エッチ体験談が12,000話を突破しました。

高卒で兄嫁になった幼妻がお風呂で、

PR

良い匂いさんから投稿頂いた「高卒で兄嫁になった幼妻がお風呂で、」。

その頃の私の実家はお風呂が別棟にありました。18才高卒で私の兄嫁になった可愛い由美子姉さん
私の三つ上、兄はお見合い結婚でした。婚前デートにはなぜか私も三度一緒しました。それっておかしいですよね~さておいて私もS五からオナニーを知りその頃はほぼ毎日の日課でしたね。

そこに若い可愛いピチピチのたぶん処女?だったお姉さんの出現は願ってもないオナネタでした。
兄の部屋は私の部屋と壁一枚、
毎晩姐さんの嫌らしいうめき声で私はチンチンを手でしごきながら壁に耳をつけ妄想しながら最後は由美子お姉さんと一緒に射精してお姉さんのオマンコに入れていった想像にしたっていました。
外風呂のお姉さんはお風呂はだいたい最後なんです。覗きたいなぁ~って、そしてお風呂のとなりのベニヤ板一枚に前もって覗き穴を開けついに決行しました。

が、やはり穴からでは湯気で良くは見えません。でもタイミング良い時はまだピンク色の乳首やオマンコを広げて手であそこを撫で撫でしながら洗う姿も。
それと私が最後風呂にわざと入るようにしてまだあったかいブラジャーを自分で身につけてみたりおりものや万筋のついた、たまにマン毛も有りなんとも言えない甘酸っぱい匂いを堪能してました!
何とか由美子お姉さんとエッチしたい欲望がたまります!

父母や兄は朝方仕事に出てしまいます。高1の春先に朝方私は具合が悪いから今日は学校休むからと由美子お姉さんに電話して貰った。
実際嘘ではなく熱は少し高かったと思う、由美子お姉さんは薬と水枕を持ってきてくれ「布団しっかりかけて汗かかないとダメよ!」。と、私、寝られるわけありません。どうすればお姉さんと出来るかと。不思議で汗もかいてきました!
お昼前にお姉さんが部屋に「汗かいたでしょう、体拭いてあげるから下着も替えなさい、」と
もう後は天に任せようと、お姉さんは上を手伝ってくれ背中や前も拭いてくれ「パンツも替えよう。脱いで」って。私のおちんちんはすっかり立派にガマン汁も先っちょから垂らしながら状態。

言われるまま下ろそうとすると由美子お姉さんは分かったみたいで
一瞬目線をそらしましたが私はパンツも脱いで由美子お姉さんにチンポを見せつけました。
困った顔をしながらも、私に「ちょっと、立って」と内心はもう立っているよと思いつつ、。
冷たいタオルで鬼頭やタマタマまで拭いてくれます!

そしたらいきなり「いつも夜うるさくてごめんなさい」って言う」んです!「分かっているよ」「私の下着でオナニーしているでしょ、」。「パンティやブラジャーに、ザーメン付けたの。いつも知ってたから、今日は貴方より少し先輩のホンモノのオマンコ見せてあげるから」と由美子お姉さんは履いていたピッチピチのジーンズを下ろしいつも私のオナネタしてる花柄のパンティ一枚に、
「いいから触って、」とベッド横に、もう座っただけであのいつもの匂いがします。お姉さんはチンポを優しく触りしごき出します。今度は自分の口に含み動かします。私はガマンしながら今度はお姉さんに「横になって、」と言い左手でパンティの上から膨らみのあるオマンコを触りながら右手でFカップちかいおっぱいにむしゃぶりついていました。

由美子お姉さんのあの毎晩聞く嫌らしいうめき声が、もうガマン出来ずパンティを下ろし初めての生オマンコに、唇を舌先で広げ愛液をいっぱい吸って上げました。

お姉さんは「今日は一度だけだったら、中に入れて」っと言いながら「早く〇〇ちゃん、おおっきいチンポ、チンポ入れて下さい!」とたっぷりねっとり濡れ濡れオマンコに私のチンポは吸い込まれました!
きっと処女だと思っていたに?わかりませんが
其れからは卒業して実家を離れるまで由美子お姉さんの下着はオナネタ使い放題。
白い液はしっかり付けておき頭の中での妄想セックス。
安全日には、由美子お姉さんから合図私の部屋の机の上のノートに「大丈夫だよーん」と走り書き~
月に3回位早退して待ちわびている由美子お姉さんとのセックスを楽しみました!

お姉さんが妊娠した時にもセックスさせて貰い勿論おっぱいが出るようになったあともです。

ただし甥っ子姪っ子は私の子ではないと信じてはいますが?兄弟だから似ていても大丈夫だよーん!

由美子お姉さんは今は五十路近くなりますが私が嫁さんと帰省するのを楽しみにしています。
追伸
由美子お姉さんのあの時のオナネタのパンティは一枚だけ今でも大切において、たまに嗅ぎながらオナネタに使用してます~。

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR