぽんぽんのJS

PR

まるまるさんから投稿頂いた「田舎の川で会った、すっぽんぽんのJS」。

何年か前の夏のことだけど、田舎の山奥で渓流釣りをしていて、途中で腹が空いた俺は、沢を下った所にある定食屋に昼飯を食べに行こうとしていた。

弁当もっと持ってくるべきだったな。なんてことを考えながら山道を歩いていると、前の方になにやら小さな人影が動いているのが見えた。

気になって足早に近づいて行ってみると、そこにはなんと、すっぽんぽんのS学校高学年くらいの女の子が歩いていた。

日焼けした体の、丸出しの小さなお尻をフリフリさせながら、川沿いを歩きながら遊んでいるようだった。

俺の足音が聞こえたらしく、女の子は後ろをクルッと振り向いてきた。
そして近づいていく俺に

「こんにちは!」

と元気に大きな声で挨拶をしてきたのだった。

女の子は完全に素っ裸で、上から下まで隠す物のないすっぽんぽん。
身につけている物といえば、手首のミサンガと足元のサンダルくらいだ。

まだ胸は男の子と変わらないくらいペタンコだが、小粒な乳首だけぷっくりと膨らんでいて、発達段階にあることが分かる。
お股にはまだ子どもらしく毛が生えてないみたいで、ただのシンプルな一本線だった。

「何してるの?」

と、こちらが話し掛けると女の子はクスクス笑って

「水遊びしてんの。冷たくて気持ちいいよ」

と言って笑顔で無邪気に答えてくれた。
よく見ると女の子は顔立ちも可愛らしい。大きなおめめがクリクリしてて、子供らしい幼い感じの可愛さだ。

「おじさんはどこに行くの?」と逆に聞かれたので「この下の定食屋に飯を食べに」と答えた。

「あ、○○ちゃんのとこだ」と女の子は知っているようだった。

「君ここいらの子?」と尋ねると女の子は「そうだよ~」と答えた。
「いつも真っ裸で水遊びしてんの?」と聞くと「うん。川だといつも裸んぼ」

全部丸見えの素っ裸なのに、恥ずかしそうでもない平気な感じだったから思わず

「裸んぼ見られても恥ずかしくないの?」と聞いてしまった。

「・・・クラスの男子に見られたら恥ずかしいかも」

と女の子は照れくさそうな笑顔ではにかんで言った。

俺はそのまま女の子と喋りながら、沢を一緒に下っていった。

女の子は沢に時々入っては、石をどけて「いないな~」などと呟いていた。
「サワガニ?」と聞くと「うん」と短く答えた。
石をどけようとしゃがむ度、ぴっちり閉じ合わさったお股のスジが、ちょっとだけ開いてしまい、ピンク色の女の子の秘所が丸見えになってしまっていた。

開き気味のワレメからは、芽のような可愛らしい突起がぴょこっと顔を出しており、そのエッチな光景に何度もドキドキされながら、やっと沢を下りきった。

「じゃあね~」と女の子は手を振って、また山の茂みに入ってすっぽんぽんのまま走って行ってしまった。

自然あふれる田舎の、山奥の沢で無邪気に遊ぶすっぽんぽんの女の子が、なんだか妖精みたいに見えてしまった。

田舎のちびっ子はわんぱくなんだなあと思い、ちょっぴりハッピーな気分になった1日だった。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR