エッチ体験談 12,000話 突破!!

夫婦の寝室で娘と

教育パパさんから投稿頂いた「夫婦の寝室で娘と」。

性に興味津々な娘はI1歳。
妻に内緒で性教育をした。
「ママには内緒の勉強しようか」
「何何?」
「お前が一番知りたがってるエッチな勉強だよ」

「やったー!」
「声が大きい、静かにね」
「ごめんなさい」
「よし、良い子だ。それじゃ服を脱いで」
「恥ずかしいよ」
「パパも脱ぐから」
「わかった」
裸になって向き合う。
胸は少し膨らんでるけどまだまだ小さい。
その頂点にピンクの可愛らしい乳首が付いてる。

下はツルツルのパイパンだ。
「パパのオチンチンを触ってごらん、硬くなるから」
「フニャフニャだよ?硬くなるの?」
「優しく擦ったり舐めたりしゃぶったりしてくれたらすぐに硬くなるよ」
「こんな感じ?」
恐る恐るチンポを扱き、先っぽをペロペロと舐めてくれる。
そして小さな口にチンポを咥えてくれた。
初めてで歯が当たるが、それもまた初々しくて気持ち良い。
「上手だよ、もう少し歯が当たらないようにしゃぶれたら最高だね」
「んぶ…んぐ…んむ…ぷはっ…難しいね」

「今みたいにオチンチンをしゃぶるのをフェラチオって言うんだよ」
「フェラチオ?」
「そう、略してフェラとも言う」
「フェラチオとフェラね、覚えたよパパ」
「次はパパが頑張る番だな、寝てごらん」
「これで良い?」
「そしたら足を広げてお股見せて」
「はい」
「綺麗なお股だね、女の子のここはオマンコとかマンコって言うんだよ」
「オマンコ…覚えた」

「オチンチンしゃぶってくれたみたいに、パパがオマンコ舐めるからね」
娘の股に顔を埋めてクンニをする。
縦筋だけのマンコを広げ、割れ目に舌を這わせる。
「ふわぁ!何これ!オマンコがムズムズする!」
「気持ち良いかい?」
「わかんない!変な気持ち」
「すぐに気持ち良いと思えるようになるよ」
穴に舌を入れたりクリトリスを舌先で突いたりすると、一丁前にマンコを濡らし始めた。
「オマンコが濡れてきたね、気持ち良くなってきたかな?」
「パパぁ…オマンコが変だよぅ…」

「どんな感じ?」
「ゾクゾクして頭がフワフワするの」
「それが気持ち良いって事だよ」
「これがそうなんだね、もっとしてぇ」
クリトリスを舐めつつ小さな穴に小指を入れてみる。
「分かるかい?今オマンコにパパの小指を入れたんだよ」
「はふぅ…オマンコ気持ち良いよパパぁ」
「こうしてオマンコ舐めるのをクンニ、指でオマンコ弄るのを手マンて言うよ」
「気持ち良くて覚えられないよ~」
「後でまた教えてあげるね」
「うん、それよりもっと気持ち良くして~」

「じゃあ、今度は舐め合いっこしようか。パパの上に乗ってオチンチンしゃぶって」
「んしょ…パパもオマンコ舐めてね?」
「一緒に気持ち良くなろうね」
娘がチンポを咥えると同時にクンニを再開する。
マンコがパクパクと開いたり閉じたりして誘ってるようだ。
「ここからはお尻の穴、アナルも弄るからね」
「お尻の穴は汚いよ~」
「可愛い娘のアナルなら汚くないよ」
そう言ってアナルを舐め、愛液を付けた小指を挿入してみる。

「んん~、変な感じだよパパ」
「慣れると気持ち良くなれるから頑張れ~」
「ん…わかった」
クリトリスを舐めつつ穴に小指を入れ、更にはアナルにも小指を入れられながらチンポをしゃぶる娘。
フェラチオにも慣れ始めたのか、歯が当たらなくなり、激しさを増していく。
「ああ~、フェラチオ上手だよ、パパ気持ち良くて精子出そうだ」
「何か出るの?精子ってどんなの?」
「赤ちゃんを作る為のものだよ、気持ち良いとオチンチンから出る白くてドロッとしたものだよ」
「見たい!」

「出る時に言うから、もっとフェラチオして」
「はぷ…んぐんぐ…」
慌ててチンポを咥えて舌まで使ってしゃぶってくる。
よほど精子を見たいらしい。
自分ばかりじゃなく、娘も気持ち良くする為に頑張る。
「あふ…パパ待って、何か来る!」
「イクのかな?最高に気持ち良いから安心してイッて」
「パパ恐いよ」
「大丈夫、気持ち良いだけだからね。1度イケたら病みつきになるよ」
「あっ…あっ…あっ…来る!来ちゃう!パパぁ!オマンコが!っくぅ~!」
「パパもイクよ!精子出すからね!」

娘にチンポを握られて顔を擦り付けられた状態で射精した。
精子が天井に向かって勢い良く迸り、重力に引かれて娘の顔に落ちる。
「あふ…ふぇ?パパのオチンチンから白いの出た!」
娘を上から降ろして体を跨ぎ、顔の目の前でチンポを擦って更に精子を絞り出す。
「これが精子だよ、この精子をオマンコの中に出すと赤ちゃんが出来るんだ。パパがママのオマンコにオチンチン入れて精子出したからお前が産まれてきてくれたんだよ」
「へぇ~、こんな大きいオチンチンがオマンコに入るんだね、えへへ…顔が精子でドロドロになっちゃった」

「精子舐めてごらん」
チンポの先から溢れずにいる精子を吸わせる。
「変な味…でも嫌いじゃないかな?」
「そうか、なら顔に付いた精子も舐めちゃおうか」
チンポを使って娘の顔に付いた精子を口元に集める。
娘は全部飲み込んで、更にチンポを咥えて吸ってきた。
「パパの精子飲めたよ、偉い?」
「ああ、偉いな~大好きだぞ」
「ねえ、またオマンコ気持ち良くなりたい」
「次は抱っこして気持ち良くなろうか」

座って娘を後ろから抱きかかえ、チンポをマンコに擦り付ける。
クリトリスを指で愛撫するのも忘れない。
「あぁん…パパのオチンチンがオマンコに擦れて気持ち良い」
「だろ?オッパイも気持ち良くなろうか?」
抱えた腕を上にずらして小さな膨らみを揉み、乳首を指で挟んでクリクリと優しくマッサージ。
「あっ…パパそれ気持ち良い」
「こっち向いて」
娘が顔を上げて振り向く。
その可愛らしい唇に唇を重ねて舌を入れた。
「はむっ…ん…ちゅ…」
「大人のキスはどうだった?」
「はふぅ…」
衝撃的だったのか、娘がボーッとしてる。
そしてハッと気付いて瞳を輝かせる。

「もう一回!もう一回して!」
クリトリスと乳首を弄られながら素股を受け、更にディープなキスをされて大興奮だ。
リクエストに応えてキスをする。
娘からも舌を絡ませてきて貪り合う。
「んんっ!んふっ!」
娘が体を震わせてイクが、キスを止める気配がない。
腕を上げて私の頭を抱えるようにして抱きついてる。
マンコは大洪水だ。
これなら入りそうだと思い、少し角度を変えて大きく腰を引く。
クリトリスを愛撫してた手でサポートして、チンポを小さなマンコの入り口に誘導する。

割れ目を広げて穴にチンポの先端を入れていく。
「んん!パパ待って!痛い!」
「まだ痛かったか~、これだけ濡れてればセックス出来ると思ったんだけどな」
「セックス?」
「赤ちゃん作るのにオマンコにオチンチン入れて精子出すって言ったでしょ?それがセックスだよ」
「パパと私で赤ちゃん作るの?」
「赤ちゃん作らなくても、気持ち良くなる為にもセックスするんだよ」
「でも痛かったよ?」
「初めては痛かったりするみたいだよ、慣れてくると凄く気持ち良くなるんだよ」

「痛いのやだな~」
「今日はやめとこうか?」
「でもセックスしてみたい」
「なるべく優しくするから我慢出来るかな?」
「う~、頑張る」
挿入途中のチンポをゆっくりと押し込んでいく。
苦しそうな唸り声を上げるが、娘は何とか我慢していた。
「オマンコが小さいからパパのオチンチンじゃ大きすぎたかな?でももう少しで入りきるから頑張って」
「うう~、頑張る~」
狭い穴を進み、子宮を押し上げるようにしてチンポが全部娘に入った。

「ほら、見れるかな?パパのオチンチンが全部オマンコに入ってるだろ?」
「はう~、あっ、本当だ!オチンチンがオマンコに入ってる!」
「本当はこれで腰を振って中をオチンチンで擦るんだけど、今日はこのままクリトリス弄って終わりにしようか」
「もう大丈夫だから、ちゃんとセックスして!」
「そっか、なら優しくするね」
ゆっくりゆっくり腰を引き、ギリギリまで引き出したら同じようにゆっくり再び押し込んでいく。
「ひゃん!ふぁっ!はぁん…」
「大丈夫かい?辛かったら止めるよ?」

「違うの、中で擦れて気持ち良いの」
「そうなんだ、このままゆっくりセックス続けるね」
「パパ、キスしたい」
「じゃあ体位を変えようか」
一旦チンポを抜いて正常位で入れ直し、覆いかぶさってキスをする。
「パパ暖かい」
「セックスは気に入ったかな?」
「うん、またしてくれる?」
「何度でもしてあげるよ」
動きがゆっくりでも、小さくて狭いマンコに吸い付かれて擦れると気持ち良いもんだ。

「そろそろ精子出そうだ、このままオマンコの中に出すからね」
「赤ちゃん作るの?」
「生理来てたっけ?」
「先月から始まったよ」
「じゃあ中に出したらマズいかな」
「えー、でもパパの精子欲しい」
「ん~、なら今日は特別な」
「やった!」
言ってる間に精子がこみ上げてきた。
「出すよ!」
言うが早いか勢い良く精子が放出される。

特別だからしっかりと根本まで挿入して、子宮に直接注ぎ込み。
「パパの精子出てるの分かるよ、オチンチンがビクンビクンしてるし、お腹の中に温かいのがビュッて入ってきて、ジワ~って広がってくみたい」
「そんな感じなんだね、パパは出すばかりだから知らなかったよ」
「温かくて凄く気持ち良いの、またイキそうになったよ」
「キスしようか」
娘をギュッと抱き締めて座位に移行して舌を絡ませ合う。
途端に娘がビクンビクンと痙攣してギュッとマンコが締まった。

ただでさえキツい穴が更にキツくチンポを締め付ける。
射精したばかりなのにまた続けて射精してしまった。
「んふ…また出てる…」
「オマンコ締めるから気持ち良くて出ちゃったよ」
「わざとじゃないよ?キスしたらイッちゃって」
「わかってるよ、気持ち良かったろ?」
「うん、ずっとセックスしてたいくらい」
「そうもいかないからな、セックス出来ない時はオナニーして我慢しなさい」
「オナニー?」
「自分でオマンコやアナルを弄って気持ち良くなるんだよ」

「パパがしてくれたみたいに弄るの?」
「そう、弄る時にパパとのセックスを思い出したり、どんな風にセックスして欲しいか考えながらするんだよ」
「毎日オナニーばかりしちゃいそう」
「パンツ履いたままだとパンツが汚れてママに怒られるから、オナニーする時はパンツ脱ぐんだぞ?」
「裸になるの?」
「裸でも良いし、下だけ脱いでも良い」
「試しに今してみて良い?」
「じゃあ、オチンチン抜くからパパの前でオナニーしてみなさい、物足りなかったらオチンチンしゃぶらせてあげるから」
「見ててね」

娘が精子が溢れ出すマンコを指でかき回しながらオナニーを始める。
膨らみかけの胸もしっかりと触って、とてもI1歳とは思えないエロさだ。
「パパぁ…私のオナニーちゃんと見てくれてる?凄く気持ち良いのぉ…」
「見てるよ、物凄くエッチだ」
「ねえ…オチンチンしゃぶらせて」
「目の前にあるから欲しくなっちゃった?」
「うん、パパのオチンチン好きなの」
娘にチンポを近付けると、オナニーしたままジュポジュポとしゃぶり始めた。
「おひんひんおいひいよぉ」
「すっかりフェラチオにも慣れたね、ご褒美に口の中に精子出してあげるよ」
「らひて~のまひぇて~」
「零さずに飲むんだよ」
ビュルッと口内に精子を出すと、娘は強く吸い始める。

