エッチ体験談が12,000話を突破しました。

アラフォー熟女を味わいながらその息子のC学生チンポを苛めた思い出

PR

則夫さんから投稿頂いた「アラフォー熟女を味わいながらその息子の中学生チンポを苛めた思い出」。

俺、大学出て最初の新人で赴任した先で、男子C学生の家庭教師みたいなことをしたんだよね。
彼はアパートの隣に住む母子家庭の子で、最初は俺の16歳年上の母親と顔見知りになって、39歳の熟れたバツイチの女体を味わったんだ。
俺、10代か20代の女としか付き合ったことなかったから、最初は、おばさんとのセックスは怖いもの見たさだったんだけど、ハマっちゃってね。

ここでは仮名で、お母さんを真由さん、息子は健一でケン坊と呼ぶことにする。
真由さんと初めて関係したのは就職して3か月の6月下旬の金曜日、アパートの最寄り駅で降りたら顔を合わせ、一緒に居酒屋へ行った。
そこで、真由さんは元旦那の浮気で離婚して4年ということ、俺は大学を卒業してこの地へ来ることになって彼女と別れたことを話した。
そして、お互いの寂しさを埋めるために、俺がこの地にいる間の限定で、彼女ができるまでの約束で関係を持つことにした。
23歳の俺は、39歳のお色気熟女を性欲処理として確保できたが、その代わり、
「時々でいいから、息子の勉強見てやってほしいのよ。」
と言われ、これは断れないと承諾した。

ケン坊はC学1年生で、思春期の扉を開けたばかり。
勉強を頑張ったときはご褒美をあげた。
あの頃はまだISDNでパソコンで動画は見れなかったが、軽いエロ画像は見られたから、ケン坊に見せてやってた。
ケン坊、C一でまだオナニーも知らなくて、ズボンお前をパンパンにしてた。
俺は、ケン坊は一緒に風呂に入ってくれる父親がいないことに気づき、一緒に風呂に入って仮性包茎を剥いて、恥垢を洗い落としてやった。

「いいかケン坊、ここは、皮が被って汚いから、風呂でこうやって洗うんだぞ。」
と教えながら洗っていたら、ケン坊は勃起させてしまった。
まあ、俺がしたことは亀頭責めに相当するから、まだ敏感なC一チンポは堪らなかっただろう。
「ケン坊、起っちまったな・・・」
と言ったが、恥ずかしがるでもなく、うっとりとしていたから、本当にウブだったのだろう。
石鹸まみれのチンポを亀頭責め、そして時折竿扱き、次第にケン坊はハアハアしだした。

暫く扱いていたが、ケン坊はまだ精通前なのか、全く射精しなかった。
亀頭責めからシコシコを繰り返していたら、ケン坊は腰がカクカクしだし、
「なんか変。お股がザワザワするよ。」
と言った数秒後、ケン坊のチンポはダラダラと精液を垂れ流し始めた。
「ケン坊、お前、射精したな・・・お前まだ、保健体育で習ってないのか?」
と言いながらケン坊を見たら、よくわからないけれど、男がチンポを弄られて液体を出すことは恥ずかしい現象だと思ったようで、顔を真っ赤にしてた。

それからというもの、週中で早く帰れる日は真由さんとシッポリ、熟した女体を味わい、土曜日、真由さんが仕事なのでケン坊がやってきて勉強をした後、チンポ遊びをしてやった。
C一の少年が、ナマ白いチンポを悪戯されて亀頭責めで焦らされ、ハアハアしながらやっと扱かれてイッた後、精液を持ローション代わりに亀頭を弄られて苦悶にのたうち回った。
のたうち回るから、次第に拘束するようになった。
C学生が射精直後にまだ敏感な亀頭を責められるのは、多分SMの世界だと思う。
椅子にM時開脚で拘束した男子C学生を、絶妙なタイミングの寸止め責めで悶絶させまくるって、めっちゃ興奮した。

ケン坊が中二の夏、散々寸止めで憔悴しきったところに、イカかせた後の射精後亀頭責めをしていたら、男の潮を噴きやがった。
C二の少年が、亀頭責めの後の竿扱きを繰り返されて4発抜かれた後、更に続いた責めについに潮を噴いたんだ。
この時、両手をベッドに縛り、足を45度ぐらいに開いて縛ってベッドに固定して、チンポ握ってローションを使ってひたすら手のひらで亀頭だけをヌルヌルさせてみたんだ。
限界まで来たところで、亀頭から剥き上げるように抜いてやるとビュービュー射精した。
これを4セット繰り返したら、もう、勢いがないダラダラ射精になったが、その後、更に手のひらで転がしてやったら、漏らしやがったんだ。

ケン坊がもうすぐ受験のC3の2月、俺に転勤の内示が出た。
ケン坊には受験勉強に集中してもらって、真由さんと別れを惜しんでヤリまくっていた。
そのころ、真由さんは41歳だったが、いやあ、41歳の熟女とのセックスって、いいもんだったねえ。
ケン坊がK校に合格した日、ケン坊に最後の亀頭責めをしてやった。
そして、真由さんとケン坊に見送られながら、俺は彼の地を後にしてから、もう18年になる。

俺はその転勤先で女房と出会い、結婚し、女房を連れて本社へ転勤した。
その後はずっと本社内での移動だったが、先日、最初の赴任先に出張があった。
18年ぶりの懐かしい街並み、仕事の後、18年前に住んでたアパートを訪ねてみた。
変わらず佇むアパートに、懐かしさのあまり涙ぐんだ。
俺が3年間住んでた部屋の隣、ケン坊と真由さんがいた部屋の表札の名前は、さすがに変わっていたよ。
ケン坊、どうしてるかな・・・結婚したかな・・・
真由さん、元気でいるかな・・・
うろ覚えな記憶をたどって、ケン坊と真由さんとの思い出を書き綴ってみたよ。

俺が43歳だから、ケン坊は33歳、真由さんは59歳、来年還暦だ。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR