エッチ体験談 12,000話 突破!!

続 他人妻に中出し 略奪婚

higechanさんから投稿頂いた「続 他人妻に中出し 略奪婚」。

その帰りの車中です。
小百合は突然恥ずかしそうに、
「アッ??」と言いながら・・・
「あのね、私のアソコが濡れてるみたいなのよ~、ちょっとホラみて~?? 触って~~?」と言ったので、車を道路の脇に止めて、手をやるとまるでオシッコでもしたのでは?というくらいワンピースの下が濡れてます。

「あのね~あそこ出てから、私ずーっとジンジンしてるの??・・・こんなの初めてなの、どうしたのかしら私」と、
サラサラした感じの液みたいですが、バックからハンカチ出して、盛んにシートを拭いて更にダッシュボードの下にあったティッシュも使ってます。

「まだしたのかしら?私のアソコ??」
と二コニコしながら言ってます。
その夜の事です。
帰宅してからは、早速直美の手を握って報告してします。どんなに私が気持ちが良かったのか~~感激したのか~~と?? 涙まで流して??
それを聞いた直美は当然という顔をして聞いていましたが、3人で包み隠さずこれからの事を話し合いです。小百合は直美の手を握り締めて涙を流しながらです~~~。

特に私の大きさにビックリしたことを何度も友紀に話してました。昔から諺に「男は頭で考え、女は子宮で考える?」と更に「男は月給で苦労し、女は月経で苦労するとも?」ありますが、まさしく彼女らは未来に向けて明るい女としての人生の未来が開けたと感じでいるようです。

小百合は「疲れたから早めに寝るね~」?と
休みました。しかし直美はそうではありません。私が義母を抱いた時からなんとも言えないような悶々とした時間を過ごしていたみたいです。もしも、私が義母の具合が良くて取られて
しまうのではないか?とか母は私に隠れて会うのではないかとか、いろんな思いに駆られたようです。

しかし、そんな心配も私と話してからは、大丈夫だと思ったそうです。私も正直に話しましたし~~、小百合の中が狭くて最初は中々入らなかった事、感じ方が凄かった事に感激したこと等を?? しかしそれでも直美が1番で、大事で大切な存在である事に変わりはないから~~と??
これからも1番抱きたいのは直美だよ??と・・・それを聞いた直美は安心したのか泣いてました。今日は直美の生理2日目です。

まだ出血がさほど多くないので、バスタオル
を敷いて、直美を納得させなくてはなりません。私の怒張で小百合同様に最高に逝かせました~~?

正常位、対面騎乗位、後背位と最後は正常位です。 いずれ小百合の様な腰使いを、そのうちに教えたいと思います。友紀の最近のお気に入りは、騎乗位のようです。あまりの気持ち良さに、私の上でバランスを取りながら、腰振りが止まらない?と、自分の思う様に自分なりにコントロール出来るからだそうです。それでも疲れてくると、私の上に体を投げ出して、しがみ付いてきます。その時は既に逝きっぱなし状態に陥入っているようです。

「あのね~~恥ずかしいけど?? 私これが1番きなの~~気持ちのいいとこが自分で決められるのがいいの~~??でもね??あまり気持ち良ぎるから、直ぐダメになるし、疲れるの~~」
心から、全身で私を求める姿は、最高に友紀の輝く瞬間でもあります。その様な友紀を見れるのが、私の一番の楽しみでもありますから・・

既に子供と義母は夢の中です。
もうすぐ友紀もそれに加わります。
最後の正常位では、獣の様な咆哮を出し叫んで
いつものように、逝きまくりました?
私もありったけの力を込めて直美の子宮に中出しです。最後にはシャワーも浴びる気力もないようですので・・・私が拭いてあげました。
明日もありますから、また夜は友紀の生理が終わるまでは、2人を満足させる為休みます。

直美の生理3日目の夜になりました。
今日から本格的に出血が多なります。
今夜と明日は、直美は我慢するようですが??
小百合を抱く事に集中したいと思いますが~~

小百合は朝からルンルンです?
それはそのはず、女として蘇りましたから~~
私を愛する女の目で見つめてます?
直美もいるんですが、完全にご主人様~~?
というような目付きで見てます。
直美も「お母さん、モロに態度に出しすぎ!
それは良かったかもしれないけど、此処は私の家だからねー、私の立場も考えてよね!」
と少し拗ねてます。

私は出掛ける前ですが、2人の女を前にして
まずは直美を優先します。直美をしっかり抱きしめて、小百合の前で深いキスをしっかりして、愛の言葉を耳元で囁いて上げました。

それから直美の前で、小百合を抱き締めてあげます。キスはせずに耳元で、今夜またしっかりと抱いてあげるね!と伝えると、すかさず、私の股間を触ってきます。小百合の目は潤んでいますが、直美が優しく見守っているので、
2人を置いて家を出ました。

疲れはさほど残ってません。
会社でしっかりと責任を果たさないといけませんので、先ずは早く帰れるように頑張ります。
その夜は午後7時ぐらいに帰宅になりましたが、美味しそうな料理がテーブルには並んでいます。主に小百合が作ったみたいです。
直美とすれば経験の差ですかねー!
直美も料理を作らなくて良いから~~と喜んでいる節もあります。

先ずは3人で祝杯です。
料理に舌鼓をうちながら、直美がこれからの事を話してくれました。
生理の時以外はSEX目的では家に入れない事、
それも生理2日目から4日目までの3日間、義父には直美の生理がキツイから、手伝いに行くと言う理由にする、それでもどうしても私が欲しくなったら、直美を通して調整してラブホで済ませる事等、細部に渡り昼間のうちに2人で話し合いを済ませたようです。

私には異存は有りません。体力的に3発迄は軽くオッケーですので、魅力的な直美と小百合の身体を抱けるので有れば文句なしです。
夜は、早く片付けと風呂を終わらせ、客間に布団を敷いて小百合のを抱きます。
小百合はもう待ち切れない~~?といった感じで早めに布団の中に入ってます。
小百合を抱いた後は風呂場で直美を抱きたいとも思ってますので・・・!

小百合はもうそれはそれは乱れました。
大声も出しましたが、私の逸物の魅力には勝てず、中出しする迄数十回ぐらいは逝きまくっていました。特にバックでしていると、更に奥まで届くのか最後は
「すごいの~~あぁ~~頂戴~頂戴~~中に出して~~奥に一杯~~出して~~ 欲しいの~~ああぁ~~壊してーって」??
身体全体を震わせながら!求めていました。
しっかりと子宮を潰すように先を当てて中出しをすると、昨日よりもっと感じているようで両手両足を私に絡めながら白目をむいて、口からはヨダレを流しながら痙攣を?

小百合がしっかりと逝ったのを確認すると、
痙攣後の手足の硬直が解けて弛緩したので、オマンコの下のバスタオルで逸物と流れ出て来た精液を処理して、静かに布団を掛けて寝かせました。それでも時々、未だ小刻みの痙攣は長く続いています?

もう一回中出ししても良かったのですが、
直美が待っていると思われますので2人の寝室に向かいました。すると直美は子供を抱いて寝てましたが、直ぐに目を覚まして「終わったのね!」と静かに言いました。「お母さん満足したみたいね~~」と笑顔でした?

「それじゃ行こう~~」と
今度は自分の番とばかりに子供からそーっと離れると下着を脱ぎ捨ててパットを手に当てたまま裸で抱きついてきます。
向かう所は風呂場です。途中客間の小百合を覗くと、しっかり口を半開きにして、両手両足を拡げて寝込んでいます。
直美はウフフ~~と?を浮かべています。

足音を立てないように静かにドアを開けると
電気を消しての2人だけの世界です。
私は小百合を抱いてから、逸物は半立ち状態が続いています。友紀は軽く握りしめて、
「ああ~アタシのモノ??アタシだけの物だけど
これからは少し違うね~~、お母さんにも分けてあげているから、少し変な気分・・・」

跪きながら、真っ暗な空間だけど、愛おしそうに握りしめてカリに軽く口をつけて、硬さを増すように静かに舐め回しています。
口には全部入らないので、横から、下から全体を唾液を付けながら硬くなるのを待ってます。

真っ暗なので直美の裸は見えません。
さも愛おしそうに握りしめて舐めているのはわかります。と突然「愛しています。貴方を??
とてもとても~~」と逸物に向かって呟いています。少し驚きですが、嬉しくて直美を立たせて深い長いキスを抱き締めました。

「今日もね、この時の為にと昼寝をして待っていたのよ、貴方に抱かれるのは体力がいるからね~~」?と嬉しそうに呟いています。
すでに直美のマンコは濡れ濡れです。
「ねえ~~入れて?? 入れて~~?? 貴方の大き
な物を欲しくて疼いているのよ?」と・・・暗闇ですが、確かに直美は濡れ方がいつもより
多いようです。

私達の風呂場はマットレスが有り、普段は壁に立てていますが、時々ココで愛し合う為に2人で相談して買い求めました。そうでない時は、立ってからの体位が多かったのですが、最後は正常位で両手両足をを絡めて逝きたいとの直美の希望からです。

最初は立ちバックで始めると、壁を掻きむしる様な動きです。立っているのが辛いのか、マットの上で横から入れると、顔を捻じ曲げてキスをねだって来ます。もうあそこからはバフバフという卑わいな音が聞かれます。

最近は直美の愛液は以前と比べると、匂いが
イヤらしくなっているような気がしていますが今は生理中なので。

匂いのことは私だけの宝物ですから・・・
友紀のあそこはまるで水飴でも流し込んだのかと言える様な濡れ方のようです。
寝室で裸になってから既に濡れていたようで、小百合との声で濡れていたのでしょう!しかし出血がありますので、淫汁と混ざり合ってるようです。

もう夜の10時を過ぎているのですから、後2回は直美の中に出す予定ので・・・あまり前戯に時間をかけられません。抜かずの2発をする予定です。いつもは帰宅してから夜の12時ぐらいまでは愛し合っていますから・・・

マットを敷いて真っ暗の中、逸物を入れていますと、直美は最初から高まっていました。
挿入する感じが伝わったのか、両足を拡げて迎え入れようと嬉しそうな様子です。
カリを挿入すると、いつもそうですが、直美は唸るような、声を出します。以前と比べるとだいぶ入れやすくはなりましたが、それでも力を込めないと入口は入りません??

後はスムーズに奥まで入っていくのですが、奥の方も、始めは私の逸物の2/3程度が入ったところで子宮に届きます。何回か抽送していると、不思議と全部入ります。2/3ぐらいから全部入り入るようになると直美の様子が変わってきます。声も身体も雰囲気も、なめかしく、イヤらしく、声も低音のウオ~~~ッというような本能で感じている様子が分かります。

直美が完全な女にメスになります。
私専用女で、雌です。
なんか媚薬でも飲ませたような感じです。
まさに私の逸物への中毒状態??です。

それがいつも観れるのですから、堪りません。
それだけで私の逸物は硬くなります。
そんな感じている直美を見ると、とても愛おしくてたまらなくなってきます。
小百合とはまた違い、一味違う意味での最高の私のメスです。

直美云く
「貴方のチンポが、私の女の本能を引き出してくれているからよ~~ だから私は一生貴方から離れられないし、離れたいとも思わない? ましては他の男の人は余り知らないけどね~笑」
とはよく普段から聞いてますので嬉しい限りです。自分で言うのも何ですが、確かに私の逸物は大きさ、長さ、形、カリの太さ反り・・
どれをとっても良いと思ってます。特にカリが太く、カリの付け根から上に向かってソリが強く良く引っかかります。しかも直美は私の亀頭の硬さがお気に入りらしく、今日も約2時間ぐらいを掛けて、キッチリと直美を天国へ招待してあげました。

特にバックからの時は寝ている筈の小百合が眼を覚ますのではないかとも思える様な叫び声です。渾身の抜かずの2発の中出し後、最後は直美は力なく、膣の洗浄器で洗った後フラフラです。、最後の片付けは私、仕方ないですね。急ぎ直美の股間をシャワーで流して拭いて、私も流し拭いて、マットを洗い片付けて直美を抱きかかえ込むようにベットに入りました。

朝は小百合が朝食の支度をしてくれていました。直美も起きましたが、母が居るからと一旦起きたのですが、再びベットに向かいました。
小百合は友紀が寝たので、抱きついて来ました。

「うふふふ?? ありがとう?? なんかね私、新しい世界が出来たの~~~ 明さんには感謝しかないの、こんな私を、女の最高の思いをさせてくれたから~~ 明さんをもし知らなかったら、抱いてもらえなかったら~~と思うと・・・今はそう思って感謝しているの??」

「それになんて言うのかな~~、一気に10歳
以上若返ったような気がしてならないのよ
これからもずーっと愛してね~~~、よろしくお願いします。」
と抱きつきながらお礼を述べていました。

直美が起きて来ないと分かっているのか、
余り時間もなく、約15分ぐらい、私のズボンを下ろすと、小百合は台所に手を着き、自らバックの姿勢で誘って来ました。私も最初からトップスピードで逸物をねじ込むと、アウアウと低い声で、私が小百合の腰を据えている手を握り締めて逝きまくって、渾身の中出しをしてから急いで、身繕いをして出かけました。

さてこれから、どうなることやらです。
2人の女を、完全なメスにした責任を取るつもりですが~~~、私自身の身体と心の管理をしっかりとしないといけないです。
いずれ3Pとか言うのも有りかも知れません。

其れから、月1回のペースで家に遊びに来てくれる義母。直美の生理に合わせての行動です。
友紀からも、小百合が、余程私との身体の相性が良かったの??と話してました。

暫くはこの生活が続きそうです。
私の精液は、最近は満タンになる事はほとんどありませんね~~????
独身時代のいつもおっ立てていた時と比べると
羨ましい様な毎日ですが、冷静に考えると、両親に感謝ですねー。しかしです、親父の逸物は余り大きくはなかったとは思いますが~~
確かめようがないですね。

それから半年後の事です。
義父が蘇りました。治療の甲斐あって、小百合の献身の愛情もあっての事だと思います。
今では毎回バイアグラを飲んでるようです。しかし小百合の月一の訪問は続いています。今ではすっかり私の逸物に取り憑かれ、益々女として磨きがかかっています。

直美からは「お母さん、最近は凄いのよ~~
化粧のノリが良くて、肌にキメ細さが出て来て、お父さんもそのせいで良くなったのよね~~」って、「男の人の力って凄いのね~」と人助けした私をウットリと見てます?

義父との夜毎を、1回聞いて見たことがありますが、私の様に何回もすることなく1回で終わりだそうです。テクニックはそれなりにある様ですが、私を知った後では小百合は、義父に対して今では求められれば、抱かれてやっていると言ってう様な感じだそうですが、義父には疑いを持たれる様な事は無い様に演技しているのよ~~?とあっけらかんとしたものです。

直美は、外出する時は顔を隠すしますが、小百合は喜びの顔がモロに出て隠そうとしないので、以前より街でナンパされまくりだそうで、私に嬉しそうに報告してくれますが、声かけられるのを楽しんでいる様です。

最近では小百合が直美に、本気で赤ちゃんが欲しいと言い続けているようです。
ピルは飲み続けていますが、義父が回復してからの計画だったようで、1番愛している私の子供を妊娠したいと盛んに言っているようです。
私にも時々「ピル飲むのやめようかな~~」
とも漏らしていましたので、女として産めるチャンスが有れば ?? と言うことですが怖いですね~~

そろそろ直美も職場復帰の時期となりました。小百合はそのタイミングで、今まで月一での関係を孫を見るとの理由から、私との回数を増やして貰いたい希望です。もっと欲望を満たして欲しいってことですかね?

また二世帯住宅の話も出てきました。
これは小百合が直美に盛んに話しているのですが、直美はあまりいい顔はしません。
何故なら今の良好な関係が崩れるからです。
それと出費も増えるので、私も思案中です。

これはよく考えないといけないからです。
先ずは女2人との関係性、うちでたまに会うから、今の関係であってもしも、義父と一緒の屋根の下で小百合に求められている姿を見られる可能性は大になりますので、それだけは絶対止めないといけません。

直美は2人目を早く欲しがってますので、いつからピルやめて妊活するのか?
2人で話し合ってみました。直美は少しでも早く妊娠したいと言っていました
少しでも早く??と言ってますのでもしかすると、私の知らないところで、ピル服用止めて妊娠してから報告を受けそうな気もしてます。

直美は25歳で1人目で、今度妊娠すると27歳で出産となります。30迄に3人は欲しいと要望されてます。義母の小百合は友紀1人で、子供は諦め、仕事に精出したようですが、「私ね~何人ぐらい産めると思う?」と言われました。「5人は欲しいと思ってるの~だって貴方との子供だからね~~って?? 一杯産みたいの~~35ぐらいまでだったら5人は産めると思うの~~」と・・・

先日、子沢山の家族の紹介がテレビであったそうですが、それを見て・・・
いっぱい欲しいな~~と思ったそうです。
私も生活は大変になりますが、あまり先のことは考えずにいきたいと思っていますので??
まぁ~~直美がそうしたいと思ってるのなら
それもいいかな~~(笑)

今の現実的なことですが、小百合と直美の関係性です。新たに子供を欲しがっている小百合とうちら夫婦との関係、義父との関係性・・・
ハッキリ言って義父を騙すような結果になりますから・・・子供を産みたいという小百合の提案は、私としては乗り気ではありません。

二世帯住宅の話もしてますが、小百合の希望を聞き入れても、いずれ義父にバレてしまうのではないか?とも思い、あれこれ考えると二世帯は無理で危険だとの思いに至りました。
その事は直美とも何回も話し合いました。
「先ずは私の妊娠が先よ!」「今度は男の子が欲しい!」と言ってます。

妊娠したとしたら、仕事を辞めて子供と家事に専念するし、体型維持の為、自宅で頑張るからねーも言ってます。家にも直美の女友達が何人も遊びに来ますので、その計画性は話しているみたいです。

それと、嬉しいことに、先日小百合から私にと、プレゼントがありました。スーツの仕立てです、以前から考えていた様で、直美が了解してくれましたので有り難く頂きました。私達が贅沢しないように暮らしている事を直美から聞いたのでしょう。3人で一緒に仕立てに出かけると、小百合からは3着分の予算が有り、夏冬と両方のスーツと靴を注文しました。
有難いです。

女というのは不思議ですね?
私との夜毎のことまで詳しく話しているみたいで、私も直美も守られているな~と感じてます。小百合は友達の間では義父と上手くいってると話している様です。とまあ~色々と様々な思いが重なっています。これも私という存在から始まったことであります。直美を寝取った様な形から始まり、小百合の登場です。私としては出来る事ならこのままの関係で、小百合の妊娠は諦めてもらう様にと思ってますがどうなる事でしょう・・・

最近は直美との関係も毎日ではなく、時々は
3日のうちに2日間ということもあり、やり疲れにお互いにならない様に、なるべく場所、やり方、内容を変えたりして工夫しながら楽しんでいます。軽いSM程度はありますが、直美と小百合以外の女性を抱くことにはならないと思います。

しかしです。
その後、4カ月後のことです。
このまま、今の関係が続くと思っていたのですが、ある日妊娠して仕事に復帰した直美から怒ったように仕事中メールが入りました。

それは、小百合が妊娠したそうです。てっきりピルを飲み続けてると思っていてのですが、どうしても私の子供が欲しかったらしく、義父と相談して計画していたらしく・・・
義父との子供を作るとの名目で、ピル服用を止めて安全日に義父に中出しさせて、危険日に私に黙って2ヶ月かけて妊娠したそうです。その時は既に直美も妊娠しておリ、小百合の妊娠の発表です。直美と小百合は生理が逆で友紀の安全日が小百合の危険日となり、直美の生理の時、うちの家で妊娠したようです。

それも、直美の妊娠が判明した時ぐらいのようです。私も直美も小百合から騙されたような形になりましたが、直美も女としての気持ちは分かるらしく、ただ義父が可哀想だと嘆いています。当然ですが、義父は大喜びです。その気持ちに傷を付けることは出来ません。
直美と小百合3人で話し合いを持ちましたが、
涙ながらに訴える小百合を見ては許すしかありません。どうしても私との子供が欲しかったから~~??と・・・
これは3人で墓場まで持っていくしかありません。義父は自分が復活したから小百合を妊娠させることが出来た??と思っていますので・・・

直美との子供は検査で男の子と分かりました。
今は少し精神的に不安定ですので、直美が調子の良い時だけ、直美から誘いがあった時にするようにしてます。
直美からは安定期に入ったら、今まで通りにして欲しいと要望があってます。
小百合からも安定期に入ったら、して欲しい旨の要望もあってますので、どうなることでしょう~~義父にだけには分からないように、鉄壁の秘密の布陣を敷かなくてはなりません。

直美は私との2人目を妊娠できたことで、幸せ一杯の様子です。仕事もしてますので生活はバタバタしてますが、夜だけは直美の希望で2人だけのマッタリとした時間を過ごすようにしてます。

更に10年後のことです。
直美が35歳になり、私も37になりました。
3年前、前会社では課長職でしたが、私の念願叶って独立を果たしました。
以前の会社関者から相談受け、将来性を考え周りからも支援を受けられそうで決断しました。
資本金も付き合い銀行から融資を受け今のところ順調に経過してます。社員は今は30人くらいです。時間的にも経済的にも余裕が出来て来ました。これも全ての周りの人に支えられて、最初社員3人からのスタート、この3年間は大変でした・・・社員の平均年齢は28歳です。これからも大変な事もあるかとも思いますが、周りがしっかりとサポートしてくれますのでイケると思ってます。

この会社は、フレキシブルの出社にしてますので、役職以外の社員達には、都合に合わせ好きな時間に出社出来るようになってます。社内では知恵が出やすい様な色々工夫を凝らして、仮眠室も作ったのですが、2、3名の者は会社で寝泊まりをしてるようです。

直美は専業で子供は4人になりました。
最後の子供は会社設立前に作った子供ですから
今は3歳になりました。ヤンチャ盛りで、皆んな元気で活発です。直美は良くやってます。正に良妻賢母で夜は私だけの娼婦です。

前の家は狭くなり、偶然会社の隣に空いた中古の大きな一軒家をリノベーションして快適に過ごしてます。そこでは地下室作りました。横からの掘り下げ工事でしたが、ベットとシャワー室を置いてます。これは私と妻しか知りません。地下室の工事が終わって、平地にしてから子供達にも小百合にも紹介したから・・・

それにビックリしてのですが、家の購入に際し。義父から資金の提供が有りました。義父も会社役員をしていますので、また1人娘の直美には甘いので、申し訳なかったのですが快く受け入れました。孫達もお爺ちゃん大好きなので助かりました。
考え方ですが、会社の関連の施設名目とも考慮しましたが、将来の事を考え、身内の資金だけで行きました。

地下室は入口が分からない様に、一階にある私の書斎からしか入れませんし、隠し扉になってますから分かりません。工事が終了して引き渡し時に義両親と私家族、私両親で、一緒に入りましたが、私と直美以外には分からなかった様です。使うのは子供達が寝静まってから直美の大声が外に漏れない様にしてあります。
勿論寝室は別にありここも防音処理をしており、そこで寝てます。長女と下に男、女、男となりました。最近では長女が料理にハマり直美と私は助かってます。

直美は時々会社にも来ますが、なるべく身内を社員として入れない方向にしました。その方が将来的にも良いと判断し、周りからも言われておりましたので・・・

直美自身は身体のケアも続けており、下腹が出ない様に引き締めエステと妊娠線がでない様にと、それに私から嫌われない様に努力をしています。育児が大変だからと、義母も時々来ますが、会社関係でご主人を亡くされ身寄りのない方にご縁があり、快く引き受けて頂き、通いの家政婦として働いてもらってます。

その他2人と契約を結んでおり、この方達には社員の為に、朝の10時から3時まで、会社の1階倉庫を改築して、平日限定で料理を作ってもらってます。低料金でバランスの取れた食事は特に独身の社員には喜ばれている様です。利益は出ませんが、直美も時々手伝いますので管理だけにして、資格を持たれている方ですので、任せております。長女は学校帰りに勉強の為にと入ってるようです。

いつも直美を抱きながら、最高に好きだと愛の囁きをかけています。私に接する態度も以前と何ら変わっていません。暇さえあれば子供に見られようが構わず身体をぶつけて来ます。
立場上、他の女性にも手が届きますが、直美と小百合だけにしております。安定を望むならリスクは避けたいと思っており、今の私の体力と能力では2人を相手にするのが精一杯です。

ある時長女が、直美と一緒に入った風呂で、興味本意で私のを触って、大きくなった逸物にビックリしていました。「こんなのが入るの?」とあとで直美に話していたようで、興味を示していました。直美はその時は笑ってましたが・・・

少しずつではありますが、胸の膨らみも出て来て、直美が長女が私を見る目に時々女の目になってるよ??と・・・既に生理があり、オナニーも始めてる様です。そんな事もあり娘の成長も楽しみですが、私の理想の家庭と妻です。日曜日には家族揃って、出掛けるようにしてます。

小百合も54歳ですが、まだ若々しいですね。小百合の子供も小学生です。長女と馬が合う様で良く一緒に遊んでいます。休みの時はお互いの家で泊まっています。当然本人達は父親が私だとは知りませんし、義父にも気付かれてはいません。小百合とはまだ時々、連絡し合って繋がってます。

小百合は、相変わらずの名器です。最高に逝ける為には努力を惜しまなくしているせいでしょう。あの親子は元々美形で痩せ巨乳タイプのせいでしょう、その上での努力ですから、私と最高に逝ける為には涙ぐましい努力をしてます。2人とも私の逸物が命ですから・・・

直美はもう1人欲しがってますが、子育てが大変で子供達に体力が奪われています。夜は毎日ではありませんが、する時は2発は余裕です。夜9時には子供達を寝かせる習慣にしてますので、直美からおねだりの合図があれば地下室で相変わらず最高に吠えまくっています。直美の体調が良い時だけですけどねー。

相変わらず最高の女です直美は・・・??
4人産んだとは思えない身体を維持してます。お陰で私の逸物はいつもMaxにガチ硬くなります。オッパイもどう手入れしているのか良くわかりませんが、乳首が上を向いてます。フェラもツボを心得ており、ガチガチに硬くしてくれ、マンコに入れる時は最高に気持ちです。

最近では中での締めが凄くなってきました。私はそれにメロメロです。凄いです。魂が吸い取られそうです。小百合ばりのピストンもマスターしました。正に名器に仕上がりました。感度も更に良くなり、数十回は軽く逝けており

「もう、ずーっと逝ってるの~~最高よ~~~ アッアッ?」と
自分で逝けるタイミングを調整し、自分の喘ぎ声で私が興奮するのを知っており最後は当然

「中に出して~~今よ??今?」とか
「ねえ~~また孕ませて~~? 大好きな貴方の子供~~また頂戴~~?」とか
言いながら更に私の逸物を最高に締め上げてくれますので、途中で何度も逝かされそうになり、もう1人直美の予定どおり出来そうな予感です。

それと、会社の女性職員から自宅とは反対側になりますが、近くの空き地に私設の保育園をと要望が以前から上がっており、どうせなら、保育園の上にマンションを建設したらどうかと業者から打診も受けており銀行に相談して、市への対応に担当者を当てた結果、関係各所からは建設に向けてスタート出来る事に成りました。

また忙しくなりそうですが、会社の経営とは切り離し、準備に新たに信頼出来るスタッフを投入する事にしました。これでしばらくは休みの家族と過ごす時間はなくなりそうですが・・・
それでも性欲豊かな直美は許してはくれません。ある土曜日の帰宅後に私に寄り添い、いつもより欲しいようで、私を見詰めるようにして・・・

「あのね、ちょっといい?今日は排卵日な
の?だから中でいっぱい出して欲しいの?
ねーいいでしょう?」と
以前から妊娠したいからピル飲むのを辞めると相談を受けてましたが、飲んでないようで、直美の様子から本気のようです。 小百合は閉経しましたので飲んでませんが・・・

「欲しいのか??俺の子供????大丈夫なのか??」
「よし、分かった??もう1人作ろう」と
子供が寝静まってから地下室に行き既に張り切って私の逸物を何度も何度も舐め回し~~

「排卵日だから~ね~~ 私最高に逝けると思うの~~ 今朝から何か身体が熱くたまらなくなっていたの~~ねえ~~触ってみてもうぐっしょり濡れてるから~?」と??

私も興奮しまくりです。
「こっちに来てごらん舐めてあげるから~~」と言うと嬉しそうにゆっくりと69の体勢になり、私が上から直美のオマンコを感じるようにポイントを押さえながら愛撫して上げます。
既に直美が言うようにマンコの入口は濡れそぼっています。しっとりした水飴のような淫液です。吸い上げてクリトリスを優しく包み込むようにすると、すぐにあえぎ声を聞かせてくれます。指と口を駆使して入口、Gスポットと刺激してあげると・・・私の逸物への愛撫が出来ないように感じまくっていて~~途中からは我慢が出来ないのか?

「ねえ~~もうダメ~~~欲しいの????もう
いいから~我慢出来ない~~ねえ入れて
この硬いの入れて~~ね、ね」と
自ら騎乗位で中に誘い込むと、呻くような声とともに亀頭が「弾かれてる」ような感じがある。直美は本能でメスになっているようです。私は起き上がり、そんな直美を抱きしめ・・・
対面座位になり、優しくポルチオを刺激します。いつもより奥が深く感じるようで、ムニュッとした締まりと狭き道を押し広げているような感触が、なんとも気持ちいい。特にカリが弾かれてまとわりつくような何とも言えない気持ち良さです。

「うんっ…ううん…」
「あ~~気持ちいい 最高よ~~奥がいい
の?? ~ ビリビリする~」
対面座位で俺の背中に腕をまわしながら、動く友紀、自分の体重をかけてズブズブ入れてくるので、めちゃめちゃ奥まで入ってる。奥が狭くなってる感じがある。これは屈脚位とかで上からねじ込んでみたい衝動に駆られます。
この後は抱き合いながらの対面座位をしばらく続け、直美を横にして正常位で挿入です。
入り口の狭さがすごい。しかし入ってしまうと、チンポをムニュンと飲み込んでしまうような気持ちいい入り方を。 そして狭めの膣内。それを押し広げるよう男根をねじ込んでいく。直美は片足を上げ手で支えながらも

「ううんっ!スゴイ…気持ちいい…」
「貴方の~最高よ~~もう~ずーっと逝っ
 てるのよ~~分かる~~??」と
直美はご満悦のようだ。そのまま、正常位にして上から直美の身体を抱きしめた。
柔らかい美乳を胸板で押しつぶすように、密着感の高い抱きしめ方をした。しばらくディープキスしながらゆっくりと時間をかけて焦らすように膣奥へのピストンを続けていると、直美は段々と乱れてきた。時々亀頭を子宮に押し付けて、グリグリしたり強く押し付けて動かないでいると・・・

「あううんっ!あんっ!あんっ!」
「凄~~い?? 気持ち~~いい?? 最高~~」
「明さんの大きい~~硬~~い?? ステキ??」
そんな友紀の身体を、肌触りと抱き心地を味わうように抱きしめながら、ピストンをとにかくゆっくりと深く!深くし、焦らすように首筋を舐めまわした。そしてゆっくりと引き抜くと、亀頭が擦れて引っ張られるようになるのが凄く気持ちいい~~そしてまた超ゆっくり奥へ~~

「ああんっ!ダメ…すごい、ダメ~~? 」
「奥まで、すっごく来てる、カリが凄く分
 かるよ~~引っかかるし???あぁ~~来
 た~~凄のが~~ダメダメ~~?逝くぅ」と!
すると・・・逝ったあと私に~~

「待って?? ? 動かないで??そのままにして??
お願い~~???」と
奥に押し込んだままにしておくと・・・
直美の身体が痙攣おさまってから~~下から手足を絡めてて、自らオマンコに力を集中させながら~~自分でコントロールしてみたいようで規則正しくない締まり方をしてきていた。実にこれが気持ちいい。ウニュウニュと私の逸物をまるで生き物のように締め付けてくる??
すると直美は腰を自ら手を回し始めてきた。
もっと奥に欲しいかのような動きである。
俺はその身体を固く抱きしめながら更に逸物を根元まで押し込んでグリグリさせてみた。

「ううんっ…明さんの…気持ちいい?」
そしてそのまま手足を強く絡ませて抱きついたままにして動かなくなったとおもったら・・、直美の中で何かが動き始めたようである??
身体全体が小刻みに震えながら、中程と奥が
感じている声と一緒に動いている。締め付けている。こんなことは始めてである。

「ああ~~気持ちいいよ友紀凄いよ~~?」
私は腰が動かせなくなってしまった。直美の様子もずーっと逝きっぱなしのようです。
ずーっと目を閉じたまま~~

「あぁ~うッ~~ああ~~イヤ~~ッ、ダメ??
ダメ~~ウァ~~ッ?? 凄い、凄い、凄い
来たッ~~来てる~来てる~?もうもう?」
と完全に行きっぱなしの様子??2人とも完全に満足の極みです。このままいけそうですが・・
しばらくして、静かに直美の両脚を肩に乗せて屈脚位にして、逸物を静かに更に奥まで侵入させた。
「アッアッ??んんっ!あぁ~~ううんっ??もう
ダメ~~ッ?死んじゃうょ~~~??」
快感で顔をしかめているが、それもまた可愛い。深々と、男根を奥まで押し込んでみた。

「凄~~い?? ? ああんっ、ダメ…ダメ…?」
子宮に当たっている。コリコリしているところを亀頭で当ててかすめ、更に奥を責めている。これがまた、気持ちいい…。
スレンダーな友紀のアソコにぶち込みまくっているのだ。
下腹から俺の男根の形が浮き出てくるような感覚だ。 少し激しめのピストンを始めてみた。
もう直角ストレートに膣奥までいってしまう角度。これで奥をズコズコ責めていると友紀の感じ方が更に変わった。
「ああんっ!あんっ!ダメ…ダメ~??????? 」
セミロングの綺麗な髪を振り回すように、激しく、細い首を振る友紀、玉のような汗を飛び散らせている。

抱いていた手を離し、身体を起こして直美の下腹に指先で押し込むように触ると、指先に私の逸物が押し込まれているのが形で分かります。それを更に上から触りながら押し込むと、

俄然?? 直美が絶叫~~です。
「うわっ~~おお~~っ?いや~~っ??」
「何、何????凄~~おぃ????本当に死んじゃう」
締まり抜群の膣内に俺の男根が締め上げられている。どうやら深々としたハマり具合に追い込まれているようだ。 もはや限界である…。

「イク…イク??? ダメ…イク~~ッ???」
「おおっ…!凄~く気持ちいい??…出すよ?」
「いい!いい!出して…中に出してッ?」

おおっ!直美の魅力的なマンコ奥に中出し

「おおッ…う~~うぅ~~イク~~ぅ???」
「ああんっ!来て…来て?? 赤ちゃん頂戴~?
私は満足してるから、いつでも逝って~~
出して頂戴~~また妊娠させて~~?? ?」
「イヤ~~ッ~~?」

膣奥からのギューっとした締まり。
まるで巻きつくかのよう。
その凄まじい快感に亀頭と男根は強烈に直立不動となったかと思うと、快感の塊を直美の膣奥で爆発させ、強烈な快感を伴いながら大量の精液を尿道の隅々からドバドバドバ!と盛大に射精した。最高に気持ちいい…。何回も何回も発射してる????

しばらくしてから抜いてみたが、かなり奥に出したので、出てこないようだ、ただ入口がポッカリと穴を開けていて、時々リズム良く動いている。「カパッカパッ」と

直美は、動かない~~ 動けないようだ??
身体をしゃくり上げて~~痙攣中である。
最高に深く逝けた時の直美の様子である。
暫くは横で軽く抱き締めてあげる。
そうするとゆっくりと目を開き天井を見上げて、私を見詰めて笑いながら

「凄い~~凄いわ貴方~~?、私も凄かった~
でしょう わかった???ねえ~~私のアソコ
動いていたでしょう?? 何度も練習したんだ
から~~?」

「ねえ~明さん?? 出来たよ~~今日は?
何となくそんな気がするの~~分かる?」

そして・・・
「ありがとう??いっぱいしてくれて~~?
私~~? 最高に幸せよ~~今??」
さも満足そうに、気だるそうに~~
「私動きたくな~~ぃ、このままダメ~ッ??」
「今日は、動きたくない~~?」と
「ねえ~~このままでいいでしょう???」と

しかし此処は地下室である。安全面と子供達の事を考えると、そうもいかない~~??
仕方ないから上からガウンを掛けて、裸のまま抱き上げゆっくりと階段を登り、寝室まで運んで寝かせてあげた。
こんな事もあろうかと、エレベーターを付けときゃ良かったかな?と思いました。
その後、明け方になり直美から揺すられ起こされた。

「ねえ~~ねえ~~起きて????またして~~」
「欲しいの~~排卵日だから?? ねえ~~?」
「もっと中に出して~~?赤ちゃん産みたい
の~~~ねぇ~孕ませて~~お願い~~?」
「ほら~~子供達が起きてくる前に~~?」と

本気で妊娠したいようだ。
うちの子は休みの日となると、何故か早起きする。その前にと中出しの要求です。
私も朝立ちしそうなので、前戯無しに入れました。直美の入口は既にグチョグチョに濡れており、入口を抜けるとスンナリ子宮迄届きました。最初の一突きから友紀は逝ったようです。
最初から手足を絡ませての中出し要求です。
ものの1分もゆっくりと出し入れを続けると、昨夜の中出し液が中から白く泡立って纏わり着いています。

「ああ~~凄い?? いいの~~いいのよ~~?」
「大、大好きな~~明さんの赤ちゃん~~?」
「また孕ませて~~アッアッ気持ちいい~~」
「出してね~~出して~~ ねえ~中にいっぱ
い出して~~?? お願い~~?」と・・・

私も我慢の限界まできておりましたので、激しく突いて、子宮を押し潰すようにして力強く精液の塊を届けてやりました。

「あっあ~~来た来た来てる~~?」
「あっあっ凄~~おぃ~!」
「うあぁ~~熱い塊が~~来てる~~ょ?」
「ああ~凄くステキ~~ビクビク熱い~~?」
「ありがとう~~ ?? ああ~幸せ~~?? 」

その後子供達から起こされる迄2人でまどろんでいました。寝室のドアを2番目の男の子がドンドンと叩いた音で目が覚めました。
お腹がすいたのでしょうか?
直美はうつ伏せで爆睡中です。
日曜日ですので、家政婦さんはお休みです。
前もって連絡すれば来ていただけますが・・・
友紀を起こさない様に静かに起きてリビングに行くと上から3人が起きていました。簡単に朝食を長女と準備して食べていると、ゆっくりとガウンを羽織った直美が起きて来ました。下着は着ていません。それは様子で分かります。
笑顔で私の背後に回って両手で抱き締めています。長女はそれをみてニコニコしてます。
暫く直美は離れません。

私は立ち上がって直美を抱き締めてあげ、そして両手で直美の尻の肉を掴んでやると??
耳元が直美で「出来たと思うよ~~?」囁いていました。私はニッコリと長~いデープキスを子供達の前で・・・それから見えないように片手で恥骨の上の下腹をリズム良く押してみると直美はそれだけで、目を見開いて身体がガクガクとなり顎を私の肩に乗せて両手をダラーンと降ろしてリズミカルに逝き続けています?

そうしていると急に直美が目を開き・・・
「あっ、出てきた????明さんのが~~?」
足元に流れ出てきたようです。嬉しそうに伝えています。それでも下腹部を押し続けてみたいのですが、流石に子供の前では出来ません。グッタリとなった直美をゆっくり椅子に座らせ、
立っていた所を見ると精液が少し出ていました。それを2人で見つけて笑顔になり、少し経ったところで友紀の分の朝食を出してあげました。 直美は私の耳元で・・・
「今夜も抱いてね~~またいっぱい頂戴ね~~
絶対妊娠したいから~~お願い?????」と
今日は休みですから、直美を家に置いて、小百合のとこと一緒に出掛けてみようと思います。
子供達はそれを楽しみにしてますから~~
特に長男は義父に何かオネダリしているようで朝から超ご機嫌です。

それからの話です。
随分と時間が経ちました。
最後に直美から要望のあった子作りは無事に男の子が産まれました。直美に似たイケメンの子供に育ち結婚もして3人の孫が出来ました。
この子が私に似て大層良い逸物を持ち合わせています。男としては鬼に金棒ですね~~イケメンで性格も良いし金も不自由してませんし嫁も大満足と直美が言ってます。この子の将来が少し心配ですが、私と小百合との事は知りませんし私から言うこともありません。

私達夫婦は60代になりました。私65直美が63になりました。子供は全部で5人を育て上げました。子供達も全部所帯を持ち、孫も沢山出来ました。時々長女が声掛けて家族揃う事がありますが、孫まで合わせると24人になり自宅ではとても無理でホテルで会食してます。会社は長男が継いでくれ、長女は2回の結婚を経て今では別会社を経営してます。保育園付きのマンションは直美が管理してます。私の両親は亡くなり、小百合は80代になりましたが、義父共々まだまだ元気です。流石にSEXは50半ばで終了しました。直美は乳癌が見つかりましたが、早めの治療で完治する事が出来ました。
私は45歳の時前立腺肥大で夜間に頻尿となり手術で完治、合わせて避妊処置も、若い時分から結構激しく精液を出し続けていたせいでしょう!直美からは浮気の心配もされましたが、その時は直美だけでしてので問題はありませんでした。

直美が50代半ばになって閉経してからは性欲が徐々になくなり、性欲が盛んな私にとっては大問題となりました。夫婦で何回となく話し合った結果、直美が認める女性となら良いとなり
直美と体型、性格が似ていてご主人を亡くして、子供が産めない35歳の美佳さんと巡り合う事が出来ました。

細かい制約を直美から言われていて、直美を優先する事、泊まりなし、その都度報告する!で付き合いが始まりました。小百合の時と同じで、私にどっぷりとハマって頂き現在に至っています。流石に若い時と同じようには行きませんが、強性薬を用いる事でお互い満足してます。
男の性欲は無くなりませんね!私の場合は若い時から1日何回も問題なく欲望を放出してましてが、未だ朝立ちはガチガチです。しかしながらいざ事に及ぶと、立ちが充分では無いのです。気持ちはあるけど朝立ちみたいには硬くはなりませんしかし薬の力を取り入れると、若い時の硬さが漲ります。それを美佳も知っており、あらゆる方法で硬さを誘ってきます。最初は強精剤を服用している事は隠していたところビックリしてました。太さ、硬さに歓喜して、全てをさらけ出してくれました。今では服用している事も自然にさらけ出しており・・・
「私の為にありがとう、でもね・・・あまり
サービスし過ぎないでね。何か途中で変に
なったら直美さんに申し訳ないから!
私ね直美さんから明さんをお借りしている
ような気持ちなの~~明さんが本当に気持ち
よくなって欲しいから少し心配~~」
と、可愛いことを言ってくれます。でもいざ逝きだしたら、もう美佳自身が止めどなくアクメの連続です。直美も小百合もそうですが、マンコの奥は止めどなく私の逸物を包んで乱れてくれてました。当然美佳もそうですが~~

63歳の時は軽い脳梗塞を起こし2回の入院でほぼ元通りになりました。最初のうちは左半身が温度を感じづらく、またバランス感覚が悪かったのですが、リハビリで問題なく過ごせるようになりましたが毎日の薬が手放せなくなりました。しかし毎日朝立ちしてます(笑)
流石に直美とはいつもという訳にはいきませんが、求められればしてますが、最近はほとんどしてません。
「もう忘れてしまったわ~~(笑)」と
私の性欲が強く、この年になっても毎日でも可能で、直美も少し呆れていますが仕方ないですね。直美は孫の世話で毎日が忙しく、しょっちゅう出掛けてます。経済的には財産も出来て必要な時に必要なだけ使える身分となりました。

美佳にもお金も渡そうとしますが受け取ろうとはしません。聞くとご主人の死亡時の保険金があるとかで、私たち家族と同じ考えであまり贅沢とかは必要のない暮らしぶりです。
将来の事も考えて、再婚も勧めますが全く乗り気はありません。身寄りもすくないようですが、ほぼ私達の家族みたいな関係でもありますので、直美の信頼と私との関係で、割り切ったものです。直美からすれば娘みたいな存在なのでしょうかね~~。
今は借家住まいのマンションですので、直美と話し合って管理しているマンションの1部屋を近く譲る事になってます。性格も直美に気に入られてますので、その内に「雇うわよ、あの子」と言ってますが、美佳の両親とも直美は会ってるみたいで、養子縁組をしようかとも直美から話をされています。と言うのも、将来的に今の私達の自宅ですが、無駄に広いところもありますので、バリアフリーにして美佳のお世話になろうかと直美とは話しています。

しかしやはり若い肌は良いですね~~
美佳は結婚してから、子供が出来ない事が分かり、しかしその事で離婚とはならなく、ある日突然事故で夫を亡くし、友紀の使っているジムで受付をしている関係で知り合いました。

最近では女に目覚めて、よく連絡があり毎日という日も度々です。男の相手としては、自分の年齢を2で割って10歳加えると理想の相手と聞いた事があります。そうすると私の場合は43歳前後の女性が理想のようですが~~美佳はそれよりはずーっと若いですから私としても責任があります。私の今の性力で「丁度いいわよ」と直美も認めてくれてます。

小百合と同じく女として私と出会った事に感謝され、私にぞっこんです。夜が泊まれませんが、直美の使わなくなったジムの受付も辞めず、最初のうちは友紀が美佳に連絡して私との関係を確認していたみたいです。私も頑張れば2回は出来ますがやはりきついですね、そのかわり濃厚な1発を心掛けています。その事も美佳は分かってくれて、私の愛撫とデカチンで限りなくアクメに達してくれてます。孫が14人いるお爺ちゃんですが、まだいけそうですね・・・美佳との関係は小百合も知っているようですが口出しはないですね~~

私は仕事を子供と友紀に譲ってからは毎日好き放題の生活です。立場上会長職ですが、相談のみで仕事場に顔を出すことはない為、好きな車で好きな所に出掛けてます。
直美も誘いますが、最近は嗜好が変わってあまり乗り気では有りません。たまに夕食を共にしますが、話題が子供と孫のことだけですね(笑)
美佳も乗せますが、泊まり禁止ですので夜には美佳と食事をして美佳の所でしたり、ホテルでしたり自宅は禁止ですので、最後は自宅で休んでます。直美も時々は子供達の家に泊まる事もあるのでゆっくりと過ごしてます。

直美のお陰で、男のわがままをいっぱいさせて貰って感謝です。言葉ではいつも愛を伝えてますが・・・どこまで最近は伝わっているのか分かりません。
私も直美とするよりは美佳とする方が楽しいですし、行為そのものを楽しんでいます。たまには私から誘ってから直美ともしますが、やはり若い時の直美とは感度が違いますね~~もはや夫婦の関係を維持する為の儀式みたいなものでそのことも直美は分かっていて少し虚しさを感じる時もありますね~~しかし仕方ないですね、お互いに年をとったのですから。

男は相手の感じる姿を見て興奮もしますし、どうしても美佳と比べてしまう事は仕方ないことですね~~
直美もその事は分かっていて、最中でも「あとは美佳さんと楽しんで~~」と達観しているような言葉が聞かれます。私も返事のしようがありませんが~~
美佳とは夫婦ではないので今は身体だけの割り切った関係です。時には美佳の家で楽しんで、食事をご馳走になったりしますが、直美が言っていた、美佳を養子にして私達の自宅に来てもらうように私としては方向づけて行くつもりです。

時間は少しかかるとは思いますが、今の仕事を辞めてもらい、自宅の管理と私達の夫婦の世話に専念してもらう計画ですが、直美が自宅では美佳とはして欲しくないので、私の性欲がなくなってからと言ってます。それにはまだまだ先ですね~~

直美は美佳の仕事を辞めさせて自分の秘書としても使いたいようで、長女の管理しているマンションの1室を与えていく考えのようです。そのことで直美と話し合ってみたところ、美佳の性格と自分に似た考え方の感性が合って良いらしく、自分の子供には無いものを持っていると言ってます。

それでも美佳からは「本当はね、もし子供が出来るのなら明さんの子供が欲しい、でもね私できないから仕方ないの、これからも出来ることがないから少し寂しいけど、少しでも長く明さんに愛してもらえるようにするから明さんも頑張ってねー」と言ってます。
彼女の人生の中心に私が存在している事は嬉しい限りですが、私も子供を作れない体である事を美佳も分かっているのに~~

いつまで私はSEXが可能なのか最近良く考えますが、いける所までいくつもりです。

~終わり~

コメントを残す