だがまだ飲んでる様子はない。
射精が終わると最後の吸い出しをしてくれて、チンポから口を離す。
「ほら、みへ」
「おお、飲まずに溜めたのか。舌でかき回してエロいな~」
「へへ~、ん…んく…はぁ…飲んじゃった」
「美味しいかい?」
「嫌いじゃないけど美味しくはないかな?でもパパのだから好き!」
「正直で結構だな、で、オナニーはどうだった?」
「やっぱりパパとセックスした方が気持ち良いよ、でもセックス出来ない時はオナニーで我慢する」
「なるべくママに見つからないようにしていっぱいセックスしてあげるからね」
「うん!あ、ママ帰って来たみたい。玄関きら音がする」
「早く服着なきゃ!急いで急いで」
慌てて服を着てベッドを直して寝室を出る。

娘と一緒に嫁を出迎えて夕飯。
嫁が食器を片付けて洗い始めたら、娘がテーブルの下に潜り込んで私のズボンのチャックを下ろした。
「何してるの!ダメだよ、ママがいるでしょ?」
「洗い物してるから大丈夫」
娘は辞める気配がない。
ついにチンポを引き出されて咥えられた。
「えへへ…ドキドキするね」
「悪い子だな」
「パパだってオチンチン硬くしてるよ?」
「あはは、可愛い娘にしゃぶられたら硬くなるさ」
「ねえ、セックスしよ?」
「ここで?」
「そう、抱っこして」
娘をテーブルの下から出して膝に乗せる。
すると娘はパンツの股の部分を横にずらしてマンコをチンポに擦り付けてくる。

「ねえ、いいでしょ?オチンチン入れてよ」
「仕方ないなぁ」
娘を持ち上げる。
「自分でオチンチンの位置を上手くオマンコに合わせるんだよ?」
「うん」
小さな手でチンポを握り、穴に合わせてくれる。
そのまま娘を下ろしてマンコに挿入。
「ふあぁ…やっぱりオチンチン気持ち良い」
「あまり声出しちゃダメだからね」
小さく腰を動かして子宮口を突き上げる。
娘はトロンとした表情で私にもたれ掛かる。
すると背後から嫁が声を掛けてきた。

「あら、今日はずいぶんパパに甘えてるわね」
「いっぱい遊んだからな」
「良いわね~、楽しかった?」
「うん、またたくさん遊んでもらうの!」
「勉強もちゃんとやるのよ?」
「パパに勉強見てもらうから大丈夫」
「良かったわね」
洗い物を終えた嫁がテーブルに着く。
私とはL字型になる位置に座った。
甘える娘を微笑ましく見てるが、これじゃ動けないし抜く事も出来ない。
ヤバいと思ったが、娘ははしゃぐフリして上手く腰を振ってくる。
おかげで嫁の見てる前で娘のマンコに射精してしまった。
娘は満面の笑みだ。
「あらいけない、お風呂溜めなきゃ」
嫁が思い出したように呟いて風呂場に向かった。
この隙にチンポを抜く。

「危なかったな~」
「気持ち良かったね」
「オチンチン汚れちゃったから綺麗にして」
軽くお掃除フェラをしてもらった。
チンポをしまって一息つくと嫁が戻ってきた。
暫しの団欒。
じきに風呂のタイマーが鳴り、順番に入浴タイムだ。
「今日はパパと一緒に入る!」
「あららら、本当に甘えん坊ね」
「たまには良いじゃないか」
娘を抱えて風呂場に向かう。
ダイニングを出るとすぐに娘がキスしてきた。
舌を絡ませながら歩き脱衣場に到着。
服を脱ぐと娘にチンポを握られ、そのまま風呂に。

先ずは娘の頭と身体を洗い、次に自分を洗う。
「パパ~、オマンコから精子垂れてきちゃった」
「ありゃ、また洗わないとな。ちょっとお腹に力入れていきんでみて」
「ん、こう?」
娘がいきんだ瞬間、更に精子がマンコから流れ落ちる。
ボタボタと洗い場の床に精子が零れ落ち、その量に我ながら驚いた。
「こんなに中に出してたんだな」
「いっぱい出してくれたもん、まだ中に入ってる感じするよ」
「出せそう?」
「無理…ウンチも出ちゃいそう」
「無理はしないで良いからね、ほら、もう一度オマンコ洗おう」
精子を流して洗い直す。
「パパにオマンコ触られると気持ち良いね、またセックスしたくなっちゃった」
「遅くなるとママが心配するからお風呂ではダメ」
ブーブー言う娘を宥めて風呂から上がり、身体を拭く。

拭いてる最中も娘はチンポを見つめたままだ。
「そんなにオチンチン欲しいの?」
「欲しい」
「ママがお風呂入ってる時にしてあげるから」
「約束だよ!」
ダイニングに戻り嫁と交代。
水分を補給してリビングに移動する。
ソファーの上で娘を抱き、またオマンコに中出ししてしまった。
お掃除フェラでもう一度射精して飲ませた後、嫁が風呂から上がったので終了。
「パパと一緒に寝たい」
「良い物見せてあげるから、一旦部屋に戻ってからパパとママの寝室のクローゼットに隠れてなさい」
「何見せてくれるの?」
「パパとママのセックス」
娘は他人のセックスを見れると喜んだ。

娘を連れて部屋に行き、一旦別れてリビングに戻る。
嫁と少し話をして時間わ潰して寝室へ。
二つベッドを並べてあるが、今日は嫁とセックスするから一つのベッドに入る。
「久しぶりね、あなたに求められるの」
「二人目欲しいだろ?」
「欲しいけど純粋に私を愛して欲しいわ」
「愛してるさ、当たり前だろ?」
「ふふ…私も愛してるわ」
クローゼットの扉が僅かに開いてるから娘は打ち合わせ通りに隠れてるんだろう。
なるべく娘が見やすい角度と体位で嫁とセックスする。
「こんな格好恥ずかしいわ」
「たまには良いじゃないか、マンネリはつまらないだろ?」
「そうだけど…そんなにオマンコ広げないで…」
「そんな事言ってもオマンコは喜んで涎垂らしてるぞ?」
「やだぁ…もう」

娘が見てると思うと余計に興奮して、普段はやらない体位もしてしまった。
嫁は大満足で今まで嫌がってしてくれなかったお掃除フェラまでしてくれた。
「今日のあなた凄かったわぁ…何度もイかされちゃったぁ…」
「喜んでもらえて良かったよ、俺も気持ち良かったよ。愛してる」
「んむ…愛してるわ」
嫁を抱き締めて頭を撫でる。
すぐに嫁から寝息が聞こえ始めた。
クローゼットに向かって合図を送ると、娘がそっと扉を開けて出て来た。
娘の顔は完全に発情してる顔だ。
少しだけ待ってもらい、嫁を離して娘を抱いてキスする。
「どうだった?」
「凄かった…ママがあんなにエッチなんて」
「興奮した?」
「うん、オマンコが疼いてずっとオナニーしてた」
「ここでセックスしようか?」
「良いの?」
嫁の真横で娘を脱がして抱いた。

激しくすると嫁が起きるから静かにやったけど、それでも興奮してまたオマンコに中出しを何度もした。
そして娘を連れて部屋に行き、そこで遠慮なしの激しいセックスをする。
「あ!あ!あ!パパ~!オマンコ気持ち良いの!もっとオチンチンで突いて~!」
「ママより気持ち良いよ、もっと激しくするからね」
野獣のように娘を貪り、ゴボゴボとマンコから精子が溢れて流れ落ちる程に中に出した。
娘は半分くらい意識が無い。
流れ出す精子をチンポで掬い、マンコと胸と顔に塗り広げる。
「ん…パパ…」
「マンコから精子が流れて勿体無いから、娘ちゃんにマーキングしちゃうね」
「うん…パパの匂い付けて…」
顔も身体も精子まみれになりながらも、娘は満足そうに笑う。

そしてチンポを美味しそうにしゃぶりながら目を閉じる。
赤ちゃんがオッパイを吸うように、寝たままチンポを吸っている。
暫く吸わせたまま様子を見て、塗り広げた精子が乾いたらパジャマを着せてあげる。
「おやすみ」
寝た娘にそっと声を掛けると、寝言が返ってきた。
「オチンチン…」
どんな夢を見てるやら。
寝室に戻って嫁を抱き締め直し、眠りについた。
翌朝は嫁も娘もツヤツヤしてた。

1 COMMENT

サイトウ

まったく、なんてとんでもない父親だろうね❗️❓️。11歳の娘さんに初体験セックスの勉強をさせるのかね❗️❓️。しかも、娘さんのほうが、セックスに興味をもって、パパとラブラブセックスがしたいなんてね❗️♥、散々娘さんとラブラブセックスをたくさん楽しんで、奥さんとラブラブセックスをのぞき見させてね、とんでもない父親だよね❗️♥。いっそのこと、奥さんと娘さんと三人で仲良くラブラブセックスをたくさん楽しんだほうがいいと思うけどね❗️♥。

返信する

コメントを残す