エッチ体験談が12,000話を突破しました。

ちょっと変わった初体

PR

脱童貞さんから投稿頂いた「ちょっと変わった初体験」。

俺の初体験を聞いてくれ。
初体験はI3才の時だ。
剥けたのはI0才の夏、しこり過ぎて剥けた。
話がずれたな、元に戻そう。
I3才の冬のある日、姉ちゃんに押し倒されたんだよ。

いきなり抱き付いてきて、キスされて床にドサって感じに。
何でこんな事したのか聞いたら、アナルに興味があるけど恥ずかしくて彼氏には言えないから、俺でアナル処女を捨てさせろって事だった。
俺はまだ童貞だったし、普通のセックスで初体験したかったけど、姉ちゃんとのアナルセックスで童貞捨てるのも悪くないかなと思ったんだ。
だから姉ちゃんの願いを叶えようと思った。
姉ちゃんはスカートの下にパンツ履いてなかった。
無理矢理にでも俺とするつもりだったらしい。
アナルもチンコも濡らさないと痛いからって、姉ちゃんは俺に跨ったままアナルを顔に押し付けてきて、その上勝手にチンコ出してフェラチオされた。
わざと涎垂らしてチンコビショビショにしながらだ。

俺はマンコすら舐めた事ないのに、いきなりアナルを舐める事になった。
臭いを確かめたけど、洗ってきたのか臭くはない。
綺麗にしてあるなら…と勇気を出して舐めてみる。
キュッとキツく締まってるのを想像したけど、意外と柔らかくてびっくりした。
アナル好きすぎて姉ちゃんは毎日アナルオナニーで指やスリコギやソーセージやキュウリなんかを入れてたんだって。
だから解れて柔らかかったんだね。
中まで濡らせと言われて、仕方無く舌をアナルに入れた。
ヌプって感じで舌先が入り、その舌をアナルがキュッと締め付けてくる。

中で舌を動かすと姉ちゃんのチンコのしゃぶり方が激しくなった。
舌をチンコに見立てて何度かアナルに出し入れする。
姉ちゃんはチンコ咥えたまま鼻息を荒くして動かなくなった。
俺は姉ちゃんに声を掛けて上から降りてもらい、涎まみれのチンコをバックでアナルに挿入。
柔らかいアナルにチンコがズブズブ入っていく。
姉ちゃんはチンコを最後まで入れた瞬間にビクン!とイッた。
構わずに腰を振ったら、イッたばかりで敏感になってたのか、姉ちゃんはイキ続けてた。

そのたびにアナルがチンコをギュウと締め付けてきて俺もイキそうになる。
イクのに耐えながら姉ちゃんの尻に腰を打ち付け続けた。
姉ちゃんはだらしなく口を開いて床に涎を垂らしてる。
ついに腕に力が入らなくなったのか、姉ちゃんが床に突っ伏した。
正座したまま尻だけ高く上げて前に倒れたような感じだ。
アヘアヘ言ってるけど、言葉になってない。

ここまで姉ちゃんをイかせられた事実に嬉しくなって、更に激しく腰を振り、最後に思い切り腰を打ち付けて密着したまま中に精子を出した。
生でやらせたって事は中に出せって事だろうからな。
姉ちゃんは一番激しくビクンビクンと痙攣してイった。
腰が抜けそうなくらい気持ち良くて、射精が終わってもチンコを抜く気になれず、そのまま姉ちゃんの上に倒れ込んだ。
姉ちゃんは俺の体重で自然と尻が下がり、うつ伏せで体が伸びる。
俺も同じように体が伸びて、アナルにチンコが繋がったまま重なって休んだ。
暫くして玄関の鍵が開く音がして、慌ててチンコを抜いて服装を整えた。
床に溢れた涎も拭いて証拠隠滅。

そこに買い物から帰った母親が来て間一髪だった。
これが俺の初体験。
アナルで、しかも姉弟でなんてなかなか無いんじゃないかな?
おかげで俺もアナル好きになってしまった。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR